【阪急杯2019予想】本命コウエイタケル

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜は重賞もなかったので軽くメインを購入した程度でしたが、買い方を含めて噛み合わずの結果に。日曜の重賞はどちらも高配当狙いの予定ですので、当たれば間違いなく満塁ホームランでしょう。

では本日は日曜の阪神メイン、阪急杯の予想を。レッツゴードンキ、ダイアナヘイロー、ロジクライ、ミスターメロディ、タイムトリップなどが出走する芝1400mのG3レース。

その他週末の重賞に関する記事はこちらから。

【阪急杯2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

【中山記念2019予想考察】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

阪急杯

本命はコウエイタケル

セントウルステークス、京阪杯で本命を打って以来の久々の本命となるが、やっと買いたくなる条件を使ってきた。ここ4走はオープンで結果を出せていないが、5走前の京阪杯では直線で見せ場たっぷりの競馬をして後にシルクロードステークスも勝利するダノンスマッシュから0.4秒差の5着と健闘。

更にこの時に上位に掲示板にのったナインテイルズ(淀短距離ステークス勝ち)、ダイアナヘイロー(阪神カップ勝ち)、アンヴァル(淀短距離ステークス2着差、シルクロードステークス4着)、エスティタート(シルクロードステークス2着)と全ての馬が次のレースでも結果を残しており、このレースで見せ場をつくった本馬にも当然期待が持てるだろう。

去年はこのレースだけではなく、スワンステークスは先行馬には厳しい馬場の中で5着、セントウルステークスでは馬場、枠、騎手、そしてコースと激走する条件が全て揃っていたとはいえ、最後は直線で内からスルスルと抜け出してあわやの4着。逆に相手にとっては厳しい条件が揃っていたが、高松宮記念、スプリンターズステークスの勝ち馬ファインニードルとは僅か0.4秒差の競馬と何度も言うように条件がある程度揃えば重賞でもやれる能力はある馬なのは間違いない。

今回もコース、枠順、騎手と最低限買える材料は揃っているので、この人気なら大外れ覚悟で狙ってみたい。

先週のダイヤモンドステークスの☆穴サンデームーティエ、小倉大賞典の△大穴サイモンラムセスでは狙い目とわかっていながらも本命まで印をつける事が出来なかったので、今週からはもう当てに行くような事はしない。

対抗はロードクエスト

枠は少し中途半端となってしまったが、前走の東京新聞杯も直線大外、厳しい位置取りから僅差の4着まで追い上げており、距離短縮となる今回は更なる前進に期待が持てそう。本番よりも前哨戦向きのタイプなので、狙うなら今回だろう。

▲にスターオブペルシャ

今回の相手であれば能力上位、更に枠もかなりいいところを引けたので、後は鞍上がしっかりとレースでこの馬の良さを引き出す事が出来るかどうか。ただ、想像以上に人気になっていない点は馬券的には明らかに美味しいと言えるので、ここは鞍上度外視で狙っていきたい。

☆にレッツゴードンキ

去年の高松宮記念以降は馬券に絡む事が出来ていないが、前走はダート、2走前はG1で厳しい位置取りから追い上げて勝ち馬から0.3秒差の競馬とまだ衰えたという訳ではなさそう。追い切りでもしっかりと動けており、脚捌きの軽さからすると今は芝の方が合っている印象を受けるので、ダートを見送ってここを使ってきた事は正解と言えるのでは。

◎コウエイタケル
○ロードクエスト
人気ブログランキングへ
☆レッツゴードンキ
△ミスターメロディ
△ダイアナヘイロー
△ダイメイフジ
△ロジクライ
△エントシャイデン
△タイムトリップ
△ラインスピリット

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

本命が人気薄なので相手は絞らない。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第93回 中山記念(G2)

スワーヴリチャードの
首を狙う激走穴馬が!?

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年はドバイ遠征の前哨戦として一線級の参戦が増えていたが、一昨年に大阪杯がGIに昇格したことにより、大阪杯の前哨戦という位置づけも加わったことで、更に好メンバーが揃いやすい条件となった。しかも、1800mという施行距離からマイル路線の有力馬たちも参戦することになり、今後を占う上でも非常に注目度の高いレースとなっている。

今年の参戦予定馬にはスワーヴリチャード、ディアドラ、ステルヴィオ、エポカドーロ、ラッキーライラックなどGI馬の名前がズラリ。春競馬を占う一線級のメンバーが揃うことになった。

ただ、留意しておかねばならないのは、多くの陣営にとって、ココはあくまでも“前哨戦”であるということ。実は、過去10年で1番人気は3頭しか馬券に絡んでおらず、これは実績馬が活躍できていないことを如実に表している。GI馬を始め、既に賞金を持っている実績馬にとって、あくまでも目標はこの先で、前哨戦の結果に拘る必要はないのだ。

しかし、公正競馬を謳う以上、レースに出走するからには「ココは叩き台で次が勝負」「結果には拘っていない」というホンネを、公に伝えるわけにはいかない。だから、世間一般に出回る話は当たり障りのないものが大半となり、一般ファンは”一銭もイラナイ”ような人気馬を買ってしまう羽目になるのだ。

無論、元騎手・元調教師を始めとした競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍しているシンクタンクにとって話は別。騎手、厩舎はもちろんのこと、一般ファンでは関わることが難しい馬主、近年重要視されている外厩などにもパイプを持ち“本当の関係者情報”を入手している。

今週の中山記念でも、虎視眈々と一発を狙っている『激走穴馬』の情報を既にマーク済み。大物競馬関係者が『鉄板級』と評価する本命馬との1点で決まれば、高配当決着になる可能性も十分だ。そこで、今週は【中山記念・◎-穴1点馬券】を特別無料公開させて頂く。このチャンスに、是非シンクタンクの情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第93回 中山記念(G2)

スワーヴリチャードの
首を狙う激走穴馬が!?

ココをクリック!

 

スポンサーリンク