【アイビスサマーダッシュ2020予想】本命ゴールドクイーン

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、アイビスサマーダッシュの予想を。ライオンボス、ラブカンプー、ダイメイプリンセス、イベリス、カッパツハッチ、ジョーカナチャン、ノーワンなどが出走する芝1000mのG3レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2場開催、それも重賞が一本のみの週なので裏メインの印も打っておきたいところですが、今週の日曜は手数を増やさずにアイビスサマーダッシュのみで勝負したいと思います。

なお、土曜は両メイン共にシンプルに印を絞って軽く攻めましたが、終わってみれば中爆発という結果に。

しらかばステークス予想結果

1着◎アスタールビー

3ショウナンアリアナ

越後ステークス予想結果

1着◎穴メイショウギガース

どちらのレースも当たる当たらないは別として、印に関しては相手込みで迷いなしでした。

アスタールビーもショウナンアリアナもメイショウギガースも前走後から(札幌の2頭は2走前)次もそれなりの印を打つ予定だったので、毎年何度も成功しているしつこい予想がハマりました。

また詳しい結果に関しては明日の記事で。

アイビスサマーダッシュ

本命はゴールドクイーン

前走のさきたま杯は人気を大きく裏切っているが、ゲートが決まらず後方からの競馬になってしまった事に加え、枠順や久々が影響しての着順。よって勝ち馬から大きく離されてしまったのは全く気にする必要がなく、完全に参考外と言えるレースだろう。

2前走のカペラステークスでも番手でレース運びをした馬にピッタリとマークされる厳しい展開になりながらも大きく垂れる事なく勝ち馬とは0.6秒差の競馬に持ち込んでおり、この時相手にした馬のレベルや展開を考えるとそれなりに強い競馬をしていたので、すんなり自分の形に持ち込む事が出来ればまだまだ重賞でも勝ち負け出来るだけの馬と言えるか。

ただ、今回はダートではなく芝、それも初の千直での競馬となるので、クリアしなければならない課題は少なくないかもしれないが、テンのスピードやダートも走れるパワーがある点を考えるとまず千直は合うタイプだと思うので、この枠順であれば激走する条件はほぼ揃ったと思っていいのではないだろうか。

そもそもこのコースは人気薄の初物を狙って印を打つのがセオリーなので、去年の◎オールポッシブルと全く同じパターンで今年も大爆発を狙ってみたい。

対抗はライオンボス

好時計をマークしてここに駒を進めてきた去年と比較すると今年は少し衰えた感じもするが、とは言っても前走もハンデ57.5キロを背負って勝ち切っているので、やはりこのコースへの適性の高さは相当と言えるか。今回のハンデ57キロも楽ではないかもしれないが、まともなら大崩れする事もないのでは。

▲にダイメイプリンセス

韋駄天ステークスでは馬群を捌くのに時間はかかってしまったが、進路を確保してからの脚はそれなりに目立っていたので、今回もスムーズに馬群を捌く事が出来れば上位争いに加わってくるのでは。過去に千直への適性の高さならライオンボスにも引けを取らないと書いた事があるように、このコースへの適性の高さだけならメンバートップクラスと言えるので、後は鞍上が下手に乗らなければ、という感じになるか。

☆穴に人気ブログランキングへ

予定よりも間隔があいてしまった点はマイナスも、本命馬同様にテンの速さとパワーを兼ね備えている千直向きのタイプなので、ここまで人気が地味であれば狙ってこそと言えるのでは。このコースを熟知している鞍上が手綱を取る点にも怖さがあるので、出来さえまともであれば頭でぶっこ抜いてくる可能性も十分考えられる。

◎ゴールドクイーン
〇ライオンボス
▲ダイメイプリンセス
☆穴人気ブログランキングへ
△穴ミキノドラマー
△メイショウカズヒメ
△イベリス
△ジョーカナチャン
△クールティアラ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは色気を出して縦目の穴からの馬券も少し購入してみたい。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 アイビスSD(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

競馬予想の上で、競走成績は間違いなく基本となる1つ。過去の実績、持ちタイム、成績や内容は間違いなく参考にすべき情報であり、特に近走の成績は重要となる。予想する上で、これまでのレースを線として捉える分析力が重要となる。

だが、線で考える以上に、点として考えねばならぬレースがいくつか存在する。それが『千直』だ。中央競馬で直線競馬は新潟芝1000mのみでしか行われておらず、かなり特異な条件。競走馬には様々な個性がある中、『千直巧者』と呼ばれ、この条件でしか十分に力を発揮できない馬すらいる。

必然的に、出番が限られる『千直巧者』にとって、年間唯一の千直重賞アイビスSDは最大目標となる。

過去にも、敗戦続きからガラリと変わり身を見せる馬がいれば、抜群の適性の高さと軽量を生かした格下の台頭などあったが、『千直』にどれだけの適性があるのか、各馬を点でジャッジすることが、的中へ近づく重要なカギとなるのだ。

そして、周知の事実ではあるが、千直は枠順の有利不利が出やすいコース。枠順を考慮せずに馬券を買うなど、極めて愚策と言わざるを得ない。

しかし、新聞紙の大半は印刷の関係上、枠順確定前に予想印を打たねばならず、一般ファンが参考にする新聞の印は、至極アテにならないものなのだ。

もちろん、弊社シンクタンクは、業界最高峰の情報力と分析力で、レースと点と線でしっかりと把握し、枠順のみならず、天候、馬場傾向なども検討し、レース当日に結論を出している。

直前まで情報を入手し提供できることのメリットを、限りなく実証している代表的なレースがアイビスSDであり、事実、弊社は現在6年連続的中と、確かな実績を残しているのだ。

アイビスSDで把握しておかねばならぬ情報は、ここで挙げたものはほんの一例、サマースプリントシリーズの1戦であり、そこに絡む各陣営の思惑も、当然、無視できない。

そんなファンの方が頭を悩ませるであろうアイビスSD、今週は特別に弊社に入っている“本物の関係者情報”と、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別無料公開する。このレースの馬券を的中させたければ、チェックすることをオススメする。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 アイビスSD(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク