【アルテミスステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、アルテミスステークスに出走を予定しているオータムレッド、オムニプレゼンス、カイアワセ、ショウナンハレルヤ、ビッククインバイオ、ラインオブダンス、リアアメリアの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 リアアメリア 1.6
2 サンクテュエール 3.2
3 オータムレッド 7.4
4 ラインオブダンス 12.1
5 ルーチェデラヴィタ 15.7

ここはかなり危なそうな人気馬がいるレースなので、案外美味しい配当にありつけるのではないだろうか。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着

アルテミスステークス最終追い切り

オータムレッド

まだ身体を上手く使えていない幼さの残る動きではあるが、身体の使い方や走るリズムは悪くは感じない。ただ、地面を蹴る力は弱く、馬体もまだまだ緩さが残っているので、完成するのはもう少し先になるだろう。

オムニプレゼンス

内面にスイッチが入っていてキビキビとした動きが目に付くが、追われた時の反応や乗った時のスピードはイマイチ。楽な手応えのままだった調教パートナーにもあっさりと遅れを取ってしまい、最後は脚も上がりそうになっていた。完成度は低くないが、動きはこれといって目立たなかった。

カイアワセ

頭が高くに頸に余計な力が入っているが、重心のブレやフォームの乱れは感じない。早い段階から負荷をかけられてスピードに乗るが、最後まで全く脚色が衰える事なく走り切っているので、この馬の一本調子な面が活きるような舞台であれば怖さがある一頭と言えるか。

ビッククインバイオ

内面が表に出すぎている事もあって前半は癖を見せる場面も見られるが、最終的には調教パートナーをぶっちぎって置き去りにしており、ちぐはぐな内容になりながらも走り切れた点を褒めたい追い切り。フォームは乱れるも脚捌きは安定しているので、ここに入れば完成度は高い部類と言えるだろう。以前も書いたようにこの馬は追いかけても損はない。

ラインオブダンス

馬体の甘さと走りの幼さが全面に出ており、可動域の狭さと脚の硬さがいかにもという感じか。馬体はなかなか映えるが、まだ身体の使い方を分かっていないような感じがするので、完成するのは来年の秋以降になりそう。

リアアメリア

緩い追い切りとなったが、身体を大きく使った豪快な動きは2歳馬とは思えないほど素晴らしいと感じるもので、柔軟性やラストのスピードがいかにもディープインパクト産駒という感じ。

脚捌きには適度に力強さもあり、飛節の伸びやトモの張りを見ると牝馬とは思えない程発達している。完全につくってきた感はないが、久々とは思えないほど馬は出来ているので、普通に力は出し切ってくるとみた。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは文句なし。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第160回 天皇賞秋(G1)>

アーモンドアイ・サートゥルナーリア
を脅かす穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年の天皇賞(秋)は史上最高のメンバーが揃ったと言っても過言ではないほどのタレント揃い。まずは五冠牝馬のアーモンドアイ。昨年は牝馬三冠を達成した勢いそのままに、ジャパンCも世界レコードで圧勝。今春のドバイシーマクラシックでは世界の頂にも立ち、名実共に日本最強馬の座に立った。前走の安田記念は大きな不利があり3着に敗れたが、負けて強しの内容。ノーザンF天栄仕上げで休み明けも問題なく、ココは復権を懸けて負けられないところ。

「アーモンドアイを負かすなら」と期待を懸けられているのが、今年の皐月賞馬サートゥルナーリア。ダービーは出遅れが響き4着に敗れたものの、秋初戦の神戸新聞杯を上がり32秒3という究極の瞬発力で大楽勝。秘めたポテンシャルは間違いなく国内トップクラスであるだけに、古馬との初対戦も問題にはならないだろう。

その他、4歳世代の筆頭格で巻き返しを図るダノンプレミアムや、同世代のダービー馬ワグネリアン、更には宝塚記念3着からの参戦となる大阪杯勝ち馬のスワーヴリチャード、毎日王冠2着で左回りの安定感が光るアエロリットなど、現役トップクラスのメンバーが一堂に会する、超ハイレベルな一戦になることが予想されている。そんな混戦模様のレースでこそ輝くのが競馬情報サイト「競馬セブン」だ。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『天皇賞秋・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク