【青葉賞2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞に出走を予定しているアドマイヤスコール、ウーリリ、カウディーリョ、サトノラディウス、リオンリオンの最終追い切りに関する記事を。

 

なお、土曜の青葉賞、日曜香港で行われるクイーンエリザベス2世カップ、チェアマンズスプリントプライズの予想に加え、天皇賞春の予想に関してはnote内での公開となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

2019年追い切り注目馬

パクスアメリカーナ 1人気1着
ドナウデルタ 6人気9着

グレイスアン 5人気3着
ムイトオブリガード 2人気6着

チュウワウィザード 2人気2着
ジェネラーレウーノ 2人気4着

ランドネ 4人気3着
クインズサターン 5人気3着
ダイメイプリンセス 8人気6着

ヴァンドギャルド 1人気4着
インディチャンプ 1人気1着

タイムフライヤー 5人気8着
ダノンキングリー 3人気1着
クロノジェネシス 1人気1着

ミスパンテール 1人気5着
ソールインパクト 5人気4着
タニノフランケル 1人気2着
ゴールドドリーム 2人気2着

ミスターメロディ 1人気7着
ステルヴィオ 2人気3着

ダノンファンタジー 1人気1着
ナックビーナス 2人気2着
ラストドラフト 2人気7着

ランドネ 6人気13着
エアウィンザー 1人気3着
プールヴィル 3人気1着

ヴァッシュモン 1人気6着
エールヴォア 1人気2着
ステイインシアトル 7人気9着
ロジャーバローズ 2人気7着

マイネルフラップ 4人気5着
ルックトゥワイス 2人気6着
ダノンスマッシュ 1人気4着

ドーヴァー 1人気7着
ペルシアンナイト 3人気11着

ラッキーライラック 1人気8着
メイショウショウブ 3人気2着
シゲルピンクダイヤ 7人気2着

ヴァンドギャルド 3人気9着
アナザートゥルース 6人気1着
ファンタジスト 5人気13着

フローレスマジック 1人気2着
パクスアメリカーナ 4人気3着
セラピア 1人気14着

3点勝負買い目を無料公開

青葉賞最終追い切り

アドマイヤスコール

フォームに大きな乱れは感じないが動きがかなり硬く、可動域がかなり狭く感じる。もともとこの産駒には竹馬気味な馬が多いが、それを差し引いて考えてもちょっと動きがぎこちない。一応前脚は上がっているが、飛節は伸びず、その影響もあってスピードにも乗れていない。力強さにも大きく欠けるような走りで、鈍足な感じがいかにもといった感じ。

ウーリリ

道中身体が少し外へ流れるが、重心は最後まで安定していた。馬体が非常に柔らかく、脚の回転の速さ、脚捌きをみると兄の影響が強く出た馬と言える。走るリズムも非常に良く、馬体の張りや毛艶も良好といった感じなので、シンプルに良い動き、追い切りと言えるのでは。身体の使い方もかなり上手くなっている印象を受けるので、学習能力は相当高い馬と言えるだろう。

カウディーリョ

先週の動きをみる限りでは内面はセーブ出来ているように思えたが、今週は頭が高く口向きも悪い。はみを取る位置も随分と高くなっており、ここに来て気の悪さを出し始めてしまったのは大きなマイナス材料と言えるだろう。馬体の発汗も目立っており、イレ込み気味で走っている点からして2400mという距離はどうだろうか。この馬に関しては動き以上に内面の乱れが気になってしまう。

サトノラディウス

若干動きに硬さがあるが、身体はしっかりと使えているので多少の割り引きとしておく。折り合いを重視した追い切りという事もあって強烈に負荷をかけられた訳ではないが、それでも反応や伸びは上々で、馬体の張りをみても馬はほぼ出来ていると思っていいだろう。スピード感には大きく欠けてしまう走りも、スタミナは豊富で息遣いも良好。

リオンリオン

この産駒らしい可動域の広さが特徴で、身体を大きく使った走りが目に付いていた。身体の使い方も上手く、自分のリズムで最後まで走れている点にも好感が持てるが、長く追われた分、最後は少し脚がバラバラになってしまった。ただ、それでもフォームが大きく乱れるような事はなかったので、これはこれとして大きく割り引くような事はしない。馬体は多少緩いが、前哨戦としての仕上がりとして考えると悪いものではないのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

土曜の青葉賞、日曜香港で行われるクイーンエリザベス2世カップ、チェアマンズスプリントプライズの予想に加え、天皇賞春の予想に関してはnote内での公開となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第159回 天皇賞春(G1)

エタリオウ?フィエールマン?
ユーキャンスマイル?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

春の古馬中長距離路線は、大阪杯がGIへと昇格し、更にはドバイや香港といった海外も選択肢に入るのが当たり前の時代となった。かつては王道だった春の天皇賞も、以前よりも長距離色の強いメンバーが揃うようになったが、近年は距離適性以外の理由による出走も増えている。それが、大手生産者グループによる“使い分け”だ。

その筆頭と言うべき存在が、今年も大阪杯、桜花賞、皐月賞とGI3連勝中のノーザンファームだ。ノーザンファーム天栄、ノーザンファームしがらきなど、今やトレセンをも凌駕する規模の育成施設を持っているため、若手調教師の間を中心に、「牧場(外厩)主導の仕上げ」を飲み「ローテーションを始めとした育成方針の決定権」を譲ることも当たり前となっている。また、ノーザンファームで修行していた経験のある調教師も多くなっており、その影響力は日増しに強くなっている印象だ。

今年の天皇賞は、シャケトラが不運にも1週前追い切り後に故障を発生してしまったものの、エタリオウ、フィエールマン、ユーキャンスマイルなど、有力馬の大半がノーザンファーム生産馬といった様相。必ずしもノーザンファーム生産馬が馬券になるとは言えぬが、的中を掴むためには、その思惑を把握しておく必要があることは確かな事実である。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、外厩施設に取材が及ばないため、その思惑を明確に掴むことはホボ不可能であり、マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様だ。

当然、弊社シンクタンクは外厩からの情報も重要視しており、早い段階で牧場・外厩関係の情報を入手できるよう情報網を構築してきた。つまり、一般ファンでは入手できない情報も掴んでいるというわけだ。

結論に関しては、直前までしっかりと情報収集してお伝えするが、既に情報ルートから天皇賞の情報が続々と入ってきており、「最大の伏兵」となり得る激走穴馬の存在にも目星をつけている。この馬が“高配当馬券の肝”となる可能性は十分と睨んでいる。そこで、今回は特別に天皇賞の“高配当馬券の肝”である激走穴馬を含めた情報注目馬5頭を無料公開する。天皇賞の馬券を獲りたい、高配当、万馬券を狙いたい方は、ぜひともチェックしておいて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第159回 天皇賞春(G1)

エタリオウ?フィエールマン?
ユーキャンスマイル?
【情報注目馬5頭】を無料公開

ココをクリック!

 

スポンサーリンク