【ヴィクトリアマイル2018予想】

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の予想は2戦2勝。京都ハイジャンプ▲アスターサムソン◎ルペールノエル☆テイエムオペラドンで決まりしっかりと3連単を的中。ただ、欲を言えば◎ルペールノエルは3着が良かったですが仕方なし。ここからまた障害レースの連勝を伸ばしていきます。

もう一つ予想した京王杯スプリングカップ◎ムーンクレスト△キャンベルジュニア〇サトノアレスで決まり、馬連、馬単、3連複、3連単の総取り。本命馬に関してはずっと1400m向きの馬と思っていただけにここはある意味勝負レースでもありました。中間の記事でも触れたように個人的に東京1400m戦は十八番のコースなだけに枠と馬場次第ではそれなりに買いたいレースと言ったようにそこそこ色があったレースでもあったので、ここでガッツリと回収出来た事はかなり大きいです。

では本日は東京メイン、G1ヴィクトリアマイルの予想を。アエロリット、アドマイヤリード、カワキタエンカ、ソウルスターリング、ミスパンテール、ラビットラン、リエノテソーロ、リスグラシュー、レッツゴードンキなどが出走予定。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第13回 ヴィクトリアM(G1)■

今年は、昨年の覇者アドマイヤリード、4連勝で重賞3連勝中のミスパンテール、昨年のクラシックでは桜花賞・秋華賞を2着して実績のあるリスグラシュー、昨年のNHKマイルCの覇者アエロリット、15年の桜花賞馬レッツゴードンキなどが出走予定。ここ4年の優勝馬の人気は6人気→7人気→5人気→11人気と波乱。1人気が予想されるミスパンテールは信頼していいのか?連覇を狙うアドマイヤリードの状態は?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

ヴィクトリアマイル

本命はレーヌミノル

桜花賞を勝って以来、1年以上勝ち星から遠ざかっており、着順をみても終わった感がある馬ではあるが、近走のレース内容からするとここらで一発がありそうな雰囲気が漂っている。

まず前走の高松宮記念当日は圧倒的に前と内が有利な馬場だったが、ペースが流れたとはいえ、その中で外から差して勝ち馬から0.3秒差の7着まで追い込んできた内容には見所があり負けて強しの競馬。

2走前のオーシャンステークスでも荒れた内を通りながらも最後まで垂れずに粘っており、この日も6着と着順は微妙ではあるが、勝ち馬からはたった0.1秒差の競馬なら健闘したと言える。

年末の阪神カップこそ着差をつけられ敗れてしまったものの、イスラボニータやサングレーザーなどかなり強力な牡馬が相手だった事を考えるとそれも仕方なしと言え、この日は力負けとはいえ最後はこの馬なりに伸びて最低限の見せ場はつくっている点からすると、牝馬同士であればまだまだやれる馬だろう。

何より去年のマイルチャンピオンシップでは先行馬には厳しい展開の中で、ペルシアンナイト、エアスピネル、サングレーザーに次いでの4着。イスラボニータやレッドファルクスには先着しており、直線で最後までエアスピネルに食らいついたレース内容からすると、ベストはやはりマイルと思っていいのでは。

それを考えるとオークスや秋華賞などは距離が大きく影響しての着順と言えるので全くの参考外。桜花賞以降は適性外のレースを使われたり、牡馬が相手だったりと結果が出ないのもある意味当然と言える。

今回はこれまで大きく崩れた事のない得意のマイル、更にG1とはいえ久々の牝馬限定戦となれば好走する条件は揃った。京王杯、クイーンカップの内容から東京コースも全く問題ないので、ベタではあるがここは難しい事は考えずにこの馬に本命を打つ。

対抗はミスパンテール

もともとチューリップ賞で好走した時から評価していた馬ではあるが、4連勝の内容からして完全に本格化したと思ってよさそうで、マグレではここまでの結果は残せないだけに今の勢いは素直に評価すべきだろう。

疲労だけが不安ではあったが、中間の動きをみると疲れは一切感じられず、むしろ一週前、最終追い切り共に抜群に動いており、出来や状態面に関しては不安は皆無と言える。どこから競馬をするのか読めない点は気になるが、勢いと調教通りならここは勝ち負けになる。

▲はレッツゴードンキ

芝、ダート、マイル、スプリントとあらゆる条件を使われてきた馬ではあるが、全て大崩れなく走れている点には頭が下がる。

前走の高松宮記念も勝ったと思ったところをファインニードルに差されてしまい、勝ちに等しいハナ差の2着。2走前のフェブラリーステークスでも大敗すると思っていたが、流れが向いたとは言え見せ場たっぷりの5着と全く衰えを感じさせない。

去年は凡走してしまったレースではあるが、鞍上にも勢いが感じられる今年であれば恥ずかしい競馬にはならないのでは。今回は枠も良いところを引けた。

☆にリスグラシュー

以前から東京マイルがベストコースと言い続けてきただけにここでそれなりに評価しないと筋が通らない。今改めて過去のレースを振り返ってもアルテミスステークスの内容が一番強いと感じる馬で、東京新聞杯の内容をみても今回のコースが合っているのは間違いないだろう。

G1を勝てるとすればこのレースしか考えられず、逆にここを落としてしまうようなら年齢的にもう勝つチャンスはないのでは。

前走も負けるべくして負けたようなレースで、前哨戦としては上々の滑り出し。叩かれた上積みやコース替わりでの前進を考えると最低でもこのぐらいの評価は必要となる。

ただ、わざわざ人気で飛びつきたくなるようなタイプでもなく、過去にもこの手のタイプが人気で凡走を繰り返してきたレース。位置取り次第ではもう一発がある可能性も十分では。

穴で人気ブログランキングへを上位評価しておきたい。

今回は一気の相手強化などを含めて厳しい条件が揃ってはいるが、ローカルで勝利した時の内容が非常に優秀。その他のレース内容をみても重賞級の能力を持っている事は間違いなさそうなので、この距離での競馬が合っているようなら怖い1頭と言える。

◎レーヌミノル
◯ミスパンテール
▲レッツゴードンキ
☆リスグラシュー
△穴人気ブログランキングへ
△ソウルスターリング
△アエロリット
△ジュールポレール
△レッドアヴァンセ
△デンコウアンジュ
△アドマイヤリード
△クインズミラーグロ

△穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜東京12R BSイレブン賞

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春のGIシリーズ真っ只中、世間一般の注目はGⅠへと集まるだけに、新聞などの自メディアを売りたいマスコミの取材はそちらへと注力することになる。しかし、GIがあるからと言って特別に取材する人間が増えているわけではない。少ない人数でやり繰りしているのだから「平場や特別戦の取材は当然甘くなる」というわけだ。

こんな状況を大歓迎しているのが、トレセンの事情通や凄腕馬券師と呼ばれる関係者達。もちろん、GIで勝負する場合もあるのだが「GIシーズンになると表に出てこないような馬券ネタが増える。だからオイシイ馬券も狙いやすい」とのことだ。そんな現役関係者達を情報ルートとして抱えている弊社シンクタンクも同様だ。

ヴィクトリアマイルが行われる今週末も、凄腕馬券師の1人から「日曜日の東京最終は面白いぞ。いい馬券ネタが入っているんだ」との話が入ってきた。本来であればこの手の話は限定公開することがほとんどだが、今週は特別も特別、ヴィクトリアマイル当日東京12Rの【3連単勝負馬券】の情報を無料公開させて頂く。GI直後の最終レースに眠る大きな金脈を掴むこのチャンスに、是非とも当社の情報を活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

日曜東京12R BSイレブン賞

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク