【アイビスサマーダッシュ2018予想オッズ】穴馬・モルフェオルフェ馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、アイビスサマーダッシュに出走を予定している穴馬、モルフェオルフェの馬体診断の記事を。

毎年このレースになれば夏を感じますが、今年はとにかく早かった。気付けばもう7月も終わり。8月は仕事もほどほどにして趣味に費やす時間を増やしていこうと思うので、ここらで大きな的中が欲しいところ。

本当に調子は悪くないですが、宝塚記念の◎ワーザーからずっと調子惜しいレースが続き、今思えばラジオNIKKEI賞のマイハートビート、函館記念のブレスジャーニー、中京記念のフロンティア、白河特別のゲッカコウと本命も相手もそうですが4着に苦しめられた1カ月。

開催替わりでツキも流れも全て良い方向へと向かう事を信じて今週も我を貫き通します。

クイーンステークス他に関する記事はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第18回 アイビスSD(G3)>

過去10年の人気別の成績では、[5.1.0.4]、[1.1.1.7]、[1.2.2.5]と1人気が5勝を上げ上位人気馬では安定した成績を残している。平均配当では馬連3260円、3連複2万3260円、3連単13万1140円。二桁人気馬では2011年アポロフェニックス(11人気3着)、2010年マルブツイースター(16人気3着)、2008年シンボリグラン(10人気2着)の3頭が馬券圏に好走している。直近5年では1人気が連対しており波乱は少ないが昨年は8人気ラインミーティア(1着)、2015年は9人気シンボリディスコ(2着)しておりヒモ荒れもある。

今年も新潟名物の芝千直重賞にスピード自慢が勢揃い。競馬セブンでは早くからココ目標に万全の態勢で出走するとある陣営の勝負情報を入手。さらに、人気にはならない激走情報馬のヤリ話を極秘入手。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

アイビスサマーダッシュ馬体診断

モルフェオルフェ

新馬戦のパドック

初戦は馬体重412キロでの出走。オルフェーヴル産駒はステイゴールドの影響もあり、牝馬は小さく出る事が多いが、本馬もそのタイプ。

ただ、これは決してプラスとは言えず、一口でも出来れば少しでも馬格があるタイプを狙っていきたいが、良くも悪くもステイゴールドの影響を大きく受けた馬とも言えるだけに、当然プラス要素も含まれている事は確か。

特にこの馬に関しては骨格は勿論ではあるが、背中のラインや筋肉がモロにステイゴールドで、ココロノアイの若い頃と似た部分がいつくもあるだけにちょっと気になって目をつけていた1頭。この難しい気性面は牝馬だけに余計ではあるが、使われつつ改善されていく点が学習能力の高さを示している。

前走の500万クラスのパドック

馬体重426キロ、前走からプラス6キロ。馬体重以上に馬が立派になった。ひばらが綺麗に上にあがっており、薄い筋肉が上部に集中して付いている。

やはりそれ以上に気性面が成長しており、この日も少しうるさいように感じるが、踏み込みや脚捌きはしっかりしており、この前向きさはイレ込みではなく気合乗り。去年はややパーツの甘さ、馬体の緩さが目についていたが、ここに来て一気に馬体に身が入り、いよいよ大人の女性へ変わる瞬間が訪れたか。

気になる直線1000mへの適性に関しては、前輪駆動寄りのタイプ、前向きさと頸差しからするとおそらくプラスに出る可能性が高く、前走でハンデ差があったにしろ一気の距離短縮で楽に結果を出したように、短距離馬としての素質は十分とみている。腰がしっかりした馬なので使っても枯れにくいタイプで、皮膚の薄さからすると夏場は強いタイプだろう。

同じ3歳牝馬が人気を集める事になると思うが、あの馬も直線1000mへの適性は未知なだけに、人気を考えると面白いのは明らかにこちらでは。枠順次第ではそれなりの印を付ける事を考えている1頭。

予想オッズ

ダイメイプリンセス 2.9倍
ラブカンプー 4.9倍
レッドラウダ 6.5倍
レジーナフォルテ 8倍
カラクレナイ 8.3倍

1人気は千直適性高いダイメイプリンセス。続いて先行力あり、3歳牝馬+鞍上でかなり売れそうなラブカンプー、そしてレッドラウダ、レジーナフォルテと適性の高さで売れていくと思うが、枠順次第では穴っぽい馬も必要以上に人気になる可能性も。

最後にアイビスSDの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

去年は自信の◎レジーナフォルテで的中させたレース。配当はそこまで大きいものではなかったですが、勝ち馬の△穴ラインミーティアも上位評価していて、買い方がハマってなかなかの爆発となりました。今年はこの馬が面白いのでは。

かなり相性の良い重賞でもありますので、ここは枠順次第では勝負でしょう。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第18回 アイビスSD(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競走馬には右回りが得意、左回りが得意といった個性があるが、直線競馬も同様に『千直巧者』と呼ばれる存在がいる。JRAで直線競馬が行われるのは新潟芝1000mの条件のみ。しかも重賞はアイビスSDの1鞍となれば、『千直巧者』が「今年の最大目標」とココに狙いを定めてくるのは当然の話だろう。だから、前走の着順云々は関係なく、ココでガラリ一変を見せるシーンもあるわけで、点で考える必要があるレースなのだ。

ただ、ここもサマースプリントシリーズの1つであるということは、線で考える必要もあるということ。シリーズチャンピオンを狙うために、ココが勝負なのか、はたまた着を拾ってポイントを稼ぐための参戦なのか、各陣営の思惑は様々だからだ。

そして、直線競馬は枠順の影響力が大きいコースであることも見逃せない。開幕週で行われるようになってからも、内枠不利、外枠有利の傾向は未だに残っている。枠順発表前に打たれる新聞の予想やコメントを参考にして馬券を買うなど、危険極まりない条件でもあるのだ。

このレースを獲るためには、確かな関係者情報を入手して各陣営の思惑を把握し、直前まで情報収集ができる態勢が必須となる。増沢末夫、中野渡清一、平井雄二、境征勝、安田富男と言った競馬界の大物OBや大物関係者が在籍する当社シンクタンクは、現在4年連続的中と実績を持って圧倒的な情報力を証明している。今週は、当社シンクタンクの情報力を実感して頂くために、アイビスSDの【3連単勝負馬券】を含めた関係者情報を特別に無料公開することが決定。この機会に、是非とも本物の情報力を体感して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第18回 アイビスSD(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク