【アメリカジョッキークラブカップ2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中山メイン、アメリカジョッキークラブカップに出走を予定しているステイフーリッシュ、ブラストワンピース、ミッキースワローの一週前追い切りに関する記事と先週の予想結果を。

愛知杯予想結果

3着◎レイホーロマンス

複勝 920円

一応大ボーナスの印への3連複も持っていましたが、ここは点数を絞って単勝、複勝、馬連、ワイドのシンプルな馬券で勝負。

単勝がありそうだったのでこの馬券が当たれば相当跳ねましたが、残念ながら差されてしまって3着まで。人気が人気だったので大爆発まで持っていきたかった。

羅生門ステークス予想結果

6着スピリットワンベル

一瞬あるかと思いましたが、最後は垂れてしまって6着まで。

ニューイヤーステークス予想結果

14着◎ボールライトニング

京成杯予想結果

3着◎ディアスティマ

ブログでは本命馬のみ公開していたので着順だけ。よく見てくれている方ならわかると思いますが、自分がシュタルケを本命にする事はまずないので、ここはそれだけ馬が良かったという事。

1,2着が逆なら3連単の重ね買いまで刺さりましたが、それ以外はほぼ考えていた通りの結果でした。

日経新春杯予想結果

1着◎モズベッロ

単勝 490円

馬連 2,070 馬単 3,680

ここは自信があったので最低限ではありますが結果を出せて良かったです。

ただ、点数を広げていれば間違いなく3連系まで取れていたレースだったので、配当を考えるとちょっと後悔もありますが、今年は大事故を狙うレース以外は点数を広げすぎないようにすると決めているので、これはこれで良しとしておきます。

が、そうなってくると4着の▲タイセイトレイルがあと一歩の競馬だったので、これが3着ならボーナスの3連単が…と思ってしまいますね。

毎年金杯でスタートダッシュを決めるので、今年は例年よりも少し遅くなりましたが、今週は土日共に重賞全てでしっかりと結果を出せたので、とりあえず良かったという気持ちが強いです。

実は既に去年触れた大穴狙いの馬券術を使って馬券を組み立てているので、近々どこかのタイミングでネタばらしをする予定ですが、もうしばらくは何も明かさずに印を打つ事になると思いますので、こちらのネタの公開に関しては少々お待ち下さい。

3点勝負買い目を無料公開

アメリカジョッキークラブカップ一週前追い切り

ステイフーリッシュ

脚が外へ流れている事に加えて追われると左右へヨレてしまう場面も見られる。もともと追い切りで動くようなタイプではなかったものの、ここ最近はしっかりと走れていた感じがするだけに、一週前とはいえ物足りなさが残る追い切りとなった。

調教パートナーにもあっさりとぶっちぎられており、つけられた着差や手応えの差を考えると最終追い切りに向けては課題が多くなってしまった。

ブラストワンピース

いつみても頭は高く、頸の可動域は狭い。肩のラインや胸周辺にこの父らしい硬さもまだまだ残っているが、フォームの安定感や地面を蹴る力の強さはさすがで、身体を大きく使ってノビノビと走れている点はプラス。

ただ、以前も書いた事があるように、若い頃の荒々しさや豪快なフットワークは薄れており、走りに迫力を感じられなくなった点はちょっと引っかかってしまう。若い頃のこの馬ならまず調教パートナーを置き去りにしていたような感じもするが…。

とはいっても決して悪い追い切りではないので、この評価はあくまでも以前の本馬との比較という事になる。

ミッキースワロー

かなりセーブされたような追い切りではあるが、かなり頭が高く、頸を全く使わずに走っている点はマイナス。身体の使い方もこじんまりとしており、脚の上がり方をみてもまだまだスイッチが入っていない印象を受ける。

ただ、見た通り本気で追っている訳ではないので、この馬に関しては最終追い切りで負荷をかけてきた時の動きで全てを判断するのが正解だろう。

予想オッズ

1 ブラストワンピース 2.6
2 ミッキースワロー 3.0
3 ステイフーリッシュ 6.0
4 スティッフェリオ 8.2
5 ラストドラフト 10.1

最後にAJCCの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今の中山の馬場はある程度読めているので、ここは人気次第では勝負したいレース。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第61回 AJCC(G2)>

正月開催の超目玉
大人のお年玉馬券

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去の勝ち馬では、サクラホクトオー、ホワイトストーン、マチカネタンホイザ、サクラチトセオー、ローゼンカバリー、メジロブライト、スペシャルウィーク、アメリカンボス、シルクフェイマス、マツリダゴッホ、エアシェイディ、トーセンジョーダン、ルーラーシップ、ダノンバラードなどGIで活躍した馬を多く輩出している。

過去10年の人気別では1人気[2.2.0.6]、2人気[3.2.2.3]、3人気[1.1.2.5]の成績。1人気で勝ったのは12年ルーラーシップ、11年トーセンジョーダンの2頭のみ。2人気が3勝連対率5割と活躍している。平均配当では、馬連4960円、3連複1万1600円、3連単7万3210円と波乱傾向。馬連万馬券が3度、3連単10万馬券以上の特大馬券が3度出ている。

年齢別の成績では4歳馬(1-4-2-12)、5歳馬(4-0-3-17)、6歳馬(3-1-2-27)、7歳馬(2-2-1-22)、8歳馬(0-3-2-14)、9歳上(0-2-2-13)。5・6歳馬の活躍が目立つ。明け4歳馬は5連対も1勝のみとなっている。また8歳の高齢馬は優勝馬こそ出ていないが3連対している。

AJCCは16年3万0540円的中、17年2万8980円的中を含む直近4年で3度的中のドル箱重賞!今年は18年有馬記念の優勝馬ブラストワンピース、18年AJCC優勝馬ダンビュライト、18年AJCC2着馬ミッキースワロー他、ステイフーリッシュ、ニシノデイジーなどが参戦。今年もお年玉馬券となる極秘情報を入手済!絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『AJCC・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク