【五稜郭ステークス2019予想】+豊明ステークス、阿武隈ステークスなど

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の函館メイン、五稜郭ステークスの予想を。マイハートビート、サトノガーネット、ドゥーカ、ハナズレジェンド、フィニフティ、ロライマ、ヘリファルテなどが出走する芝2000m3勝クラスのレース。

去年の今頃は何を買ってもばこばこ当たっていた感じがしますが、今年は梅雨入りが遅れた事でリズムもイマイチ。関係ないだろうと思うかもしれませんが、これかなり重要です。

今年は五稜郭に行きたいなぁと思っていましたが、先日無理をした事もあって体調がまたまたよろしくない感じなので、今の自分には近場の公園がお似合いかもしれません。

なお、今週は体調の関係もあって予想は程々にしておきます。

豊明ステークス

アダムバローズ

阿武隈ステークス

サトノキングタム

土曜は予想の時間が1レースしか取れなかったので、豊明ステークス、阿武隈ステークスの2レースに関しては単勝のみ購入して日曜に備えたいと思いますが、どちらのレースも頭数が頭数なので、オッズ次第では見送ります。

今週末の重賞に関する記事はこちら。

【七夕賞2019】最終追い切り・調教評価

【プロキオンステークス2019】最終追い切り・調教評価

五稜郭ステークス

本命はカリビアンゴールド

今年に入ってからの2戦は馬券に絡む事が出来ていないが、どちらのレースも先行馬には厳しい展開だったのである意味仕方なしとも取れる結果。更にこの馬には1600mという距離は短く感じるので、そもそも適性がないレースでの着順と言える。

これまで1800m以上のレースで大崩したのはオークスと秋華賞のみで、2000mでは重賞の紫苑ステークスでの好走がある馬なのでベストは間違いなく中距離と思っていい。

今回の洋芝への適性も抜群に高く、これまで函館、札幌では(1.2.1.0)とパーフェクトな成績を残す馬で、戦った相手もマイスタイル、レイエンダ、ジェシーとかなり骨っぽいだけに、相当相性が良いコースと言えるだろう。

ここは何が何でもハナというタイプがいないので久々に展開も味方する可能性が高く、想像以上に相手が揃った事で極端に人気になる事も考えられないので、ベタベタであっても素直に本命を打つのが正解とみる。

対抗はマイハートビート

こちらを本命にするか最後の最後まで迷ったが、今回はゲートなどを考慮して対抗までとする。ただ、洋芝への適性の高さ、能力はメンバー中トップクラスの馬で、今年はまともなら重賞にも顔を出してくる可能性はそれなりに高そう。鞍上は終わってるが、それでも恥ずかしい競馬にはならないとみる。

ロライマ

長く勝ち切れない競馬が続いているが、常にラストは見せ場をつくってくる馬なので、ここも展開がどうであれ確実にある程度の着順は拾ってくるか。おそらく取りこぼす確率は高いと思うが、複勝圏内へ突っ込んでくる確率もそれなりに高そうなので、安定感を評価しての3番手とする。

フィニフティ

クイーンカップが相当強かったのでその後は期待通りの結果を出す事が出来ていないのが現状ではあるが、距離延長、コース替わりが良い刺激になれば新しい一面が引き出される可能性も。

◎カリビアンゴールド
〇マイハートビート
▲ロライマ
☆フィニフティ
△ウインイクシード
△サトノガーネット

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第55回 七夕賞(G3)>

荒れるハンデ重賞!
今年も波乱の立役者が

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

夏の福島の名物ハンデ重賞である七夕賞。ローカル開催場のハンデ戦で「荒れる重賞」と言われている。昨年は11人気メドウラーク(1着)・マイネルサージュ(4人気・2着)・12人気パワーポケット(3着)の決着で3連単258万馬券の大波乱。過去10年の平均配当でも、馬連8170円、3連複8万16870円、3連単50万3740円。3連単では100万馬券を超える超特大馬券が2度、10万馬券以上も4度出ているように大波乱が多いハンデ重賞だ。

しかし、『荒れるハンデ重賞』だが、意外と軽ハンデ馬が穴を開けるケースは少ない。過去10年で5勝を挙げているのは57キロ。48~51キロの軽ハンデ馬には馬券圏の好走もない。軽バンデ馬では52キロが2勝しているが、直近7年での連対馬の斤量は54~58キロとなっており軽ハンデ馬は苦戦している。

過去10年の人気別の成績では、1人気[3.1.2.4]、2人気[1.1.1.7]、3人気[1.0.0.9]。1人気馬は3勝しているが、信頼度は高くない。また、二桁人気の伏兵馬が好走したのは、18年メドウラーク(11人気1着)・パワーポケット(12人気3着)、16年オリオンザジャパン(11人気3着)、15年マデイラ(16人気3着)、14年ニューダイナスティ(10人気2着)、13年タガノエルシコ(14人気3着)、12年アスカクリチャン(14人気1着)、10年ドモナラズ(11人気1着)と過去10年で8頭の二桁人気馬が馬券圏に好走。信頼度の低い人気馬よりも狙いは人気薄の伏兵馬か。

今年も波乱の立役者と成り得る激走穴馬の大駆け情報を極秘入手!この激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし!週末情報は必ずご確認ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『七夕賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク