【小倉記念2020予想】本命ノーブルマーズ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の小倉メイン、小倉記念の予想を。タニノフランケル、サトノルークス、サトノガーネット、サマーセント、ランブリングアレー、ロードクエストなどが出走する芝2000mのG3レース、ハンデ戦。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

去年は◎ノーブルマーズから〇メールドグラース、△カデナでドカンと一撃を出したレース。重賞で無双しまくっていた去年の夏ほどではないかもしれませんが、気が付けば今年も数週間プラス収支が続いていますので、そろそろ10万馬券が炸裂しそうな気もします。

関屋記念

◎穴トロワゼトワル

少し本命を迷ったが、待望の左回りでの競馬、そして今の新潟の馬場はこの馬に合うと思うので、この人気なら軸で狙ってナンボだろう。

因みに土曜の回収はほぼ小倉メインの一本。結果回収率120%程度でしたが、今週はマイナススタートを覚悟していたので、少しでもプラスでスタート出来た事は素直に良かったと思っておきます。

小倉記念

本命はノーブルマーズ

去年の小倉記念に続いて2年連続の本命。その去年は宝塚記念で先行馬が上位を独占する中でただ1頭大外から追い込み5着のレイデオロとは0.3秒差の6着に持ち込む強い競馬をして小倉記念に駒を進めてきたが、今年は前走の七夕賞で見せ場なく大敗と正直去年のような勢いは感じられないというのが正直な答えとなる。

ただ、結果論にはなってしまうが、終わってみれば福島コースと展開が向かずの結果なので、少なくとも力を出し切っての着順ではないだろう。

もう1年も馬券に絡む事が出来ていない点は気になるが、それでも今年に入ってからは重賞で3度も4着を拾っており、何より3走前の京都記念でクロノジェネシス、カレンブーケドールを相手に見せ場たっぷりの競馬をした馬がとても衰えたとは思えないので、勢いは去年程ではないにしろ、まだまだ重賞で勝ち負け出来るだけの力は十分残っている馬と言えるのでは。

今年の予想でこの馬に印を打った時に軽く触れたが、小倉はこれまで3戦して1.0.2.0とパーフェクトな成績を残しており、特に今回の小倉2000mという舞台設定はまずツボの馬。これまでの過程や追い切りの内容からしても早い段階からここを目標に馬をつくってきたのは間違いないと思うので、今の出来、そして今回の相手関係からすると好走する最低限の条件は揃ったと思っていいだろう。

前走の着順が嫌われてか、こちらが想像した以上に人気が地味な点にも好感が持てるので、この人気であれば黙って買いがセオリーと言える。

対抗はサトノルークス

8着に敗れた前走の鳴尾記念は道中の手応えや勝負所の反応からすると久々の影響が大きかったと思うので、ひと叩きされた今回はさすがに変わってくるのでは。

もともと菊花賞でも評価したように、能力はG1でも十分通用する馬なので、ローカルのG3なら負けられないぐらいの存在と言える。

ランブリングアレー

まだ3勝クラスを勝ち上がったばかりの馬だが、前走の垂水ステークスの勝ち時計からすると既に能力は重賞でも足りる馬だと思うので、混合戦でもいきなりから警戒が必要な馬と言えるか。

一見不利とも思える大外枠も気性面を考えるとプラスに転ぶ可能性が高いので、ハンデ53キロなら人気でもこれ以上印を落とす事は出来ない。

穴に人気ブログランキングへ

前走は馬場と展開が影響しての結果なので参考外と言えるレースで、2走前の内容からすると今回は人気以上に怖さがある一頭。おそらく今回は展開面もこの馬に味方すると思うので、全てが噛み合えば頭まであっても驚けない。

◎ノーブルマーズ
〇サトノルークス
▲ランブリングアレー
☆穴人気ブログランキングへ
△サトノガーネット
△サマーセント
△レイホーロマンス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年まで、サマーマイルシリーズは第1戦が中京記念、第2戦が関屋記念と、左回りのマイル戦が続いていた。

しかし、過去10年で中京記念で1~3着だった馬が、関屋記念で馬券になったのは2017年のウインガニオン(1着→2着)しかおらず、ほぼ直結していない。

ハンデ戦から別定戦になることで、中京記念で賞金加算した馬は前走よりも重い斤量を背負おうことになるし、中2週とローテーションも楽ではない。

何より、同じ左回りでも直線に坂のある中京と平坦の新潟ではコース形態が違うから、求められる適性が違うのだ。

ただし、今年は去年までと状況が違う。まず、今年の中京記念は、右回りの阪神で行われたという点だ。阪神も直線に坂があるとは言え、「左回りではないから」と避ける陣営が出てくるのは当然だろう。

そして、今年からサマーマイルシリーズが拡充されたこともポイントになる。第1戦に米子Sが追加されたことにより、無理のないローテーションが組めるし、全て参戦することでポイントを稼ぐという考え方もできる。去年よりも陣営も思惑は複雑化している。

いつもと違う状況では、例年までのデータや考え方をしていては、なかなか馬券的中を掴むことは困難。しかも、世の中に出回っている情報の大半は、人員不足のマスコミが何とか入手してきた表向きのコメントなのだから、夏競馬で高配当決着が多発するのは当たり前だ。

夏競馬において、毎年シンクタンクが高配当、万馬券的中を掴み、“馬券天国”として儲けていただいているのは、情報不足の世間を尻目に、本物の関係者情報を不変で入手しているからに他ならない。

本物の関係者情報とは何なのか?まだ体感をされていない方々のために、弊社シンクタンクは情報の無料公開を行っている。今週は特別に関屋記念の情報と、馬券候補となる情報注目馬5選を無料で公開する。この機会に、ぜひとも本物を知っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第55回 関屋記念(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク