【青葉賞2021予想】天王山ステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、青葉賞の予想を。ワンダフルタウン、モンテディオ、アオイショー、キングストンボーイ、レインフロムヘヴンなどが出走する芝2400mのG2レース。

なお、こちらの青葉賞の予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【青葉賞2021予想他】5月1日勝負レース

先週は勝負レースを公開して以来、最低の結果となってしまいましたが、その反省を活かしてめげずに攻めた週中の地方で強烈な払い戻しを得る事が出来ました。

羽田盃予想結果

1着◎トランセンデンス
2着▲アランバローズ
3着☆ランリョウオー

馬連 2,520円

3連単 30,580円

ブリリアントカップのような超ド本線、一撃80万オーバーとはいきませんでしたが、ほぼ狙い通りの本線的中、超回収。

このオッズなら3連複を購入する手もあるが、自分はもう一度半帯を狙ってあえて強気な馬券で攻めると書いたように、ここはその強気な馬券がハマっての大勝利となりました。

このまま勝ち逃げしたい気持ちはあるにはありますが、当然今週もいつものように勝ち逃げする事なく土日共に強気に攻めます。

【青葉賞2021予想他】5月1日勝負レース

月が変わればツキも変わる。

勝負レースを公開して以降、ここまで大きな不調期を迎える事なく数ヵ月が経過していますので、先週はかなり短い不調週だったと考えると今週はサクッと捲れるタイミングでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大阪杯モズベッロに桜花賞ファインルージュと穴馬好走ラッシュ!

主役不在、混戦模様の天皇賞春もお任せください!

【天皇賞春注目穴馬】

桜花賞注目馬5選

ファインルージュ(8人気)→3着
ソダシ(2人気)→1着
アールドヴィーヴル
ソングライン
サトノレイナス(1人気)→2着

フラワーカップ注目馬5選

ホウオウイクセル(5人気)→1着
エンスージアズム(2人気)→2着
ルース
ユーバーレーベン(1人気)→3着
イズンシーラブリー

フィリーズR注目馬5選

エルカスティージョ
シゲルピンクルビー(8人気)→1着
ヨカヨカ(2人気)→2着
ララクリスティーヌ
オパールムーン

中山牝馬S注目馬5選

リアアメリア
ドナアトラエンテ
ロザムール(5人気)→2着
ランブリングアレー(7人気)→1着
サトノダムゼル

【天皇賞春注目穴馬】

天王山ステークス

人気ブログランキングへ

前走に続いての本命となるが、今回も前走に続いて好枠を引き当てる事が出来たので、ゲートを決めて上手く流れに乗れば勝ち負けになる一戦だろう。1頭強そうな馬はいるが、この条件ならポカがありそうな気もするので、人気を考えると買いたくなるのはこちらという事になる。

ジャスパープリンス

得意の阪神での競馬は当然プラスになるが、引き当てた枠が枠なだけにゲートを決める事が出来なければ揉まれて終了という可能性も十分考えられるので、この馬に関しては今回は能力以上にスタートがカギを握っている。

スズカコーズライン

コース、ローテ、枠と買い材料は揃っているが、ハンデ58キロは正直走ってみないと何とも言えないので、ここは本命にしたい気持ちはありつつも様子見の3番手としておく。

ジェネティクス

阪神ダート1200m戦なら変に嫌う必要はないかもしれないが、ジャスパープリンスがゲートを決めて前半から出していく競馬を選択した時に自分の形に持ち込めないというパターンに期待してみる。ただ、気分を害する事なくすんなり先行出来ればアッサリか。

人気ブログランキングへ
〇ジャスパープリンス
▲スズカコーズライン
☆ジェネティクス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

青葉賞の予想や土曜の勝負レースの予想はnote内で公開しています。

【青葉賞2021予想他】5月1日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

ここ2年はフィエールマンが連覇しているがリピーターの好走が目立つレースでもある。過去10年でもフィエールマンを筆頭にシュヴァルグラン(18年2着・17年2着・16年3着)、キタサンブラック(17年1着・16年1着)、カレンミロティック(16年2着・15年3着)、フェノーメノ(14年1着・13年1着)、ウインバリアシオン(14年2着・12年3着)など馬券圏に入り3頭が連覇している。

過去10年の上位人気馬の成績は1人気【3.1.0.6】・2人気【4.0.2.4】・3人気【0.4.1.5】。上位人気馬で7勝しているが1人気で勝ったのは20年19年を連覇したフィエールマン、17年キタサンブラック3頭のみ。単勝1.3倍のオルフェーヴル、ゴールドシップなども馬群に沈んでいるように波乱が多い長距離GIである。

また、20年スティッフェリオ(11人気2着)、16年カレンミロティック(13人気2着)、15年カレンミロティック(10人気3着)、14年ホッコーブレーヴ(12人気3着)、12年ビートブラック(14人気1着)などの伏兵馬が好走し波乱を演出している。

平均配当でも馬連1万0940円、3連複3万0540円、3連単25万6410円。馬連3桁配当はなし、馬連万馬券が2度、3連単10万馬券以上が6度、3連単最高配当は145万2520円の特大馬券が出ており波乱が多いGIレースである。

過去10年のステップレース別の成績(3着以内)では日経賞【2.3.3】、大阪杯【3.3.0】、阪神大賞典【3.3.5】、京都記念【0.1.1】、AJCC【1.0.0】、ダイヤモンドS【0.1.0】、有馬記念【1.0.0.0】。日経賞・大阪杯・阪神大賞典の3レースから好走馬が多い。

今年はGI馬の出走がワールドプレミア、マカヒキ2頭のみと小粒なメンバー構成。人気になるのは昨年の菊花賞でコントレイルの2着したアリストテレス、阪神大賞典で5馬身差の圧勝劇を演じたディープボンド、一昨年の菊花賞馬ワールドプレミアだが、波乱要素が多い長距離GIでもあり今年も大波乱になる可能性は高い。

実は競馬セブンでは有力馬を脅かす隠れ穴馬の激走情報を極秘入手済!人気薄確実な隠れ穴馬を馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞春・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第163回 天皇賞春(GI)>

アリストテレス・ワールドプレミアを
脅かす隠れ穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク