【グレイトフルステークス2018予想】本命ルックトゥワイス

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて土曜の中山メイン、グレイトフルステークスの予想を。レジェンドセラー、グランドサッシュ、ケンホファヴァルト、ゴールドフラッグ、エクセレントミスズなどが出走する芝2500mの1600万クラスのハンデ戦。

時間の関係でおそらく日曜は数を打つ事が出来ないので、土曜はいつもよりも多めにいきます。

なお、土曜の重賞は既に更新済みです。

【中山大障害2018予想】

【阪神カップ2018予想】

グレイトフルステークス

本命はルックトゥワイス

格上挑戦となった前走のアルゼンチン共和国杯では極端なペースに泣かされて本来の力を発揮する事が出来なかったが、それでも勝ち馬から0.5秒差の競馬と着順ほど大きく負けていない。自己条件である準オープンでは5走して全て馬券に絡んでおり、このクラスなら当然能力上位と言える存在ではあるが、とにかくスパっと勝ち切る事が出来ない父ステイゴールドのようなタイプ。

ただ、これまでムイトオブリガード、ポポカテペトル、ウインテンダネスといった力のある馬を相手に差のない競馬をしてきた馬。よって相手が一気に楽になる今回はそろそろ決めてもらいたいところで、初となる中山コース替わりが良い刺激になれば楽勝まであってもいいのでは。過去に勝利に導いた事がある鞍上に手綱が戻るのもプラスだろう。

対抗はゴールドフラッグ

有馬記念で好走を繰り返したゴールドシップを兄に持つ血統なので今回の中山2500m戦は間違いなく合う本馬が逆転候補1番手。前走も着差は僅かではあったが、内容的には完勝と言えるもので、ここも前走のようなロンスパがハマればもう一発があっても。この血統にこの鞍上というのも興味深い。

▲に人気ブログランキングへ

今回の距離延長はやや気になるも、展開が大きく味方しそうな本馬の巻き返しが怖い。ここも勝ち切るイメージは沸いてこないが、差されて2,3着というパターンがかなりしっくりくる馬なので、3連係を買う上では絶対に外す事が出来ない存在と言えるだろう。

最後に叩き2走目の上積みと展開を考慮して☆エクセレントミスズまでを上位評価としておく。

◎ルックトゥワイス
〇ゴールドフラッグ
人気ブログランキングへ
☆エクセレントミスズ
△プライムセラー
△レジェンドセラー
△グランドサッシュ
△マイネルカレッツァ

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度代表馬となることが濃厚な”今年の顔”と言うべき3冠牝馬アーモンドアイこそ参戦しないものの、オールカマー、天皇賞・秋と2連勝を飾り完全復活を印象づけたダービー馬・レイデオロを筆頭に、GI馬7頭(障害GI馬オジュウチョウサンを含めれば8頭)が参戦を予定し、今年もグランプリにふさわしいメンバーが揃ったと言える。

有馬記念と言えば、スポーツ紙は週頭から一面で取り上げ、普段は馬券を買わない層までもが興味を持ち、年末の風物詩となっているのは周知の通り。それだけに新聞社にとっては絶好の書き入れ時で、新聞を売るために、とにかく話題になり興味を引きそうな話をピックアップする。読者にとって、それが馬券の役に立つか立たないかは二の次であり、有名人やタレントの予想を大々的に取り扱い、全く勝負にならないような馬ですら『大穴』として取り上げたりするのだ。

そして今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンの参戦が大きな話題の1つとなる。しかも鞍上は武豊騎手、マスコミにとっては格好のネタになることは明らかで、取材がそこに注力されることは間違いない。また「有馬記念がラストラン」という馬も多くなるが、今年もサトノダイヤモンド、サウンズオブアースがこのレースで引退を予定している。平成最後の有馬記念、オグリキャップの劇的な復活勝利の再現を……と、根拠もなく煽り立てる可能性もあるだろう。

世間一般の競馬ファンは、こうした情報を新聞やネットを通じて目にして馬券を買うのだから「なかなか馬券が当たらない」となるのは、ある意味、必然とも言えるだろう。そもそも、有馬記念の1着賞金はジャパンカップに並ぶ3億円、これだけの賞金がかかるレースを前にして、本気でココを勝ちに行く陣営が、わざわざ自分たちのマークをキツくするような本音を、多くの人の目が触れる新聞やネットといった媒体に語ることはないのだ。

弊社には、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役競馬関係者の『大先輩』にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍しており、確かな情報網を構築している。当社が入手する『本物の内部関係者情報』は、一般マスコミが世間に報じるような情報とは一線を画している。

既に弊社の下には有馬記念に関する様々な情報が入ってきている。過去の有馬記念でも、エアシェイディ(11番人気3着)、エイシンフラッシュ(7番人気2着)、トゥザグローリー(9番人気3着)、オーシャンブルー(10番人気2着)など、マスコミノーマークの穴馬をしっかりとマークして的中させてきた実績があるが、今年もこれらに匹敵するような激走穴馬の存在を掴んでいる。そこで、今週は特別も特別に、当社が掴んだ有馬記念の【激走穴馬情報】を無料公開する。この情報、有馬記念の馬券を買うつもりならば、絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク