【ターコイズステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の中山メイン、ターコイズステークスに出走を予定しているシャインガーネットの一週前追い切りに関する記事を。

こちらのレースの予想や今週の勝負レースはいつものようにnote内で公開しています。

【ターコイズステークス2020予想他】12月19日、20日勝負レース

予定では有馬記念の記事を早めに更新するつもりでしたが、週末の予想に少し時間がかかりそうだったので、今回は断念しました。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今週の大勝負レース朝日杯FS!

今年はレッドベルオーブが絡んでも万馬券!

【朝日杯FS注目穴馬】

阪神JF注目馬5選

ソダシ1人気→1着
サトノレイナス2人気→2着
シゲルピンクルビー
ユーバーレーベン6人気→3着
メイケイエール

カペラステークス注目馬5選

スズカコーズライン
ダンシングプリンス2人気→3着
テーオージーニアス
レッドルゼル1人気→2着
ジャスティン4人気→1着

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

【朝日杯FS注目穴馬】

ターコイズステークス一週前追い切り

シャインガーネット

全体的な時計は目立つ訳ではないが、前半からキビキビとした動きが目に付いており、終始馬なりのまま気分よく走れていた。強く負荷をかけられた調教パートナーを直線に入ったタイミングで並ぶ間もなくあっさりと交わし、その後は十分に手応えを残したまま一人旅と、久々とは思えないほど動きはしっかりとしている印象を受けた。

ただ、間隔があいている割には馬体がかなり寂しく見え、トモやひばらのラインが非常に薄く見えてしまう点は良くも悪くも気になってしまうので、これを仕上げと取るか、馬体をつくれていないと取るかは最終追い切りの動きで判断してみたい。

予想オッズ

1 スマイルカナ 2.2
2 マルターズディオサ 4.4
3 トロワゼトワル 5.9
4 フェアリーポルカ 11.5
5 ドナウデルタ 13.9

最後にターコイズSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

個人的に相性の良いレースが、今年もなかなか面白いメンバーが揃いましたので、ここは一発ドカンと出したい。

こちらのレースの予想や今週の勝負レースはいつものようにnote内で公開しています。

【ターコイズステークス2020予想他】12月19日、20日勝負レース

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第72回 朝日杯FS(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

中山マイルで行われていた頃より、阪神で行われていたラジオNIKKEI杯、後進となるホープフルSとメンバーが分散し、『2歳王者決定戦』が名実ともに伴っていない年があったのは否めず。

ホープフルSが2017年からGIへと格上げされたことでその傾向には拍車がかかり、とうとう去年はホープフルSを制したコントレイルが最優秀2歳牡馬のタイトルを獲得するに至った。

もはや朝日杯FSは『2歳王者決定戦』とは言い難きレースとなったのは事実だ。

だからと言って、GIにふさわしくないレースかと言えば、決してそうではない。去年の勝ち馬サリオスは、コントレイルさえいなければ無敗の2冠馬になっていたかもしれぬ活躍を見せ、アドマイヤマーズはNHKマイルCや香港マイルを制し、ダノンプレミアムもその後重賞を多数勝利するなど活躍を見せている。

マイル志向の強い素質馬が集まり、後々まで活躍が期待できる名マイラーが誕生する可能性を十分に秘めたレースへと変貌している。

今年も好素材がエントリーしているが、やはり一番に注目すべきは出走馬の多数を占めるノーザンFの存在だ。

ホープフルSはもちろん、一昨年には牝馬のグランアレグリアをこのレースに出走させる“ウルトラC”を発動させるなど、有力馬を“使い分け”て総獲りを狙いに来ている。

当然、各馬には序列が存在し、どの馬が『評価No.1』なのかを把握することが馬券を考える上でもポイントになる。

近年は2歳重賞が増え、キャリア1戦での参戦も珍しくないことから、ココが初顔合わせというケースは多くなった。額面の成績や数字だけではわからない部分、表に出ない関係者の本音がジャッジする上で必要となるのだ。

もちろん、去年のホープフルSを制したコントレイルのように、ノーザンFの思惑を打破する存在がいる可能性も忘れてはならない。

こうした生産界、馬主などが絡む思惑は、トレセンのみの取材では限界があり、すなわち世間一般に流れる大半の情報から掴むことはほぼ不可能。

弊社シンクタンクは早くから馬主や外厩の存在にも着目し、あらゆる関係者から情報を入手できる態勢を整えているから、世間の目には届かない思惑を網羅している。

関係者の間で『情報が命』と言われる2歳戦、朝日杯FSも過去10年で7勝と得意とするGIの1つ。この情報力を体感していただくため、今週は特別に朝日杯FSの馬券候補が簡単に絞れる『情報注目馬5選』を無料公開する。ぜひお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第72回 朝日杯FS(GI)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク


2 件のコメント

  • 何時も楽しく拝見させて頂いております。
    大変厚かましいお願いですが、ノート予想だけでも構いませんので
    金額指定や、自信度等、付けて貰えませんか?ご検討下さい。

    • オクノナオさんいつもありがとうございます。

      金額に関してですが、これは毎レース(勝負度が極端に低いレースや極端に点数を絞っているレース以外は)ほぼ同じですので、後は余った資金を本線に強く重ねるか、それとも事故狙いで手広く点数を広げるかの2択になります。

      例外をあげるなら宝塚記念、日本ダービー、有馬記念はいつも以上に資金を増やして購入しますが、その他のレースではよっぽどの事がない限り資金を増やす事はありません。

      次に自信度になりますが、こちらも勝負度をつけてしまうと資金のバラつきが出てしまう事もあってあえてつけていないというスタイルを取っています。

      自信度をつけてしまうと自信度の低いレースで大きな配当を当てた時に払い戻し金がその分少なくなってしまう可能性があるので、ここは数年前からこのスタイルを崩さず購入しています。

      当然先週の中日新聞杯、阪神ジュベナイルフィリーズの◎ボッケリーニ、◎サトノレイナスなどどう考えても来るだろうと思う馬はいるにはいますが、自信度=勝負度という訳ではありませんので、基本的にはnote内で公開しているレースは事故狙い込みで全て勝負レースと思って下さい。

      よっぽど自信があるレース、勝負したいレースに関しては先週の阪神ジュベナイルフィリーズのようにnote内などで勝負レースと告知する事もあるかと思いますので、ここは文章などで読み取ってもらえたらと思います。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です