【中山大障害2018予想】本命ルペールノエル

スポンサーリンク


こんにちは。

本日は土曜の中山10レース、中山大障害の予想を。

アップトゥデイト、シンキングダンサー、タイセイドリーム、ニホンピロバロン、マイネルプロンプト、ミヤジタイガ、ルペールノエルなどが出走する障害4100mのJG1レース。

今年も年末の名物レースがやってきました。

ここ数年は欠かさず現地観戦する程大好きなレースで、特に去年のオジュウチョウサン、アップトゥデイトの直線での叩き合いには相当痺れました。

アップトゥデイトの天敵であるオジュウチョウサンの名前がないのは寂しいですが、明日の有馬記念はそのオジュウチョウサンの参戦でかなり盛り上がりそうなのでこれはこれで楽しみだったりします。

絶対王者不在となった今年は馬券的にも十分楽しめそうな一戦と言えるので、何としても的中させておきたいものです。

【有馬記念2018予想考察】有力馬一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想考察】穴馬一週前追い切り・調教評価

【有馬記念2018予想考察】最終追い切り・調教評価

【阪神カップ2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

3点勝負買い目を無料公開

中山大障害

本命はルペールノエル

去年、一昨年の中山大障害の3着馬で、どちらの年も先着を許したのは怪物オジュウチョウサン、そしてライバル馬であるアップトゥデイト。この2頭には大きく離されてはいるがその他の馬にはしっかりと先着しており、毎回勝ち切る事は出来ないがラストは確実に脚を使ってくる非常に堅実なタイプ。

前走の東京ハイジャンプは人気を背負いながらも馬券にすら絡む事が出来なかったが、最後の直線での障害で逃げるタマモプラネットが落馬してしまい、その後ろでレースを進めていた本馬にも大きな不利があっての着順。あの不利がなければ馬券に絡んでいた可能性はそれなりに高く(タマモプラネットが落馬していなければこちらが残った可能性もあるが)、不利を受けならも4着に残した事を評価すべきレースだろう。

春の中山グランドジャンプでは強豪馬3頭に次いでの4着と確かに上位馬との力差は感じるものの、勝ち馬であるオジュウチョウサンがいないレースであれば今年も繰り上がりで2,3着というパターンは十分考えられるので、2強に割って入る可能性が最も高いのは本馬になるだろう。

対抗はニホンピロバロン

これまで障害レースで3着以下なしと全く底を見せていない馬で、過去には本格化する前とはいえ、オジュウチョウサン、アップトゥデイトに勝利した経験もある。

前走の中山グランドジャンプでオジュウチョウサン、アップトゥデイトにつけられた着差は大きかったが、4着のルペールノエルには4馬身差をつけて先着しており、相手のレベルを考えるとこの馬も相当能力が高いのは間違いないだろう。

ライバル馬であるアップトゥデイトのここ2走の内容をみると今であればこの馬の逆転があってもよさそうで、早い段階から元主戦である高田ジョッキーがオジュウチョウサンを負かす可能性を秘めている馬として名前を挙げていた存在なだけに今回は怖さしかない。

アップトゥデイトやルペールノエルのように展開や位置取りに左右されるようなタイプではない点も大きな強みだろう。

▲にアップトゥデイト

主戦を失った事は想像以上に大きなダメージとなっているが、オジュウチョウサンがいない今年は能力通りであればこの馬の圧勝があっても良さそう。

とにかく中山グランドジャンプの内容が凄まじく、終始オジュウチョウサンに後ろからプレッシャーをかけられ、大逃げしようにも大逃げ出来ないというアップトゥデイトにとっては最も最悪のレース展開になりながらも2着に粘っており、普通の馬であれば直線に入る前に早々と沈んでしまうが、最後は後ろにいたニホンピロバロンとの着差を逆に広げるという圧巻の競馬。

この時に同じく勝ちに行く競馬を選択し、前を強気に捕まえにいったマイネルクロップが大差で12着に沈んでいる事がこの馬とオジュウチョウサンの強さを物語っているだろう。

ただ、逃げ馬ではあるがスタートが下手で、出足もつかないゴールドシップのようなタイプなので、負ける時は案外あっさり負けてしまう可能性も。

とにかく毎回自分の競馬が出来るかどうかという課題がある事は事実なので、JG1レースで1人気が予想される今回は、能力は抜けているとはいえさすがに本命を打つ事は出来なかった。

☆に人気ブログランキングへ

地味ではあるが本馬もまだ障害で底をみせておらず、順調にレースを使えていれば複数の重賞を勝てていても不思議ではないぐらいの能力の持ち主。

ニホンピロバロンのようにレースセンスが高く、飛越も安定しているタイプなので、今後順調であれば来年は大レースで注目されるような存在となっても驚けない。

毎回きっちりと力は出し切ってくるので、人気上位馬が1頭でも崩れる展開になれば3着ぐらいに顔を出す可能性は十分考えられる。

◎ルペールノエル
〇ニホンピロバロン
▲アップトゥデイト
人気ブログランキングへ
△ミヤジタイガ

☆はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

年度代表馬となることが濃厚な”今年の顔”と言うべき3冠牝馬アーモンドアイこそ参戦しないものの、オールカマー、天皇賞・秋と2連勝を飾り完全復活を印象づけたダービー馬・レイデオロを筆頭に、GI馬7頭(障害GI馬オジュウチョウサンを含めれば8頭)が参戦を予定し、今年もグランプリにふさわしいメンバーが揃ったと言える。

有馬記念と言えば、スポーツ紙は週頭から一面で取り上げ、普段は馬券を買わない層までもが興味を持ち、年末の風物詩となっているのは周知の通り。それだけに新聞社にとっては絶好の書き入れ時で、新聞を売るために、とにかく話題になり興味を引きそうな話をピックアップする。読者にとって、それが馬券の役に立つか立たないかは二の次であり、有名人やタレントの予想を大々的に取り扱い、全く勝負にならないような馬ですら『大穴』として取り上げたりするのだ。

そして今年は、障害界の大スター・オジュウチョウサンの参戦が大きな話題の1つとなる。しかも鞍上は武豊騎手、マスコミにとっては格好のネタになることは明らかで、取材がそこに注力されることは間違いない。また「有馬記念がラストラン」という馬も多くなるが、今年もサトノダイヤモンド、サウンズオブアースがこのレースで引退を予定している。平成最後の有馬記念、オグリキャップの劇的な復活勝利の再現を……と、根拠もなく煽り立てる可能性もあるだろう。

世間一般の競馬ファンは、こうした情報を新聞やネットを通じて目にして馬券を買うのだから「なかなか馬券が当たらない」となるのは、ある意味、必然とも言えるだろう。そもそも、有馬記念の1着賞金はジャパンカップに並ぶ3億円、これだけの賞金がかかるレースを前にして、本気でココを勝ちに行く陣営が、わざわざ自分たちのマークをキツくするような本音を、多くの人の目が触れる新聞やネットといった媒体に語ることはないのだ。

弊社には、名前を公表できるだけでも、ハイセイコーでお馴染みの増沢末夫・元JRA調教師、マルゼンスキーの中野渡清一・元JRA調教師、安田富男・元JRA騎手、境征勝・元JRA調教師、平井雄二・元JRA調教師など、現役競馬関係者の『大先輩』にあたる人物が数多く情報ルートとして在籍しており、確かな情報網を構築している。当社が入手する『本物の内部関係者情報』は、一般マスコミが世間に報じるような情報とは一線を画している。

既に弊社の下には有馬記念に関する様々な情報が入ってきている。過去の有馬記念でも、エアシェイディ(11番人気3着)、エイシンフラッシュ(7番人気2着)、トゥザグローリー(9番人気3着)、オーシャンブルー(10番人気2着)など、マスコミノーマークの穴馬をしっかりとマークして的中させてきた実績があるが、今年もこれらに匹敵するような激走穴馬の存在を掴んでいる。そこで、今週は特別も特別に、当社が掴んだ有馬記念の【激走穴馬情報】を無料公開する。この情報、有馬記念の馬券を買うつもりならば、絶対にチェックしてもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第63回 有馬記念(GI)

レイデオロ危うし!?
好配当を狙える【激走穴馬情報】を
無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク