【ジャパンカップ2019予想】+京阪杯

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、ジャパンカップの予想を。ワグネリアン、ユーキャンスマイル、マカヒキ、エタリオウ、カレンブーケドール、シュヴァルグラン、レイデオロなどが出走する芝2400mのG1レース。

今年は海外馬が不在となった名ばかりのジャパンカップ。自分が競馬をするようになってここまで酷いメンバーになったジャパンカップは初めてです。

モンジューが来た年やジャンポケがオペラオーを撃破した年のような2週間前からワクワク感が止まらないジャパンカップはもう来ることはないのでしょうか。

個人的には初めて遠征して現地で観戦した◎サラファン〇ファルブラヴでド本線的中させた年が強く印象に残ってますが、この年は東京ではなく中山開催となった年。土曜にジャパンカップダートが行われていた年で、他には1日にジャパンカップ、ジャパンカップダートを行った夢のような年もありましたね…。

なけなしの金をかき集めて◎オーケンブルースリの単勝1点に10万大勝負した悪夢の年もありますが、あのク〇地〇馬がコーナーで接触していなければ当たっていたと未だに思っております。

なお、土曜の競馬はキャピタルステークスが◎レッドヴェイロン☆穴サトノフェイバーで的中。ですが、もっともっと勝てたレースだったので、ちょっと印の付け方や買い方をミスってしまい後悔するハメに…。まぁ勝てただけよしとしましょう。

まずはジャパンカップの予想の前に京都最終レース、京阪杯の予想を軽く。去年は◎コウエイタケルで悶絶したレース。何の恥じらいもなく大振り出来るある意味面白いレースなので別記事で更新したかったですが、今年は時間の関係もあって見送ります。

京阪杯

◎アイラブテーラー
〇エイシンデネブ

展開向けば一気の頂点までありそうなこの馬が人気的にも絶好の狙い目とみる。馬連、ワイドを本線に3連系は◎~〇~人気馬という感じで点数を絞って中穴~穴を狙ってみたいレース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第39回 ジャパンカップ(G1)>

昨年も秋の古馬王道GI3戦、天皇賞秋→ジャパンC→有馬記念をパーフェクト的中。今年も天皇賞秋を的中させておりジャパンC・有馬記念も的中予告!アーモンドアイ回避で大混戦模様となった今年のジャパンCだが、実はとある陣営の勝負情報を緊急入手!厩舎サイド・馬主・騎手が揃って「勝てるデキ!」と豪語する勝負馬とは!?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

ジャパンカップ

本命はムイトオブリガード

2択で迷いに迷ったが、追い切りの動きと好枠を引き当てた事に加え、想像以上に人気がない点を考慮してこちらを本命に(先週はマイスタイルとペルシアンナイトの2択で失敗しましたが…)。

前走のアルゼンチン共和国杯は鞍上の好騎乗あっての結果ではあるが、差し馬が台頭する流れを先行して内と外からの追撃を楽々凌ぎ、最後は相手との着差を広げて押し切り勝ちと、見た目通りの強い競馬。

これまでの実績を見るとG1ではでは少し足りない印象を受けるが、今年の大阪杯では直線でロスの多い競馬になりながらも直線では35.1秒の脚を使って猛追しており、展開やコースなどを含めて考えるとそれなりに価値のある着順と言えるので、得意の東京での競馬となる今回はG1馬が相手であっても付け入る隙は十分にある馬だろう。

最終追い切りの内容を見ても次は考えずにここ一本に絞ったつくりとなっているので、厚い印を打つなら人気も地味な今回とみた。

対抗はワグネリアン

前走は展開とコース取り、2走前はちぐはくな競馬と近走は言い訳の出来る敗戦が続いているので、好枠を引き当てた今回はそろそろこの馬の出番があっても。成長力には疑問は残るが、それでも大崩する事なくそれなりの着順は拾えているので、ジャパンカップとは思えない程低レベルなレースとなったここならある程度評価するのが普通の答えだろう。

▲にスワーヴリチャード

それなりに期待した前走の天皇賞秋は案外な結果に終わったが、距離延長に加えて叩き2走目の上積みに期待が持てる今回はさすがに前走のような事にはならないのでは。宝塚記念やドバイシーマクラシックの内容を見てもまだ終わった馬だとは思わないので、得意の持続力勝負に持ち込む事が出来れば馬券圏内を確保してくるとみた。

☆にカレンブーケドール

ジャパンカップと同じコースで行われたオークスの時計が非常に優秀だったので、相手とのハンデ差が4キロもある今回は、あの時ぐらい走る事が出来れば牡馬が相手でも十分好勝負に持ち込む事が出来る存在と言えるのでは。ただ、想像以上に人気になっている点は非常に気になるので、これは何となく罠っぽい感じもするが果たして…。

◎ムイトオブリガード
〇ワグネリアン
▲スワーヴリチャード
☆カレンブーケドール
△ユーキャンスマイル
△エタリオウ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は有力な外国馬の参戦が見られなくなっていたが、とうとう今年は外国馬の参戦がゼロという状況に。日本馬のレベルが上がったということもあるが、日本競馬がガラパゴス化しているという指摘もあるように、“馬場の高速化”が影響していることは否めない。

また、ノーザンファームを筆頭に大手牧場によるレースの“使い分け”が当たり前となったことで、去年の勝ち馬で天皇賞を制したアーモンドアイは、我々が事前に掴んでいた話通りに香港に行くことが決まり、今年の宝塚記念を制し、秋はオーストラリアのコックスプレートを制したリスグラシューや、皐月賞馬サートゥルナーリアは有馬記念に向かうことになった。他にも凱旋門賞に参戦していたキセキ、フィエールマン、ブラストワンピースらの名もなく、GⅠ馬が6頭登録しているものの、一般的な見方からすれば確固たる中心不在と言えよう。

外国馬の参戦がゼロでありながら、短期免許を取得した外国人騎手が多数来日しており、有力馬の騎手欄の多くがカタカナ表記。かつて、『迷ったら外国人騎手を買え』という格言めいたものはあったが、もうそんな単純な手法は通用しない状況だ。

今年の例をとってみても、レイデオロは主戦だったルメールからビュイックに乗替り、ルメールはムイトオブリガードへ、そのムイトオブリガードに乗っていた横山典騎手はエタリオウに乗るなど、目まぐるしい乗替り起こっている。しかも、ワグネリアンに乗る福永が騎乗停止となったことで、ノーザンファームサイドがどういった決断を下すのか。乗替りひとつを取ってしても陣営の思惑は複雑なのだ。

さらに、友道厩舎は5頭出し、金子真人オーナーが4頭出しなど、多頭数出しとなることは見逃せない。多頭出しとなる陣営は、「AはダメでBがイイ」などという本音をマスコミに公表することなどホボあり得ない。誰もが見ることができる記事にそんなコメントが載ってしまえば、馬主が気分を害することになり、なんのメリットもないからだ。まして、ジャパンカップは国内における1着賞金最高額のレース、当たり障りないコメントでマスコミを煙に巻くのは当然の行動だ。

無論、表には明かさぬが、本音では「どちらが上」とのジャッジは下している。そうした表に出ない情報も、競馬界の大物OBなどが情報ルートとして在籍し、現役関係者達とも密な関係を築き、業界最高峰の情報網を持つシンクタンクなら入手することができる。特に、ジャパンカップは特別チーム結成年の2005年以降、14戦11勝のドル箱GⅠ。古くからの会員様には「ジャパンカップと言えばシンクタンク」と仰る方もいるほどだ。

そこで、今週は本当に特別も特別、ジャパンカップで当社が独占的に掴んでいる【関係者情報】と【情報注目馬5選】を無料公開する。ぜひともこの機会に本物の情報を体感していただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第39回 ジャパンカップ(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク