【雲取賞2021予想】本命トランセンデンス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は18日の大井メイン、雲取賞の予想を。ランリョウオー、ベニスビーチ、ヒートアップハート、タブラオ、シビックドライヴなどが出走するダート1800mのS3レース。

なお、本日大井で行われる金盃の予想は既に更新済みです。

【金盃2021予想】

2021年地方競馬予想結果

報知オールスターカップ ◎タービランス△マンガン▲サウンドトゥルー
ニューイヤーカップ 〇トランセンデンス◎ジョーロノ▲サヨノグローリー
船橋記念 競争中止
TCK女王盃 ◎マルシュロレーヌ▲レーヌブランシュ☆プリンシアコメータ
川崎記念 ハズレ
シンデレラオープン トリガミ
佐賀記念 ハズレ
報知グランプリカップ ハズレ

去年からずっと好調だった地方の予想がここに来て失速気味なので、今週は立て直す意味も込めて気負わずに予想していきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のフェブラリーステークスは主役不在の大混戦!

毎週のように推奨馬が好走!

とっておきの穴馬を無料で公開します!

【フェブラリーS注目穴馬】

シルクロードS注目馬5選

ライトオンキュー3人気2着
ラヴィングアンサー
リバティハイツ
ラウダシオン2人気3着
シヴァージ4人気1着

東海S注目馬5選

インティ
ダノンスプレンダー
ハヤヤッコ
アナザートゥルース7人気→2着
メモリーコウ12人気→3着

AJCC注目馬5選

サトノフラッグ
ラストドラフト6人気→3着
アリストテレス1人気→1着
ステイフーリッシュ
ウインマリリン

京成杯注目馬5選

タイムトゥヘヴン2人気→2着
タイソウ
グラティアス1人気→1着
ヴァイスメテオール
テンバガー6人気→3着

おすすめの買い方は注目馬5頭の馬連、3連複BOX

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【フェブラリーS注目穴馬】

雲取賞

トランセンデンス

JBC2歳優駿の結果などを見てもわかるように、本質はマイル以上の距離に適性がある馬。よって前走のニューイヤーカップは相手に付けた着差は勿論だが、メンバーのレベルや内容など全て込みで考えると相当強い競馬をしている。

敗れた2前走の全日本2歳優駿でも展開が向かない中で最後はしっかりと見せ場をつくっているので、これまで相手にしてきた馬のレベル、そして待望の距離延長での競馬という事を考えるとそれなりに役者が揃った今回もまず勝ち負け争いに加わってくる一頭と言えるのでは。

他にも気になる馬がいるにはいるが、これまで通りコーナーで早めに捲る競馬に持ち込めば連勝も十分狙えるだろう。

ランリョウオー

本馬もここまでかなりレべルの高いレースを使われおり、更にその中で大崩れする事なく安定した成績を残している馬なので、当然今回の相手なら恥ずかしい競馬にはならない。ただ、どちらかといえばスピードに特化したタイプなので、距離延長に関しては走ってみないと何とも言えないだけに、ここはその分だけ評価を落として印を打ってみた。

シビックドライヴ

それなりに票を集めた前走は上手く流れに乗れずに大敗したが、噛み合えば今回の相手でも好勝負に持ち込めるだけの力はありそう。引いた枠やメンバーを見てもここは外から楽に先手を奪えそうなので、スムーズなら前走のような事にはならないだろう。

ビナジャンボ

これまでの実績からするとここはさすがに敷居が高く感じるが、本馬の立ち回りの上手さが活きるような展開になれば案外大きく垂れる事なく粘ってくるかも。どちらにしても派手に票を集めるような馬ではないと思うので、地味な人気で買えるなら走る方に賭けてもいい。

◎トランセンデンス
〇ランリョウオー
▲シビックドライヴ
☆ビナジャンボ
△ベニスビーチ
△タブラオ
△ヒートアップハート

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第38回 フェブラリーS(GI)>

有力馬を脅かす
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.2.2]、2人気[2.2.1.5]、3人気[1.1.2.6]。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはない。直近7年では1人気が馬券圏を外していない。

平均配当では、馬連1万4780円、3連複2万0340円、3連単17万6510円。
伏兵馬の連対は、20年ケイティブレイブ(16人気2着)、14年コパノリッキー(16人気1着)、13年エスポワール(9人気2着)の3頭。

超人気薄が馬券に絡むことは少ないが、馬連での万券が4回で最高配当は8万4380円、、3連単では10万馬券以上が4回、最高配当は14年94万9120円と大波乱になっている。

また、過去10年でもリピーターの好走が多いのも特徴。ゴールドドリーム(19年2着・18年2着・17年1着)、ノンコノユメ(18年1着・16年2着)、インカンテーション(18年3着・15年2着)、ベストウォーリア(17年2着・15年3着)、コパノリッキー(15年1着・14年1着)、ワンダーアキュート(13年3着・12年3着)、テスタマッタ(12年1着・10年2着)など7頭が馬券圏に好走している。

ステップレースでの成績では根岸S(4勝)・東海S(3勝)、チャンピオンズC・オープンが1勝を挙げている。過去10年、連覇したのはコパノリッキー(14年・15年)ただ1頭となっている。

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことがフェブラリーSを的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。今年も既に「確勝級」の情報を入手済!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フェブラリーS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第38回 フェブラリーS(GI)>

有力馬を脅かす
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

 

スポンサーリンク