【朝日杯フューチュリティステークス2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、朝日杯フューチュリティステークスに出走を予定しているサリオス、タイセイビジョン、ビアンフェ、プリンスリターン、ペールエール、レッドベルジュールの最終追い切りに関する記事を。

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着
ミヤマザクラ 2人気2着
ムイトオブリガード 7人気8着
リッジマン 2人気11着
チュウワウィザード 5人気4着
ショウナンバッハ 10人気4着
クラヴァシュドール 3人気3着

先週の追い切り注目馬はクラヴァシュドールが何とか3着を確保しましたが、やはりショウナンバッハの4着が痛恨でした。馬券もここから組み立てていたので痛すぎる着順でしたが、今年もまだまだ勝負出来そうなレースがありますので、そちらで何とかやり返したいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第71回 朝日杯FS(G1)>

来年のクラシックに向けて重要な一戦となるが、競馬セブンでは確信の本命馬◎から的中予告!陣営が「勝てる」と豪語する確勝級の勝負馬とは!?さらに、人気の盲点となり出走する、とある厩舎の勝負情報を独占入手!人気薄濃厚の激走穴馬が馬券に絡めば万馬券間違いなし!週末情報は絶対にお見逃しの無いようご注意ください!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

朝日杯フューチュリティステークス最終追い切り

サリオス

頭が高く道中は折り合いに苦労する場面がみられる。胸も広く脚と頸を出すタイミングも全くあわないちぐはぐな内容で、前半で無駄なエネルギーを消費してしまった事で最後まで脚が持たずに調教パートナーに遅れを取ってしまう。

先週の動きもかなり微妙だったので、人気を考えるとちょっと印の付け方に困る馬ではあるが、個人的な評価は先週と変わらずとだけ書いておく。

タイセイビジョン

前半は少しヨレるも後半エンジンがかかれば真っ直ぐ安定した走りで駆け抜ける。可動域も広く、地面を蹴る力もそこそこで、先週の追い切りと総合して考えれば仕上がりは上々と言えるのでは。ラストの反応も良かったので、後はこの馬の武器である前向きさがどう出るか。

ビアンフェ

前半の動きは確認出来ないが、後半は力強くパワフルに動けている。胸と肩、トモの筋肉量も豊富で、身体全体を使って走れている点にも好感が持てた。ただ、いい意味でも悪い意味でも母似のタイプなので、今回の距離延長はどうか。

プリンスリターン

動きは硬いが一応身体は使えた走り。それでも頸差しのラインはいかにも短距離馬という感じで、トモの大きさを見ても短い距離が合うのは間違いないだろう。後半は馬なりの調教パートナーに遅れを取った点も気になるポイントで、最終追い切りではこれといって推せる要素は見当たらなかった。

ペールエール

重心は多少ブレるが雄大なフットワークと豪快でパワフルな動きが目立つ一頭。最後は馬なりで加速し、相手に並ぶとこの血統らしい勝負根性の高さをみせて一気に交わし去る。シンプルにいい追い切りを消化出来た。

レッドベルジュール

残念ながら外の馬が邪魔でほぼ動きは確認出来ない。訳あってのこのコースでの追い切りになったと思うが、個人的にこのパターンはあまり信用していないので、ここは多少の減点が必要か。ただ、相手との手応えの差を考えれば今回の遅れは気にする必要はないだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

予想はこちらで公開しています。

【朝日杯FS予想】

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第71回 朝日杯FS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

以前から、マイルということもあり、来年のクラシックを意識する陣営の参戦は少なかった。しかも、ホープフルSがGIに昇格したことによって、よりマイル志向の馬が集中するようになっている。

しかし、メンバーレベルが下がったかと言えば、決してそうではない。去年の勝ち馬アドマイヤマーズ、一昨年の勝ち馬ダノンプレミアムはその後も活躍しており、今年も大物がこのレースで誕生する可能性は十分に秘めている。

特に、近年はノーザンファームなど大手牧場による使い分けが当たり前であり、去年、牝馬のグランアレグリアが参戦したのは記憶に新しい。この短期間で2歳のGIが3つもあるのだから、有力馬を集中させる必要はなく、勝ち負けになる馬を分散させるのは至極当たり前と言えよう。

こうした馬主や牧場、外厩といった情報はトレセン外、一般マスコミの取材対象外の部分であり、すなわちほぼ表に出ることがない。まして、キャリアが浅くデータが少ない2歳戦は、一般ファンにとって参考にできる材料が少なく、どうしても新聞社などが取材する情報に頼って馬券を買うしかない。だから、一般ファンにとって、2歳戦は難解なレースの1つと言えよう。

一方、競馬界の大物OBや現役関係者などが情報ルートとして名を連ね、早くから馬主や外厩の存在にも着目し、どこからでも情報を入手できる態勢を整えてきた弊社シンクタンクにとっては、関係者の間で『情報が命』と言われる2歳戦は大の得意とするところ。今年も2歳戦で数々の的中をお伝えしているが、本物の関係者情報さえあれば、的中させるのは決して難しくはない。

そのことを一人でも多くの競馬ファンに知っていただくべく、今週は特別に朝日杯FSの【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。弊社が誇る本物の関係者情報を知るチャンス、ぜひともお見逃し無く!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第71回 朝日杯FS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク