【アンタレスステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて日曜の阪神メイン、アンタレスステークスに出走を予定しているアナザートゥルース、ウェスタールンド、グリム、テーオーエナジー、ヒラボクラターシュの最終追い切りに関する記事を。

まずはこちらのレースも予想オッズから見ていきましょう。

予想オッズ

1 グリム 2.5
2 ウェスタールンド 3.6
3 テーオーエナジー 5.3
4 ヒラボクラターシュ 7.3
5 ロンドンタウン 8.2

1人気はグリム。前走の内容も優秀で、これまでに戦ってきた相手を考えると今回の相手でも十分勝ち負けになる存在だろう。続いて久々の競馬となるが、前走G1で2着に入線したウェスタールンド。脚質的にアテにならない面はあるが、スムーズにレース運びが出来ればここもあっさりがあってもよさそうな馬。ただ、テーオーエナジーやヒラボクラターシュといったハイレベル世代の馬もそう大きな差はなく上位人気に支持される事になるだろう。

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

その他週末の重賞の追い切りに関する記事はこちらから。

【皐月賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

アーリントンカップ最終追い切り

アナザートゥルース

なかなか豪快な動きで、身体や頸の使い方が抜群に上手い。地面を蹴る力も相当強く、脚の回転の速さに比例しないスピードも高く評価出来るポイントか。これまでの動きは全く確認した事がなかったが、この動きであればある程度強い馬が相手でもやれそうなタイプで、馬体の張り、可動域をみても出来はなかなか良いのでは。

ウェスタールンド

フォームはあまり安定しないが、重心のブレは全くみられない。脚捌きもスムーズで、良い意味で動きに軽さもある。調教パートナーにも楽な手応えで先着出来ており、久々の割には馬体がすっきりとしている点も評価しておきたい。案外走りに力強さは感じられないが、芝でもやれるだけのスピードが武器と言える馬なので、これはこれとして捉えておきたい。好調。

グリム

多少頭は高いが、頸は最低限使えている。身体も大きく使えており、付け根からしっかりと脚を出せている点にも好感が持てる。ほぼ馬なりで調教パートナーに並びかけると一気にスイッチが入り、楽な手応えで相手に先着。馬体詐欺で有名な産駒なので、トモの張りなどは鵜呑みにしない方がいいが、それを差し引いて考えても馬は出来ている。こちらも好調と思って良さそう。

テーオーエナジー

前半の動きは少しぎこちないが、追われるとしっかりと立て直して真っ直ぐ走れていた。完全に内面にスイッチが入っており、その影響もあって追われた時の反応は抜群に良い。加速してからのスピードも上々で、最後までしっかりと脚も使いきれていた。ただ、可動域はもうひとつで、若干硬さがある点は割り引いて考えたい。

ヒラボクラターシュ

胸が広く、脚が外へ流れる点はマイナス。その影響でスピードにも乗り切れておらず、多少刺さるような場面もみられた。それでも重心のブレはみられず、ちぐはぐになりながらもしっかりと走りきれた事は評価出来るだろう。ちょっと馬体が寂しく感じるので前走からの大きな変わり身には期待は持てないかもしれないが、大きく出来が落ちた印象も受けない。一応可もなく不可もなくといった評価としておきたい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第79回 皐月賞>

サートゥルナーリア、
ダノンキングリーを脅かす穴馬とは?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

サートゥルナーリア、ダノンキングリーは3戦無敗、無傷で皐月賞制覇を狙う。朝日杯FSの覇者アドマイヤーマーズはメンバー唯一の4勝馬。3連勝中のサトノルークス、2連勝中のヴェロックス、重賞2勝のニシノデイジー、デビューから5戦連対パーフェクトのアドマイヤジャスタ、弥生賞の優勝馬メイショウテンゲン、キャリア2戦で弥生賞2着馬シュヴァルツリーゼ、毎日杯の優勝馬ランスオブプラーナ、スプリングSの連対馬エメラルファイト、ファンタジストなどがスタンバイ。

過去10年の人気別の成績では、1人気[2.2.1.5]、2人気[1.3.0.6]、3人気[1.1.2.6]。上位人気は4勝のみと苦戦。平均配当では、単勝1070円、馬連4600円、3連複3万3770円、3連単20万5280円。3連単100万馬券が1度、10万馬券以上が2度出ているように荒れる牡馬クラシック第一弾。

まだ記憶に新しい、あの大波乱となった17年皐月賞は◎ペルシアンナイト(4人気)穴アルアイン(9人気)で馬連8710円ズバリ的中!5連敗中の1人気だが、今年はサートゥルナーリア、ダノンキングリーの無敗馬が人気を集めるが果たして!?実は競馬セブンでは無敗馬2頭を脅かす人気薄激走情報馬の大駆け情報を独占入手!皐月賞の馬券を買う前に必ず午ご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『皐月賞・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク