【青葉賞2018予想オッズ】有力馬一週前追い切り・馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞に出走を予定している有力馬の1頭、サトノソルタスの馬体診断の記事を。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第157回 天皇賞・春(G1)■

今年も波乱必至の淀の3200M戦。実は競馬セブンでは早くからココ目標の、とある陣営の勝負情報を入手済!今後のGI戦線でも主役になる厩舎の期待馬だけに注目の一戦。また、紙面上では完全無印が予想される激走穴馬の存在をスクープ!波乱の立役者となる激走穴馬の正体とは!?馬券購入前に必ずご確認ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

青葉賞馬体診断

サトノソルタス

新馬戦のパドック

初戦は馬体重480キロでの出走。繋ぎの細長さ、顔つきがまさに父ディープインパクト。筋肉が全体的に薄くついている割にはトモはガッチリとしており、その筋肉量に比例しないほど後脚はすらっと上品に伸びる。

四肢の可動域も素晴らしく全く中心にブレがない。とにかく馬体に隙はなく、この日現地でこの馬を見た瞬間にダービー馬に最も近いと思ったほど完璧すぎる馬。

初戦という事もあり少しだけ遊ぶような仕草もみられるが、主導権はしっかりと握れており、身体全体を使ってリズミカルに周回出来ている。

共同通信杯のパドック

馬体重488キロ、前走からプラス8キロ。久々の競馬だったが仕上がりに関しては甘さは感じない。ただ、甘くないとはいっても良くて8割といったところ。

当然ではあるが重賞のパドックでもとにかく目立つ。脚捌きは軽いが踏み込みはしっかりとしており、久々の割には内面も安定している。

もう少しフォームが沈んで胸前の筋肉量が増えれば、という感じもするが、現時点でここを求めてしまうのはかなり酷な事なので減点材料にはならない。

いつも若い馬に関しては能力よりも経験値が重要と言い続けているが、この馬にはその持論をも覆してくる能力があると思いここでは渾身の◎を打ったが、結果は2着とやはり並みの馬ではない事を証明してみせた。

ただ、新馬戦で感じた筋肉が全体的に薄くついている割にはトモはガッチリとしており、その筋肉量に比例しないほど後脚はすらっと上品に伸びるといった点がここで少し引っかかった。

現時点では肩、胸前の筋肉量が少ないタイプで四肢の可動域などを考えると2400mという距離に関しては何も問題はないとは思うが、これから成長してここにガチッとした筋肉がつき、歩様が少し硬くなったと感じるようなら持ち場はリアルスティールと同じような感じになるのでは?と推測する。

あと今回に関しては前走に続いて経験値も大きなポイントになってくると思うので、この辺りは当日の予想の時に触れる事とする。

一週前追い切り

新馬戦の時はまだまだ頸の使い方などが上手くわかっていない感じもしたが、その辺りはしっかりと改善されていてフォームも綺麗になっている。

ただ、走る事を覚えた事によって悪い意味でがむしゃら感がなくなり、変に動きをセーブしているようなズル賢い一面がみられる。加速しそうなところでなかなか弾けないのは気持ちの面が非常に大きいのではないだろうか。

前走時の最終追い切りではもう少し身体を大きく使えていたので、時計や遅れなどはあまり参考にせず、今回の最終追い切りでも同じようなフォームで走れているかに注目したい。

一週前の動きを見る感じだとまだもう一段階上があるような動き。

予想オッズ

オブセッション 3倍
サトノソルタス 3.6倍
スーパーフェザー  4.4倍
ダノンマジェスティ 4.8倍
エタリオウ 10倍

1人気はオブセッション。前走の弥生賞はある意味参考外と言えるレースなので大きく人気を落とすことは考えられない。厩舎もあってまずこの馬が人気に支持されるか。

続いて2戦目の共同通信杯で2着に入線したサトノソルタスもそう大きな差はないとみる。スーパーフェザー、ダノンマジェスティと前走で結果を残した2頭がそれに続く形となるか。

最後に青葉賞の注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

今回は訳あって注目穴馬とさせて頂きます。ここはかなりの好カードが揃った印象ですが、穴としてはこの馬が面白い。地味ではあるが力は間違いなくあるので極端な枠を引かなければ好勝負になっても。

去年は簡単な予想となりましたが◎アドマイヤウイナーから3頭印を打って本線で3連単を仕留めたレース。先週のフローラステークスに続いて絶好調の東京で2週連続の爆発を狙います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第157回 天皇賞・春(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年から大阪杯がGIに昇格したことで、春の古馬GI戦線は、中距離志向の馬は大阪杯へ、長距離志向の馬は天皇賞・春へと路線が棲み分けがされるようになった。昨年の天皇賞・春にはキタサンブラック、サトノダイヤモンドなど一線級が参戦してきたが、今年はGI馬がシュヴァルグランのみというメンバー構成。やや小粒感は否めないものの、だからこそ「馬券的にはかなり面白くなる」と某関係者は熱っぽく語る。

「キタサンブラックに勝っているのだし、去年2着のシュヴァルグランが実績的にも実力的にも抜けていることは確かだが、前走の大阪杯はペースや展開が合わなかったとは言え、何もできずに大敗してしまったのは気掛かり。それに、リーディング上位厩舎だし今年もそれなりに勝っているけど、友道厩舎は4月に入ってから勝ち星どころか馬券にもなっていない(※4/15現在)んだよね。皐月賞のワグネリアンもあんな結果になってしまったし、ちょっと流れが良くない。些細なことに聞こえるかもしれないが、勝負事だと流れは大事だからね。他馬にも付け入る隙はあると思う」と。

過去に圧倒的1番人気オルフェーヴルが11着と敗れ、145万馬券決着となったこともある波乱含みの1戦ということもあり、絶対的強者が必ずしも勝てる舞台でないことは確か。今年も伏兵が波乱を起こす可能性も決して否定できない。当社シンクタンクでは「最大の伏兵となるのはアノ馬」と一発を狙える【激走穴馬】の存在を既にマーク済。

そこで、今回は特別も特別、シンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、元調教師・平井雄二氏が率いる重賞特捜部がお届けする『天皇賞・春の関係者情報』と、好配当を狙い撃つ『◎-穴1点馬券』を無料公開させて頂く。天皇賞・春の馬券を買う方は、この情報を是非とも入手しておくべきだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第157回 天皇賞・春(GI)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【◎-穴1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク