【タンザナイトステークス2018予想】本命ベルーガ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、タンザナイトステークスの予想を。アイライン、アクティブミノル、アドマイヤゴッド、コウエイタケル、ライトフェアリーなどが出走する芝1200mのオープンクラスのハンデ戦。

まずはタンザナイトステークスの予想の前に舞浜特別の予想を軽く。何となくレース名から毎年欠かさずに購入しているレース。今年はそれなりに狙ってみたい馬がいるので、シンプルな馬券ではありますが、本命馬の単複で勝負したいと思います。

舞浜特別

人気ブログランキングへ

前走直線では抜群の手応えで伸びてきたが、ラストは手応え程伸びきれなかった点を考えると少し距離が響いたようにも思える。これまでの実績を考えると1000万クラスでは能力上位と言える存在で、距離短縮で臨む今回は無様な競馬にはならないだろう。相手にもかなり恵まれた印象なので、さすがにここは決めてもらいたい。

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想オッズ】出走馬の追い切り・レース展望

【朝日杯フューチュリティステークス2018予想考察】最終追い切り・調教評価

【ターコイズステークス2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

タンザナイトステークス

本命はベルーガ

ファンタジーステークス、そして初戦の内容から短いところでそれなりに期待していた馬で、怪我さえなければ重賞のタイトルが増えていた可能性も十分考えられるだけの存在。約1年ぶりの競馬となった前走の信越ステークスではある程度大敗する事も覚悟していたが、決して上手く乗られたとは言えない中でもしっかりと3着まで追い上げており、やはり秘める能力の高さは疑いようがない。

実際にアマルフィコーストやモズスーパーフレアといった馬を中心に、ファンタジーステークスで下した馬が古馬相手のレースでそれなりに頑張っており、これらの馬の能力を物差しにすると今回の相手なら十分好勝負に持ち込めるだろう。

初戦がコースを考えるとかなり鮮やかな勝利だったので、おそらく本質はスプリンター。1400mがツボのスターオブペルシャを相手に0.2秒差の競馬が出来るなら距離短縮のここなら突き抜けるとみた。後は2走目のポカがなければ。

対抗は人気ブログランキングへ

間違いなく買いどころは前走だったが、ここ3走と比較して相手関係が一気に楽になる今回も展開ひとつで出番があってもよさそう。前走も一瞬馬券になるかと思う程の競馬をしており、2走前も先行馬には厳しい馬場でそれなりの着順を拾った。人気的にこのタイミングで馬券に絡まれるのはキツイが、かと言ってこれ以上評価を落とす必要もない存在。ここは素直に評価する。

▲にアクティブミノル

近走は全く見せ場をつくる事が出来ていないが、ダートや重賞での敗戦なのであまり気にする必要はないのでは。阪神1200mは相性が良く、去年のタンザナイトステークスでも3着に入った実績もある。更に今年は去年よりもハンデが軽くなり、この馬には絶好とも言える内枠を引き立てたので、大きな変り身があるとすれば今回では。

☆穴にライトフェアリー

これまでの競馬をみていると一見マイナスとも思える今回の枠は案外プラスになりそうで、揉まれずスムーズにレース運びが出来れば上位争いに加われるだけの能力はある。ここはジョッキー込みで期待したい。

◎ベルーガ
人気ブログランキングへ
▲アクティブミノル
☆穴ライトフェアリー

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第70回 朝日杯FS>

牝馬グランアレグリアは
買える?買えない?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬にはアグネスフウジン、ミホノブルボン、ナリタブライアン、フジキセキ、バブルガムフェロー、グラスワンダー、エイシンプレストン、アドマイヤドン、ドリ-ムジャーニー、ローズキングダム、ロゴタイプ、など、ダービー馬や海外GⅠを制した馬など古馬でも活躍した名馬が名を連ねる。

今年は無傷の3勝馬ファンタジスト、アドマイヤマーズ、2戦2勝のグランアレグリア、ニホンピロヘイソン、1戦1勝タニノミッション他、新潟2歳Sの勝ち馬ケイデンスコール、函館2歳Sの勝ち馬アスターペガサスなどが参戦。昨年は新馬・サウジアラビアRCを2連勝中して出走したダノンプレミアが3馬身半差の圧勝劇。上位人気馬での決着となったが、今年は波乱を演出する激走穴馬の存在が。波乱の立役者となる人気薄激走馬の裏情報を独占入手!週末の情報は見逃せません!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク