【アルゼンチン共和国杯2019予想】+みやこステークス

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、アルゼンチン共和国杯の予想を。アフリカンゴールド、ルックトゥワイス、ノーブルマーズ、オジュウチョウサン、ウインテンダネスなどが出走する芝2500mのG2レース。

一昨年は◎ソールインパクトで的中(おそらくこの年は重賞4つ全て当たった記憶があるような無いような…)、去年は自信の◎パフォーマプロミス〇ムイトオブリガードでド本線的中と言いたいところですが、まさかの痛恨の相手抜けをくらったレース。

レース後に間違って購入した馬券が当たっていたというミラクルこそありましたが、3連単を引っかけられなかったのは本当に痛かったです。

今年も印上位馬は案外あっさりと決まったので、後は相手抜けや縦目をくらわないように頑張ります。

因みに土曜の競馬はファンタジーステークスはある意味予想通りかすりもせずでしたが、得意の東京1400m戦で行われた京王杯2歳ステークスは〇タイセイビジョン△ビアンフェ◎ヴァルナで無難に3連単を的中。出来れば本命馬の2着の馬券が欲しかったですが、日曜の競馬に繋がる結果にはなりましたので、今週は地方込みでどこかで一撃が出せたらと思います。

まずは本題の前に京都メイン、みやこステークスの予想を軽く。

みやこステークス

人気ブログランキングへ

どちらかといえば脚抜きの良い馬場で競馬がしたいタイプなので今の京都の馬場はプラスとは言えないかもしれないが、前走の内容が圧巻だったこの馬が本番に向けてしっかりと賞金を加算してくるだろう。

アルゼンチン共和国杯

本命はタイセイトレイル

オープンクラスに上がってからは勝ち切れない競馬が続いているが、グリーンステークスではまともであれば重賞での活躍に期待が持てたマイネルヴンシュを外から余力を残したまま差し切っており、この時3着以下に付けた着差や勝ち方を考えると本馬の能力もまず重賞級と言えるのではないだろうか。

前走で上位に入線した馬のレベルもそれなりに高く、勝ち馬のポンデザールは勿論だが、5着のドレッドノータスが次走の京都大賞典で人気薄ではあったが数々の重賞実績馬を相手にしながら勝利しており、先行馬が差し馬に飲み込まれる展開の中で55キロを背負いながら3着に残した内容は見た目通りの強い競馬だったと言える。

相手を考えるとハンデは決して恵まれたとは言えないかもしれないが、それ以上に鞍上の大幅強化が魅力で、これまで24以上の距離では(3.2.3.0)と全て馬券圏内をキープしているので、いきなりの重賞でも好勝負に持ち込んでくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

これまで何度もお世話になっている馬なので今回も本命にするか最後の最後まで迷いはしたが、枠順やコース適性を考えるとどうしてもタイセイトレイル以上の魅力を感じる事が出来なかったので、ここは泣く泣く対抗止まりとなってしまった。ただ、前走の内容も決して悪くはなかったので、いつものこの馬の競馬が出来ればまず着順を上げてくるのではないだろうか。

▲にアフリカンゴールド

去年条件戦を連勝した頃から後々は重賞でもと思っていた馬なので枠、コース、距離と条件が全て揃った今回は重賞のタイトルに手が届く大チャンスと言えるだろう。当初は人気次第ではもう少し厚めの印を打つ予定ではあったが、鞍上がまさかのルメールという事なので一応の3番手で様子を見る事にした。

☆にトラストケンシン

枠の差もあるので条件を含めて考えるとここはムイトオブリガードを上に取るのが正解なのかもしれないが、近走のレース内容と勢い、ハンデ差を考えてこちらを4番手にしたい。前走はアフリカンゴールドに完敗だったが、今回はハンデが1キロから2キロ差になるので、同じぐらい走る事が出来れば着差は縮まるのでは。後は個人的に相性が最悪な鞍上次第といったところ。

◎タイセイトレイル
人気ブログランキングへ
▲アフリカンゴールド
☆トラストケンシン
△ポポカテペトル
△パリンジェネシス
△ムイトオブリガード
△ルックトゥワイス
△ハッピーグリン

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第57回 ア共和国杯(G2)>

有力馬を脅かす激走穴馬の正体は!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年の上位人気馬の成績は1人気[4.1.0.5]、2人気[3.1.0.6]、3人気[2.1.5.2]と安定した成績を残している。平均配当では、馬連2900円、3連複1万8060円、3連単11万9680円と3連系で高配当が出ている。近年では大荒れ傾向はないが09年には11人気ミヤビランベリが1着、10人気ヒカルカザブエが3着で92万馬券が出ているように荒れるハンデ重賞でもある。

ステップレース別の成績では1600万組が6連対(2勝)、オールカマー組が5連対(2勝)、アイルランドT組が(2勝)、他、ダービー組(1勝)、宝塚記念組(2勝)、札幌記念組(1勝)となっておりオールカマー・1600万組の好走が目立つ。

今年は目黒記念で初重賞制覇を成し遂げたルックトゥワイス、昨年の2着馬ムイトオブリガード、目黒記念2着馬アイスバブルやオジュウチョウサン、チェスナットコートなどが参戦。多くのGⅠ馬を輩出しているハンデ重賞だが今年はどの馬が勝ち名乗りを挙げるのか。

直近のアルゼンチン共和国杯は
18年 馬連 910円・3連複1万3560円ダブル的中!
16年 馬連11110円・3連複1690円・3連単8290円パーフェクト的中!
15年 馬連1460円・3連複3990円・3連単1万4570円パーフェクト的中!
14年 馬連1510円・3連複3310円・3連単1万4480円パーフェクト的中!
12年 馬連1060円・3連複3130円・3連単1万2740円パーフェクト的中!

ここ7年で5度的中ドル箱重賞。今年も確信の本命馬◎から万券獲り宣言!
週末情報はお見逃しの無いようご注意下さい!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『アルゼンチン共和国杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク