【アルテミスステークス2018予想オッズ】グレイシア、アフランシール馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、アルテミスステークスに出走を予定している有力馬、グレイシアとアフランシールの馬体診断の記事を。

最近は調教の記事ばかり書いていたのでなんだかんだ久々の馬体診断の記事となりました。古馬に関しては初物じゃない限り今更書いても意味がない事が多かったりもしますし、調教である程度動き、馬体は判断出来るので直接馬券に活かすならやはり調教で馬を見る方に分があると思います(事前に状態面を把握出来るという意味でも)

ただ、若い産駒に関しては今後の馬券に活かせる事も沢山ありますし、種牡馬別に特徴をある程度把握出来ていれば共同通信杯やセントライト記念のように馬体だけで馬券を取れたりもしますので、馬体診断が役に立ちそうな場面があれば今後も出していこうと思っています。

天皇賞・秋に関する記事はこちら

アルテミスステークス馬体診断

グレイシア

新馬戦のパドック

初戦は448キロでの出走。デビュー前から馬体の良さが目立っていた1頭なので当然初戦から期待していた馬ではあるが、この日は気持ち線が細く感じる。それでも頸差し、胸囲の広さとこの産駒の遺伝して欲しい部分はしっかりと遺伝しており、やや臆病な点は母父ホワイトマズルの影響が濃く出た為か。

ダイワメジャー産駒に関しては何度も書いているように、とにかく父似に出た馬がダントツで走る傾向があるので、遺伝して欲しい部分が最低限馬体に反映されているのは当然プラスになるが、この馬のポイントは母父ホワイトマズルの影響が気性面に強く出ている事だろう。

ホワイトマズルの代表産駒と言えばシルポート、イングランディーレ、ビハインドザマスク、スマイルトゥモローといった馬が頭に浮かぶか、どの産駒も極端な競馬を好む傾向があり、シルポート、イングランディーレは大逃げ、それとは真逆にビハインドザマスク、スマイルトゥモローは後方一気といった感じで、いい意味でバカっぽい性格がウリの馬。

父ダイワメジャー産駒の特徴である肺活量の大きさ、そして肩甲骨の発達を考えると、このホワイトマズルの血がある程度性格に反映されれば、よりダイワメジャーの良さが引き出されるという事になるので、この2点が上手く噛み合っている本馬が駄馬な訳がなく、初戦で逃げて結果を残し、2戦目では最後方からの競馬でぶっこ抜いた事もホワイトマズルの血があってこその芸当だと言える。

アスター賞のパドック

馬体重450キロ、前走からプラス2キロでの出走。馬体重こそ大きく変わらないが、一度使われた事で馬体全体に薄い筋肉がつき、ダイワメジャー産駒らしいトモの上部がしっかりと発達してきた。少しピリッとした性格をしているが、先ほど触れたように極端な競馬を好む傾向がある馬なので、これぐらい内面が表に出ていた方が良さを引き出しやすい。

ただ、この性格なので当然のように波があり、特に気性面で苦労してしまう牝馬になるといきなり無となる可能性も十分考えられるタイプ。お嬢様気質がある馬は厳しいレースになれば全く良さを発揮出来ずに終わってしまう事も多々みられるので、フルゲートとなりそうな今回は隙があるとすればそこでは。出来れば極端な枠が欲しい。

アフランシール

新馬戦のパドック

初戦は474キロでの出走。こちらの馬もデビュー前から馬体が目立っていた事から大きく注目していた1頭で、ハーツクライ産駒にしては随分と完成度が高い馬体。薄い皮膚、そして馬体全体に筋肉がまんべんなく分布したタイプで、頸のラインと胴の長さがいかにもこの父らしい。

ゆったりとしたフォームで広い可動域、スッキリとした繋ぎ、菅からするとややスピード寄りにでた馬。ハーツクライっぽさはあるが、距離が延びてこそというタイプではない事は確かで、何よりこの母の産駒らしい勝気な一面を持った馬と言える(この点は札幌2歳ステークスのパドックで)

札幌2歳ステークスのパドック

馬体重484キロ、前走からプラス10キロと大きく馬体重を増やしてきた。それでも太め感は全くなく、トモや肩の筋肉がボリュームアップしているので、完全に成長分と思っていい。

この日は現地で馬を確認したが、一度使われた事でかなり内面が活性化しており、出てきた時はテンションが高すぎるのでは、と思うほど馬がヒートアップしていた。

周回を重ねると落ち着きを取り戻すもやはり肩や頸あたりを見ると少し力んでおり、返し馬やレースでもそうだったが、初戦とは違って行きたがる面をみせていた。ここがいかにもこの母の産駒らしいので、今回距離を短縮してくるのは面白いだろう。

現在デビューした2歳牝馬の中ではトップクラスの好馬体馬で、当然完成度が高いからという事も影響しているが、トモの薄さやキ甲をみてもまだまだ馬は成長する。初戦のレース内容も素晴らしく、あのパフォーマンスを考えると本来の持ち場を使われて本領発揮というパターンは十分考えられる。

予想オッズ

1 グレイシア 2.8
2 ミディオーサ 3.9
3 シェーングランツ 5
4 ミリオンドリームズ 7.8
5 ビーチサンバ 11.5

1人気は2戦2勝のグレイシアで間違いなさそう。どちらのレースも異なる競馬で圧勝しており、着差通りの能力の持ち主と思っていいか。

最後にアルテミスSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは今のところ本命候補は2択になりますが、走る確率で言えば断然こちらでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第158回 天皇賞秋(G1)>

混戦ではない!断然1強!
【鉄板◎】の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

キタサンブラック引退後、GI戦線で主役を張る王者が不在。春の古馬GIでは大阪杯スワーヴリチャード、天皇賞春レインボーライン、宝塚記念ミッキーロケットなど、レースごとに優勝馬が異なり不動の軸馬はいない現状だ。

秋の王道GI3戦、天皇賞秋、ジャパンC、有馬記念と続くが、どのレースに照準を合わせているか、陣営の思惑が的中へのカギとなる。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。危険な人気馬、人気薄情報馬の大駆け情報など出走各馬の陣営の本音話も入手済!

ここ3年はキタサンブラック、モーリス、ラブリーデイが1人気で優勝したが、昨年は13人気レインボーラインが3着、15年には10人気ステファノスが2着し波乱となっている。実は今年も人気にならない激走情報馬の存在が!公にはならないごく一部の関係者しか知り得ない勝負ネタ!

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第158回 天皇賞秋(G1)>

混戦ではない!断然1強!
【鉄板◎】の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク