【安田記念2018出走馬】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は安田記念に出走を予定している有力馬、穴馬などの最終追い切りに関する記事を。

今回は水曜に追っているアエロリット、サトノアレス、サングレーザー、スワーヴリチャード、ペルシアンナイト、リアススティール、リスグラシュー、レッドファルクスの最終追い切りを。

安田記念を含む週末の予想に関してはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第68回 安田記念(G1)■

昨年は7人気◎サトノアラジンから馬連1万0480円の万馬券をズバリ的中!
今年は、大阪杯の連対馬ペルシアンナイト、スワーヴリチャードが参戦。昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイトは春秋マイル王に輝くことができるのか?スワーヴリチャードは大阪杯に続きG1連勝なるか?強力馬2頭の対決は注目だ。その他ではマイラーズC組みからモズアスコット、サングレーザー、京王杯SC組みからムーンクエイク、キャンベルジュニア、ヴィクトリアM組みからは2着馬リスグラシュー、アエロリットや、レッドファルクスなどG1馬4頭が参戦。昨秋のマイル王はペルシアンナイトに輝いたが、今年の春のマイル王は果たして?

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

安田記念最終追い切り

アエロリット

頭の高さが安定せず、上下だけでなく左右へのブレが目立つ。脚を出すタイミングと頸を使う時のリズムも若干悪く、その影響もあって最後まで綺麗にスピードには乗れず。脚も少し硬い印象で、可動域はそこそこも地面を蹴った時の力強さはあまり感じられなかった。トモの張りもイマイチなので全体の時計は抜きにして動きからは褒めれるようなポイントはあまりない。

サトノアレス

コーナーから豪快に脚を使って動いており、線の細さこそ目につくも身体全体を使って走れている。マイル戦という事もあり頭の高さや我慢が利いていない点は気になってしまうが、直線に入ってから軽く追われただけであっさりとパートナーを捕らえて交わした内容には好感が持てる。

頸の使い方、可動域の広さはイマイチではあるが、脚と頸とのリズムはしっかりと合っているので調教内容としてはこれで十分か。非常にパワフルな動きだった。

サングレーザー

前半は左右にブレてしまい真っすぐ走れていないが、スピードに乗ってからはしっかりと走れていた。手応えは終始楽だったが、前脚で地面をかきこむ時の力強さは相当で、馬体に柔らかみも感じる。リズミカルに走れている点は勿論ではあるが、頸や身体の使い方もかなり上手い。癖がある馬ではある事は確かではあるが、動きとしては合格点。

スワーヴリチャード

少し硬いのかな、と思ったが、ラストはぐっと沈むようなフォームで走れており、この馬のいつもの頭の高さを考えると動きは良かった。下半身の動きは申し分なく、可動域もいつもの広さがみられる。頸の使い方などを考えると身体全体を使った動きとは言えないが、地面を蹴った時の力も強く、スピードも十分すぎる程感じられる動きではあった。

ペルシアンナイト

強く追われてはいないが、身体全体を上手く使った追いきりで十分負荷はかかっている。調教パートナーも置き去りにして最後までしっかりと脚を使って伸びた。四肢の可動域も広く、馬体の割には動きも軽い。フォームも沈んでおり、軸もブレず真っすぐ走れていた。

覇気という点は若干物足りなさを感じるが、余力は十分で強く追えばもっと動く馬だろう。スピード、素軽さからしてゴリゴリのマイラーという動きとは言えないが、走る態勢は整ったと言える。

リアススティール

少しだけ重心のブレがみられるが真っすぐ走れており動きは悪くない。ただ、手応えの割には弾けず、反応は少し鈍くなったように感じる。この辺りはやはり衰えになるか。全体的な動きは悪いように感じないが、以前のような軽快さが感じられず、脚捌きも若干鈍い。

リスグラシュー

前走も余力十分で軽快な動きを披露していたが、今回も間隔が詰まっているが動きは非常に良かった。重心も全くブレず最後までしっかりと脚を使って伸びた。フォームこそ大きく変わらないが脚捌きは今回の方が軽く感じる。その中に力強さもあるので調子はキープ出来ている。

レッドファルクス

一週前に豪快な動きを披露していたが、最終追い切りもなかなか豪快。乗ってからのスピード、追われてからのフォームなどは先週の方が良くみえたが、先週の段階でそれなりに出来ていた事を考えると今週はこれで十分か。距離に関しては去年克服済みではあるが、今回のパワフルさ、力強さを感じる走りの中に素軽さを感じるいかにもスプリンターっぽい動きがどうでるか。

最後に最終追い切りで一番良くみえた馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回は相手はかなり強くなるが、強豪馬と比較しても調教の動きではこの馬が抜群に良くみえた。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年のマイルチャンピオンシップを制したペルシアンナイトが参戦するものの、マイル路線にはモーリスのような確固たる中心馬は不在。その変わりに、中距離路線からスワーヴリチャード、リアルスティールが参戦。スプリント路線からはレッドファルクス、香港からはウエスタンエクスプレスが出走を予定しており、今年の安田記念は例年以上の豪華メンバーが揃った。v

マスコミも当然ながら“混戦ムード”を煽ってるだろうが、混戦と煽えれば煽るほど、我々が狙いをつけている【激走穴馬】の配当妙味が増すことになる。当社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し『本物の関係者情報』を入手することができるから、世間の混戦ムードに惑わされることはない。

一般競馬ファンでは『本物の関係者情報』を自力で入手することは不可能だが、当社シンクタンクは『本物の関係者情報』を一人でも多くの競馬ファンに知っていただくために、今週の【安田記念・◎-穴1点馬券】の情報を先着100名様限定で特別に無料公開することを決定。このチャンスに、是非とも当社の情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第68回 安田記念(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク