【アーリントンカップ2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、アーリントンカップに出走を予定しているヴァルディゼール、ヴァンドギャルド、カテドラル、フォッサマグナ、ミッキーブリランテの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースの予想オッズから。

予想オッズ

1 フォッサマグナ 2.5
2 ヴァンドギャルド 3.6
3 ヴァルディゼール 3.7
4 ミッキーブリランテ 5.8
5 カテドラル 18.0

1人気は好馬体フォッサマグナ。共同通信杯は経験値の差もあって4着に敗れたが、前走の自己条件であっさりと結果を残しており、ある程度競馬を思えた今なら重賞でも十分やれる馬だろう。続いてヴァンドギャルド。なかなか歯がゆい競馬が続くも、距離短縮で更なる前進がありそうなので、ここは人気相応の怖さがある1頭と言える。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

その他週末の重賞の追い切りに関する記事はこちらから。

【皐月賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 皐月賞>

サートゥルナーリア、
ダノンキングリーを脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.2.1.5]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.2.6]。上位人気は4勝のみと苦戦。平均配当では、単勝1070円、馬連4600円、3連複3万3770円、3連単20万5280円。3連単100万馬券が1度、10万馬券以上が2度出ているように荒れる牡馬クラシック第一弾。

まだ記憶に新しい、あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!5連敗中の1人気だが、今年はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの無敗馬が人気を集めるが果たして!?実は競馬セブンでは無敗馬2頭を脅かす人気薄激走情報馬の大駆け情報を独占入手!皐月賞の馬券を買う前に必ず午ご確認ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

アーリントンカップ最終追い切り

ヴァルディゼール

かなり癖が強い馬で、少し頭が刺さっているが、身体は最低限使えている。ゆったりとしたフォームで走り切っており、脚の回転の速さや力強さも上々。負荷をかけられると瞬時に反応し、最後もしっかりと加速してフィニッシュ。胴の詰まりは多少気になるが、前走をみる感じだとあまり気にする必要もなさそう。ただ、馬体に多少緩さはある点だけは覚えておきたい。

ヴァンドギャルド

数を使われている分、軽い内容での追い切りとなったが、馬体は全く枯れておらず馬に活気もあって走る気は十分と言える。馬体の柔らかさや可動域の広さが目についており、ゆったりとしたフォームの中にしっかりと力強さも感じられた。馬体の張りは多少落ちた印象を受けるも、それでもしっかりと馬は出来ており、この出来であればまだまだ重賞でもやれるだけの馬だろう。引き続き警戒が必要か。

カテドラル

雨の影響で単走、馬なりでの追い切り。終いだけは少し動かされているが、時計も遅く、馬にはほぼスイッチが入っていない。ただ、内面も考えられての追い切りで、先週しっかりと追われて抜群の動きを披露していただけに、これはこれとして決して悪い追い切りではないだろう。さすがに今週だけの動きでの評価になるととても買えるような馬ではないが、先週と総合して考えると案外悪い印象は受けない1頭と言える。ある程度馬も完成してきたので、そろそろ変わり身があってもよさそうではあるが。

フォッサマグナ

多少行きたがるも、乗り役が手綱を引いて行かせない。その後調教パートナーに馬体を併せて負荷をかけてきたが、馬が嫌がったか仕掛けられてからは案外伸びなかった。馬体を含めてかなり注目していた馬ではあるが、今回の動きは本当に平凡で、馬体の緩さと発汗も気になるポイントと言える。

ミッキーブリランテ

フォームは悪くないが、とにかく反応が悪く、追われても追われた以上に伸びる事が出来ない。脚もとにも硬さが残っており、身体を全くといっていいほど使えていないので、当然期待よりも不安の方が大きい追い切りと言えるだろう。若干竹馬気味でもあるので、ダートかもう少し距離を短くしたら化けそうなタイプ。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第79回 皐月賞(G1)

自信の本命馬×とっておきの激走穴馬
+マル秘情報を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年の牡馬クラシック路線は“混戦”なのか“1強”なのか。皐月賞を考える上で、これが1つの重要なテーマとなる。

共同通信杯でも2歳王者アドマイヤマーズに初めて土がつき、弥生賞やスプリングSといったトライアルでは伏兵が勝利と、前哨戦では断然の主役と言えるパフォーマンスを見せた馬がおらず、この流れから見れば“混戦”と言えるだろう。

一方、暮れのホープフルSで圧巻のパフォーマンスを見せたサートゥルナーリアの“1強”と考える人間は少なからずいる。確かに、ノーステッキでの勝利には底知れぬモノを感じさせるものがあった。だが、ホープフルSで負かした馬達は、その後の成績が今ひとつであり、関係者の間ではレースレベルを疑問視する声も存在する。時計面での裏付けがなく、ブッツケでのGI挑戦、ミルコからルメールへの乗替りと、未知な面は多い。

皐月賞を的確にジャッジするためには、確かな情報力が必要になることは間違いない。

しかし、本物の関係者情報を一般ファンの方々が入手することはまず不可能だ。なぜならば、新聞や雑誌、ネット上に流れる情報には、残念ながら陣営の本音や核心の部分が公表されていることがほとんどないからだ。誰の目にも触れることができるところに本音を出す事など、陣営にとっては一銭の得にもならず、デメリットにしかならない。

実際、1987年に皐月賞を勝利した名馬サクラスターオーを管理していた、重賞メイン特捜部の最高責任者を務める平井雄二元調教師は、「弥生賞を勝った後からもの凄く良くなった。順調過ぎるくらいで、誰が乗っても勝てるんじゃないかと思っていた。新聞社連中には言わなかったが、他の馬の強気な記事を見て『ウチの方が何倍もいい』と胸の中では思っていたんだよ」と、本当に親しい人たちだけにしか本音は伝えず、マスコミには自信のほどをひた隠しにしていたと振り返る。今の昔も、敢えて他陣営からのマークがキツくなるようなコメントを、公に出すことは稀だ。

特にGIは一般マスコミなどの取材が増える分、世間に出る情報量は圧倒的に多くなり、その分、役に立たない情報も蔓延しているということになる。そんな情報をアテにしていては、なかなか的中馬券にたどり着けないのも当然だろう。

シンクタンクには現役関係者の大先輩にあたる人物や、現役大物関係者が多数情報ルートとして在籍しているから、関係者から『本音』を聞き出せる情報収集態勢が整っている。

既に皐月賞に関する情報が色々と入ってきているが、おおよその結論は出ており、あとはレース当日までしっかりと裏付けを取る段階に入っている。そこで、今週はまだ弊社の情報を利用したことがない方を対象に、皐月賞の【◎-穴1点馬券】を特別に無料公開する。ぜひとも本物の関係者情報を知って、馬券を買っていただきたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第79回 皐月賞(G1)

自信の本命馬×とっておきの激走穴馬
+マル秘情報を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク