【UHB杯2019予想】本命ルマーカーブル

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて日曜の函館メイン、UHB杯の予想を。ジェットコルサ、ショウナンタイガ、シンデレラメイク、タイセイソニック、モンファロンなどが出走する芝1200mの2勝クラスハンデ戦。

日曜は土曜に比べると買いたいレースがありますが、買い方に関しては去年同様に絞って攻めていこうと思います。

宝塚記念の予想に関してはいつも通りの時間に更新出来るかと思いますので、少々お待ち下さい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第60回 宝塚記念>

昨年の宝塚記念ではレース史上初の参戦となった海外所属馬ワーザー(10番人気)に自信の◎。馬連だけで92万0000円獲得を達成した。今年も昨年同様に高配当の使者と成り得る激走穴馬の存在が!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

UHB杯

本命はルマーカーブル

先週のHTB賞でも穴として狙った馬ではあるが、ゲートで立ち遅れてしまいまともにレースに参加出来ず。これまでのレースを振り返っても先週と同じようにスタートで行き脚がつかなかったり距離が長かったりと近走の敗戦ははっきりとした理由があるので、ここも自分の競馬にさえ持ち込む事が出来れば巻き返しがあっても驚けないだろう。

初の中央での出走となったクリスマスローズステークスでは5連勝で葵ステークスを勝利したディアンドルから0.3秒差の2着に粘っているので、この馬に関してはとにかくゲートさえ決まれば…という感じでは。出遅れ癖がある馬を本命にするのはタブーではあるが、連闘でここを使ってきた陣営の意欲をもう一度買いたい。

対抗はショウナンタイガ

先週はまさかの取り消しという事で仕切り直しの一戦。出遅れながらも上がり最速の脚を使って勝利した前走の内容がなかなか優秀で、22勝の1200m戦ならクラスが上がっても勝ち負け争いに加われるだけの能力はある。先週の馬場を見る限りだとここは昇級初戦から勝ち負けになりそう。

▲に人気ブログランキングへ

色々な意味で近走の内容は全く参考にならないので、前走の大敗なども全く気にする必要はないだろう。このぐらいの相手であれば洋芝適性の高さとレースセンスの高さで上位に食い込んでくるとみるが、鞍上がそれなりにお荷物なので、ここでダメなら次走乗り替わりで厚い印を打ちたい1頭。

☆にタイセイソニック

前走のような極端な競馬になれば今回も大きくとりこぼしてしまう可能性も考えられるが、一度使われた上積みを考えると道中の位置取りももう少しまともになるだろう。どちらにしても終いの脚は確実なので、後は少しでも流れが向けば。

◎ルマーカーブル
〇ショウナンタイガ
人気ブログランキングへ
☆タイセイソニック

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第60回 宝塚記念(G1)

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

近年は海外という選択肢が増え、ノーザンファームを筆頭に大手生産者グループの使い分けなどの事情により、GIにしてはメンバーが寂しくなるレースもしばしばある。しかし、今年の宝塚記念は、ファン投票1位のアーモンドアイの出走こそないものの、レイデオロ、キセキ、アルアインと言った投票順位上位の馬達も参戦を予定し、メンバーの半数近くがGI馬と中々のメンバーが顔を揃えることになった。その分、馬券的な面白さは増大、ひと筋縄ではいかないレースとなった言えるだろう。

そもそも、近年の宝塚記念は1番人気が4連敗中であり、去年のサトノダイヤモンドは6着、一昨年はキタサンブラックまで9着に敗れており、世間では軽視されがちな“伏兵”の一発がよく見られる。去年は10番人気の本命ワーザーから馬連9200円的中を仕留めているが、勝ったのも7番人気ミッキーロケットと人気薄同士での決着。香港馬の確かな情報は世間一般の人間が入手することはまず不可能であり、シンクタンクの情報力が大きく発揮されたレースと言えよう。

実は、伏兵が台頭し続ける近年でも、勝ち馬を見るとある共通点が浮かび上がる。それは、勝ち馬が全てノーザンファーム生産馬ということ。今年もレイデオロ、アルアインといった有力馬を送り込むだけに、その思惑が重要なポイントの1つとなることは間違いない。

しかし、その思惑を知ることは、トレセン内の取材だけでは困難。リーディングの常連、池江泰寿調教師が今の競馬を「良いセンタリングを上げるのが牧場、シュートを決めるのが厩舎」と例えていたとの話があるが、“外厩仕上げ”が当たり前となっているにも関わらず、外厩は一般マスコミにとって取材外の範囲なのだ。一方、早くから外厩の重要性に注目していたシンクタンクは、外厩情報ルートを強化し続けており、その筋からの情報もしっかりと入ってきている。

無論、競馬は『外厩情報を知っていれば的中する』という短絡的なものではないから、これまで通り騎手、厩舎からもしっかりと話は聞き出し、馬主情報の入手にも余念はない。北海道シリーズが始まり、そちらに人員が割かれて人手不足にあえぐ一般マスコミとの差はますます大きくなっている。だからこそ、去年も馬連9200円の高配当的中をお届けすることができたのだ。

実は、今年も“人気の盲点”となるであろう馬を既にマーク済み。この馬が高配当の肝となることだろう。そこで、今週の宝塚記念では、この馬を含めた【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。その他にも、ホームページ内【GI特集】にて馬券的中に役立つ情報を多数公開する。馬券を買うなら必見の情報ばかり、コレはお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第60回 宝塚記念(G1)

毎回高確率で馬券になる
「宝塚記念はこの5頭!」
元調教師が無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク