【アルゼンチン共和国杯2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、アルゼンチン共和国杯に出走を予定しているオジュウチョウサン、ノーブルマーズ、ムイトオブリガード、ルックトゥワイス、パリンジェネシスの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着

先週の追い切り注目馬はどちらも断トツ人気でしたが2戦2勝。先々週の富士ステークス、菊花賞も馬券を含めて上手くいきましたので、今週もこの調子で連勝を重ねていきたいと思いますのでご期待ください。

アルゼンチン共和国杯最終追い切り

オジュウチョウサン

先週がまだ軽めの追い切りだったという事もあって今週は3頭併せでしっかりと負荷をかけてきた。先週の動きと比較すると脚の出し方やトモの緩さはかなり改善されており、追われた時の反応もまずまずといった感じ。

ただ、前向きさは相変わらずで、ある程度強めに追われての反応という事を考えるとやはり以前のような素軽い動きには程遠いと言えるか。やれるだけの事はやったのかもしれないが、衰えは隠せないというのが現状では。

ルックトゥワイス

単走の軽めの追い切りではあるが、久々の割にはすっきりとした馬体とスムーズな脚捌きが目に付く。時計や動きは平凡も、もともと追い切りで動くようなタイプではないので、今回は大きな癖がない点を評価すべき追い切りと言える。

少し気持ちが表に出すぎている感じもするが、折り合いに苦労するような場面も見られないので、このまま気持ちをセーブしてレースに向かう事が出来れば力は出せるだろう。

ノーブルマーズ

頭が高く外へ刺さっている点は相変わらずも先週からある程度動きは改善されており、重心やフォームの乱れは一切感じない。脚もとにも力強さが戻っており、真っ直ぐ安定して走れている点は素直に評価出来る。想像していた通り前走からの上積みはありそうなので力は出せる出来にあるだろう。

ムイトオブリガード

フォームは沈まないが頸の可動域は狭い訳ではない。動きが小さくこじんまりとしているように思えるが、直線では大きく先行していた内の馬をまとめて面倒をみてしまったように、スイッチが入った時のスピード感は抜群だった。馬体にもう少し厚みは欲しいが、内面を含めて馬は8割出来ているだろう。

パリンジェネシス

先週の段階である程度負荷をかけて時計も出しているので今週は上がりだけ伸ばす軽い内容。頸の可動域は少し狭く感じるが、身体全体を使いながらゆったりとしたフォームで走れており、以前の軽さが戻っている点はそれなりの評価が必要となるか。ただ、今回もゲートを不安視する声があるだけに状態面よりもこちらが課題となるのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

動き通りならまずやれる。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 ア共和国杯(G2)>

有力馬を脅かす激走穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は1人気[4.1.0.5]、2人気[3.1.0.6]、3人気[2.1.5.2]と安定した成績を残している。平均配当では、馬連2900円、3連複1万8060円、3連単11万9680円と3連系で高配当が出ている。近年では大荒れ傾向はないが09年には11人気ミヤビランベリが1着、10人気ヒカルカザブエが3着で92万馬券が出ているように荒れるハンデ重賞でもある。

ステップレース別の成績では1600万組が6連対(2勝)、オールカマー組が5連対(2勝)、アイルランドT組が(2勝)、他、ダービー組(1勝)、宝塚記念組(2勝)、札幌記念組(1勝)となっておりオールカマー・1600万組の好走が目立つ。

今年は目黒記念で初重賞制覇を成し遂げたルックトゥワイス、昨年の2着馬ムイトオブリガード、目黒記念2着馬アイスバブルやオジュウチョウサン、チェスナットコートなどが参戦。多くのGⅠ馬を輩出しているハンデ重賞だが今年はどの馬が勝ち名乗りを挙げるのか。

直近のアルゼンチン共和国杯は
18年 馬連 910円・3連複1万3560円ダブル的中!
16年 馬連11110円・3連複1690円・3連単8290円パーフェクト的中!
15年 馬連1460円・3連複3990円・3連単1万4570円パーフェクト的中!
14年 馬連1510円・3連複3310円・3連単1万4480円パーフェクト的中!
12年 馬連1060円・3連複3130円・3連単1万2740円パーフェクト的中!

ここ7年で5度的中ドル箱重賞。今年も確信の本命馬◎から万券獲り宣言!
週末情報はお見逃しの無いようご注意下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アルゼンチン共和国杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク