【日本ダービー2020予想考察】枠順確定前・穴馬追い切り

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、日本ダービーに出走を予定しているヴァルコス、ヴェルトライゼンデ、コルテジア、ダーリントンホール、マンオブスピリット、ワーケアの一週前追い切りに関する記事を。

なお、本日浦和で行われるさきたま杯の予想や日本ダービーの有力馬の追い切りに関する記事は既に更新済みです。

【さきたま杯2020予想、日本ダービー有力馬追い切り】

当初は枠順確定後に面白そうな穴馬などを公開する予定でしたが、枠順確定前に出していた方が楽しめそうなので、1日早くこちらの記事を出してしまいます。

なお、最終追い切りの記事に関してはいつも通り木曜の更新となりますので、最終的な追い切り注目馬は明日の記事で触れる事になります。

日本ダービーの穴馬3頭

日本ダービー(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

日本ダービー(G1)の予想を無料で見る

東京優駿一週前追い切り

ヴァルコス

調教パートナーが邪魔で馬体はしっかりと確認出来ないが、胸が多少広く感じる。ゆったりとしたフォームで直線に入り、いつでも追い出せる形に持ち込むが、追われてからの反応が鈍く、負荷をかけてもなかなかエンジンがかからなかった点は減点が必要となるか。

その後はジリジリと脚を使い、一応調教パートナー2頭には先着出来たが、相手との手応えの差などを考えるとあまり高い評価は出来ない追い切りと言えるだろう。

ヴェルトライゼンデ

こちらも馬体はしっかりと確認出来ないが、脚捌きは軽く素軽い動きが目に付いている。ただ、やはりというか全体的な走りや身体の使い方を見ると非常に器用な印象を受けるので、今回の中山コースから東京コース替わりというのがどう転ぶか。

追われて案外伸びなかった点や反応の悪さからすると前走からの上積みにもあまり期待は持てそうにないので、どこまで前走の出来に近付けるかもポイントになるのでは。

コルテジア

全体的な走りのリズムは若干崩れて見えるも、馬体に張りがあって毛艶の良さも目立つ一頭。馬なりで加速してそのままの手応えで一気に調教パートナー2頭を突き放し、その後は悠々と一人旅。相手が走らなかった事がこの着差に繋がっているとは思うが、それを差し引いて考えてもまずまず動けていただろう。

ただ、可動域は狭く、身体の使い方も決して上手いとは言えないので、見た目の割には派手さに欠ける動き、追い切りだったと言えるか。

ダーリントンホール

頸の可動域の狭さと頭の高さは気になるが、それ以上に終始舌を出して走っている点は大きく割り引く必要がある。馬体もまだまだ緩さが残っており、その影響もあってスピードには大きく欠けるような走りとなっているので、このひと追いである程度絞れない事には何とも…。

一応馬なりで楽々相手を交わし去った点は評価しておくが、今週は重苦しさの残るダート馬のような動きだったので、このままでは明らかにスピード不足で当日は勝負にならないだろう。よって最終追い切りでどこまで素軽さが出るかがカギとなる。

マンオブスピリット

馬なりでの軽めの調整となっているが、軽い脚捌きと躍動感のある動きはそれなりに目立っており、全体的な走りのバランスやフォームの安定感も◎。馬体は少しギリギリのような感じもするが、さらっと追ってこれだけ動けていればまず態勢は整っていると思うので、最終追い切りで極端に線が細くならない限り力は出し切れる出来での出走になるだろう。動きを見ると案外面白そうな一頭。

ワーケア

前半は少し癖を出すが、追われるとしっかりとフォームを立て直して走れていた。身体全体を使った力強い動きには好感が持てるも、最後は追った割には案外伸びず、結局調教パートナー2頭を交わす事が出来ずに併入止まり。能力と舞台設定を考えると物足りなさが残る追い切りとなった。

最後に日本ダービーの注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

枠次第では本命まで考えてもいいぐらいの馬なので、何としても内枠を引き当てたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第87回 日本ダービー(G1)>

無敗馬コントレイルを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

■基本的には皐月賞組を信頼
過去10年の平均配当では【馬連5100円・3連複1万6350円・3連単35万8640円】。3連系では10万馬券以上が5度、最高配当285万馬券が出ている。過去10年は皐月賞組(8勝)、京都新聞杯組(2勝)と圧倒的に皐月賞組から優勝馬が出ている。連対馬は皐月賞組[8.7.5.65]、京都新聞杯組[2.1.1.20]、青葉賞組[0.2.3.21]、プリンシパルS組[0.0.1.8]。NHKマイルC組は[0.0.0.22]と22頭出走して馬券圏内は1頭もいない。連対馬20頭中15頭が皐月賞組でもあり皐月賞組中心のレースと言える。

15年振りに無敗のダービー馬誕生なるか?
過去10年の皐月賞馬がダービーを勝ったのはドゥラメンテ、オルフェーヴルの2頭のみで、オルフェーヴルは3冠馬に。1980年以降、無敗のダービー制覇はシンボリルドルフ(5戦5勝)、トウカイテイオー(5戦5勝)、ミホノブルボン(5戦5勝)、フサイチコンコルド(2戦2勝)、ディープインパクト(4戦4勝)と5頭のみ。今年の皐月賞優勝馬コントレイルは無敗で2冠達成なるか?コントレイル(4戦4勝)が優勝すればディープインパクト以来15年振りの無敗のダービー馬誕生となる。

今年注目を集めるのが、皐月賞で激戦を演じたコントレイルとサリオスの2頭でしょう。

今回は東京2400mと全く異なる舞台に変わるだけでなく、この2頭は皐月賞前に「距離は2000mまでかも」という話も、オモテに出回っていたように慎重にジャッジすべき有力馬と言えます。

他にも皐月賞をパスしてダービーへ駒を進めたワーケアだけでなく、NHKマイルC組も加わり、皐月賞の着順が変わる可能性も秘めています。

そして、過去34年間で一度も勝ち馬が出ていない、いわばダービーの鬼門とも言われる【乗り替わり組】。今年は皐月賞で人気を集めたサトノフラッグを筆頭に、有力馬の中にも多数いる点にも注目したいところ。

そんな今年の日本ダービーですが、競馬セブンは3歳牡馬路線に関して、2歳GI『朝日杯FS、ホープフルS』を皮切り、3歳牡馬重賞で的中ラッシュをお届け!ダービーを紐解くうえで重要な皐月賞でも[◎▲△2万馬券的中]をお届けし「3歳牡馬路線は完全に読めている」と言える状態。

さらには、社台系出走馬の情報は勿論、出走馬全頭の関係者情報も入手できる情報網があり、入手可能な情報は公にはならない馬券に直結する裏ネタばかり。

今年の日本ダービーもお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『日本ダービ3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク