【有馬記念2018予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、有馬記念に出走を予定しているオジュウチョウサン、クリンチャー、サウンズオブアース、サクラアンプルール、サトノダイヤモンド、シュヴァルグラン、スマートレイアー、パフォーマプロミス、マカヒキ、ミッキースワロー、ミッキーロケット、モズカッチャン、リッジマンの一週前追い切りに関する記事を。

カルリーノ 6人気3着
ダノンファンタジー 1人気1着
パフォーマプロミス 3人気1着
レッツゴードンキ 2人気5着
サウンドトゥルー 7人気5着
アンジュデジール 6人気1着

ダノンジャスティス 2人気4着
ユラノト 5人気4着
スティッフェリオ 2人気1着
レッドジェノヴァ 4人気4着

カテドラル 3人気11着
ロジクライ 6人気14着

ミッキーブラック 3人気4着
ノーブルマーズ 13人気12着
ダノンスマッシュ 1人気1着

リッジマン 1人気1着
ステイフーリッシュ 5人気3着
ウェスタールンド 8人気2着

メートルダール 3人気5着
オウケンビリーヴ 7人気6着
クロノジェネシス 2人気2着

プリモシーン 1人気8着
マイネルサーパス 5人気10着

また最終追い切りの時に触れますが、残念ながら先週の重賞では追い切り注目馬は絡む事は出来ず。ターコイズステークスはもう少し前走との比較を重視すべきでした。

今週の有馬記念は一週前追い切りから全頭書いていきます。

3点勝負買い目を無料公開

有馬記念一週前追い切り

オジュウチョウサン

頸の使い方が上手く、沈むようなフォームでぐいぐい前へ出る仕草を見せる。追われてからの反応も良く、エンジンがかかると一気に加速し、調教パートナーを置き去りにする始末。馬場が重い事を考えるとこれ以上にない動きを披露した。負荷も十分かかっており、脚も最後までしっかりと使い切れた点は高く評価するが、先週同様に馬体に余裕を感じない点が今週も気になってしまう。2週続けて非常に意欲的な追い切りではあるが、最終追い切りに向けては多少なりとも余裕が欲しかったというのが本音。それだけここを狙っているとも取れるが、不安が全くないという動きではなかった事は確かだろう。

クリンチャー

頭の位置が安定せず、脚と頸を出すリズムが崩れる場面もみられる。フォームが大きく乱れたとまでは言わないが、終始脚の出し方がバラバラになっている点は割り引いて考えたい。それでも2週続けてしっかりと負荷をかけられた追い切りで、追われた時の反応は大きく変わった様子はないが、これだけ脚がバラバラになりながらも最後までしっかりと走り切れた点は評価する。可動域も広く、適度に力強さを感じる走りで、先週よりも馬体が絞れている点もプラスだろう。案外悪い印象は受けない。

サウンズオブアース

多少癖がみられる動きではあるが、重心が大きくブレるような事はなく、フォームもこの馬なりには安定している。ラストは追われた分だけ伸びて調教パートナーを突き放すが、胸前が広く、前脚が上がっている割には前へ進まない。身体に硬さがある訳ではないが、可動域がやや狭く、脚捌きも鈍く感じてしまう追い切りだった。スピード、パワーどちらも物足りない動き。

サクラアンプルール

線の細さと脚があまり上がっていない点が目についたが、追われると一瞬でスイッチが入り、エンジンがかかってからの伸びは素晴らしいの一言。調教パートナーを並ぶ間もなく交わし去り、抜け出してからも気を抜かないように最後までしっかりと負荷をかけられた。脚の回転も速く、乗ってからのスピードも十分。この馬場でこれだけ楽な手応えで突き抜けた事は高く評価しなければならない。

サトノダイヤモンド

珍しく頭の位置がブレてしまい、脚と頸のリズムが合わない場面もみられたが、追われてからはしっかりと走れていたので、ここは少しの割り引きとしておきたい。ただ、追われた時の反応はイマイチで、調教パートナーが走りすぎたとはいえ、最後まで相手を抜き去る事は出来ずフィニッシュ。負荷がかかっていての内容なので、全盛期との比較になると正直物足りない動きだった。先週同様に今回も不安が先行する形となったので、本当の最終追い切りでどこまで本来のダイヤモンドの輝きを取り戻す事が出来るか。良い意味で期待を裏切ってもらいたいが。

シュヴァルグラン

前半はややもたついた場面もみられ、脚にバラつきもあったので、これはまず伸びてこないと思ったが、調教パートナーと並んでから負荷をかけられると徐々にエンジンがかかり、そこから一気に加速して相手を突き放すというこちらが全く想像していなかった走りを披露。先週と同じく脚捌きが軽すぎる点と反応が鈍い点は気になるが、それでも乗ってからのスピードは抜群だった。やはり可動域の広さからしても良い頃の出来に戻りつつあるだろう。ただ、エンジンのかかりが遅いのは今回のコースでは致命的とも言えるが。

スマートレイアー

やや重心のブレがみられるも、頭の位置やリズムは安定しており、前脚もよく上がっている。今更上積みなどを考えるような馬ではないかもしれないが、調教パートナーにもしっかりと先着しており、身体を大きく使った動きは目に付いた。この馬なりに力は出せる仕上がりだろう。

パフォーマプロミス

頸差しが太い割にはしっかりと頸を使って動けており、追われた時にぐいぐいと前へ出ようとする姿勢は素晴らしい。しっかりと負荷もかけられており、追われた時の反応、伸び、そしてスピードと全て文句なしと言える動き。脚の回転が速い割には力強さのある脚捌きといえ、身体全体を使ったパワフルな走りは圧巻だった。トモもパンパンに張っており、馬体をみても全く隙は感じられない。これは怖い1頭。

マカヒキ

真っ直ぐ安定した走りで、脚の回転の速さも上々。先週感じられた硬さに関しては大きく改善された様子はないが、それでも最低限の動きはみせた追い切り。大きく割り引くようなポイントは見当たらないが、逆に大きく評価出来るポイントも見当たらず。可もなく不可もなくといった動きではあるが、最終追い切り次第では案外買えるかも。

ミッキースワロー

頭が高く、頸を全く使えていない走り。脚捌きも鈍く、骨格の影響があるとはいえ、素軽さが全く感じられない点は大きく割り引く必要があるだろう。下を気にした様子は感じられないが、もしかすると馬場が影響した為かもしれない。それでも評価出来るポイントは一切見当たらなかったので、今週の動きだけで言えばまず買えない。

ミッキーロケット

若干よれる場面はみられるが、調教パートナーに最後まで馬体を併せて負荷をかける内容のある追い切り。ただ、脚はあまり上がっておらず、若干馬体に硬さが残っている点は少し気になるポイントか。調教パートナーに食らいついたとはいえ、相手は終始馬なり。こちらが負荷をかけていた事を考えるとラストは弾けて欲しかったというのが本音ではある。

モズカッチャン

前半はややリズムが崩れてブレる場面がみられるも、追われるとしっかりと反応し、最後は追われた分だけ伸びた。かなり負荷もかかっており、これだけ強く追われても最後まで脚を使い切れた事は高く評価する。ただ、この馬らしく若干硬さが残っているように思えるので、今回のひと追いでどこまで硬さが解消されるかがカギとなりそう。

リッジマン

脚捌きが悪い意味で軽く、頭の高さと頸の硬さは気になるポイント。ただ、負荷も全くかかっていない追い切りなので、これはこれとして捉えておきたい。脚はしっかりと上がっており、走るリズムも悪い感じはしないので、最終追い切りでしっかりと負荷をかけられれば、という感じ。

有力馬のレイデオロ、キセキ、ブラストワンピースの一週前追い切りは別記事で更新済みです。

【有馬記念2018予想考察】有力馬 一週前追い切り・調教評価

最後に一週前追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

こちらの評価は有力馬込みでの評価となります。その中でもこの馬は群を抜いて動きが良く見えた。最終追い切り次第ではそれなりの印が必要となりそうな1頭と言える。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 有馬記念>

有力馬を脅かす人気薄
激走穴馬の正体とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

シンボリクリスエス、ゼンノロブロイで有馬記念を制している藤沢和雄厩舎。今年は17年のダービー、18年の天皇賞秋の優勝馬レイデオロで3度目の有馬記念制覇を狙う。天皇賞秋を快勝してからは、ジャパンCを使わず有馬記念を視野に調整し万全の状態で出走する。また、ジャパンC上位組みからキセキ、シュヴァルグラン、ミッキースワローが上位人気になるだろう。スワーヴリチャードの回避は残念だが、ジャパンCでは驚異的なレコードタイムが出たように負担も大きいはず。ジャパンCの上位組は状態がカギになるだろう。実は、競馬セブンでは人気の盲点となり出走する人気薄情報馬の大駆け情報を極秘入手!人気薄激走馬が馬券圏内に激走すれば高配当間違いなし!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『有馬記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク