【青葉賞2020予想】本命フライライクバード

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞の予想を。フィリオアレグロ、オーソリティ、フライライクバード、メイショウボサツ、ディアスティマなどが出走する芝2400mのG2レース。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

土曜は重賞以外にこれといって買いたいレースが見当たりませんが、暇すぎてその他のレースも予想してしまいそうな勢いですので、もしかしたらサプライズでの追記があるかもしれません。

その場合はこちらに適当に追記しますが、ギリギリで余裕がない場合や、買いたいレースがない場合は見送ります。

※13:00追記

天王山ステークス

まだ全レース見送っていますが、予想は好調です(いつものように買えば当たらないと思いますが)。とりあえずパドックを見て追記すると時間がギリギリになってしまうので、京都メイン、天王山ステークスを軽く予想してみました。

ヴァニラアイス

内で揉まれて負荷をかけないと良さが出ないタイプなので、ここ2走の外枠から今回の内枠替わりはプラス材料の本馬が人気的にも狙い目とみる。エアアルマス、テーオージーニアスなど、重賞実積のある馬と差のない競馬が出来る馬なので、ハンデ54キロは明らかに恵まれた。

単勝やバイラタテヤマなど中穴を加えた3連複を購入したいが、仮に人気馬を連れてきた場合でも馬連辺りで十分回収出来そうなレース。

天皇賞・春穴馬3頭

天皇賞・春(GI)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

天皇賞・春(G1)を無料で見る

青葉賞

本命はフライライクバード

勝ち上がるまでに4戦を要したものの、距離を延ばして臨んだその4戦目の内容が非常に素晴らしく、これまでの詰めの甘さが嘘のような豪快な勝ち方で他馬を圧倒した段階で青葉賞で好走するイメージが強く頭に残った。

当然のように期待した前走のアザレア賞では直線で横の馬がぶつかってくる不利はあったが、馬なりで楽々抜け出すとそのまま最後まで手応えを残しながらおいでおいでの競馬で余裕の勝利と、やはり長距離路線なら重賞でもやれるだけの力があるのは間違いないと言える。

距離を延ばして良さが引き出た点や使いつつ馬体をつくり、時間をかけて徐々に力をつけてきた点がいかにもダービートライアル向きというタイプで、母シングライクバードも現役時代に2400mのレースでは1.2.1.2とそれなりに安定した成績を残していたので、その血を引いている本馬もこの距離に関してはツボの可能性が高いと言えるだろう。

今回は一気の相手強化、それもダービートライアルになるので、ここ2戦のような楽な競馬にはならないと思うが、今の充実度と勢い、そして舞台設定を考えるとまず好勝負に持ち込んでくると思うので、上位が拮抗したようなオッズで買えるなら馬券はここから組み立てる形が正解なのでは。

対抗は人気ブログランキングへ

重賞となると少し足りない気もするのでまだまだ雑巾がけが必要な感じもするが、前走のレース内容からすると距離は延びてこそのタイプだと思うので、距離延長に加えて得意の左回りでの競馬ならある程度相手が強くなっても上位に食い込めるだけの存在と言えるだろう。

とにかくこの産駒は溜めれば切れるタイプが多いので、ある程度差しが決まる展開になれば終いは確実に伸びてくるとみた。

▲にフィリオアレグロ

共同通信杯は馬場が向いた事も好走に繋がっていると思うが、1戦1勝で臨んだ一戦だった事を考えると見た目以上に価値のある結果で、上位には離されてしまったが外からしっかりと脚を使って伸びてきた辺りがこの馬の能力の高さと言えるだろう。

本格化するのはもう少し先になる馬かもしれないが、秘める能力は兄にも引けを取らないものを感じるので、今回はセンスとエンジンの違いだけでダービーへの切符を手にする可能性は十分考えられる。

☆にディアスティマ

派手さはないが、レースセンスが高くどんな馬を相手にしても大崩れする事なく安定して走ってくる馬なので、ダービートライアルとなる今回もそれなりの着順は拾ってきそう。当初はここまでの印を打つ予定ではなかったが、追い切りの内容が抜群だったので、この馬に関しては次というよりもここを全力で、という気持ちが強いのでは。

◎フライライクバード
人気ブログランキングへ
▲フィリオアレグロ
☆ディアマンテ
△ブルーミングスカイ
△ヴァルコス
△オーソリティ
△ディアマンミノル

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

かつては春の古馬最強馬決定戦だった春の盾だが、長距離レースの価値が落ちたことに加え、ドバイや香港、オーストラリアといった海外遠征や、極めつけは大阪杯のGI昇格により、より長距離色の濃いメンバーが揃うようになった。

ただ、長距離適性以外の理由でココに駒を進める馬も少なからず存在する。それは、大手生産牧場による“使い分け”だ。

今年も、大手生産牧場の代表となるノーザンファームから、去年の覇者フェエールマンを筆頭に、多数の有力馬が出走を予定している。その思惑が馬券攻略のポイントの1つなるだろう。

しかし、マスコミが取材をするのはトレセン内、今やそれすら満足にできていない現状。外厩施設にも取材が及ぶことはなく、馬券攻略のポイントを把握することは極めて難しい。マスコミの情報を頼りにする一般ファンも同様で、世間的に春の天皇賞が難解と言われるのも当然の話なのだ。

さらに言えば、年間唯一の芝3200mで行われるため、データの数が少なく、過去の戦績などもアテにすることができず、一般ファンが入手できる情報では攻略の糸口を見つけることすら困難。

事実、過去10年の春の天皇賞では1番人気が2勝2着1回と、連対率は全GIの中でワースト、10万馬券決着以上が7回はGIの中でも突出した数字となっている。

つまり、大多数の人間が的中馬券を掴めていない、一般ファン泣かせの難解なレースなのだ。

弊社シンクタンクには、電話、メール、LINEなどで個別に連絡を取れるほど、各界の関係者と親密な関係を築いている情報ルートが多数在籍。どんな状況、どんなレースでもしっかりとジャッジできる情報網を構築している。

天皇賞の重要なポイントとなる情報も既に入手しているが、レース直前まで鮮度の高い情報がシンクタンクには入ってくる。そこで、今回は、天皇賞の関係者情報に加えて、馬券が簡単に絞れる【情報注目馬5選】も特別無料公開。この機会をお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第161回 天皇賞(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク