【バーデンバーデンカップ+下北半島特別2018予想】

スポンサーリンク


こんにちは。

続いて日曜の福島メイン、バーデンバーデンカップ、函館9レース、下北半島特別の予想を。まずは福島メイン、バーデンバーデンカップの予想から。アイライン、ゴールドクイーン、タイセイプライド、タマモブリリアン、ノットフォーマル、フミノムーンなどが出走する芝1200mのオープンレースのハンデ戦。

函館記念の予想、その他追い切りに関する記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 函館記念(G3)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

バーデンバーデンカップ

本命は人気薄の人気ブログランキングへ

正直ピンかパーではあるが、今回の距離、そしてコースがハマりそうなここは思い切って狙う価値はありそう。近走はワンパンチ足りない競馬が続いているが、着差はそう大きいものではなく、4走前のレースも負けて強しという内容。更にこの馬が勝ち上がった時もそこそこ強いと感じる内容で、あの競馬を見る感じではこの距離で本馬の良さが引き出されそうな気も。

ただ、メンバーを考えるとここは明らかに格下感は否めないので、能力的に通用するかどうかというレベルになってくるが、そこはハンデ戦。上位馬とのハンデ差、そしてコース替わり、距離短縮と最低限の買い材料は揃っており、特に距離に関しては短い方が合っている印象なので、しっかり流れにのってレース運びが出来れば大きな一撃があっても。

軸が人気薄なので相手は手広く流す。

続いて函館9レース、下北半島特別の予想を。エントシャイデン、ジェットコルサ、シュエットヌーベル、タイセイソニック、ニシノオトコマサリ、ワイナルダムなどが出走する芝1200mの500万クラスのレース。

下北半島特別

本命はエントシャイデン

初戦の勝ちっぷりが良かったのでその後の活躍を期待した1頭ではあるが、期待した以上の結果は残せず未だに1勝馬のまま。ただ、ベゴニア賞ではアンプロジオ、エングローサー、続くこぶし賞ではパクスアメリカーナ、ケイアイノーテックと差のない競馬をしており、秘める能力はそれなりに高い馬ではある事は確かだろう。

以前こぶし賞でこの馬に印を打った時に、トリッキーなコースで狙いたい馬と書いた事があるように、初戦は新潟で結果を残した馬ではあるが、本質は小回りコース向き、更に言えば血統を考えると洋芝の函館、札幌コースが合っている馬ではないだろうか。

姉の持ち場からすると今回の距離短縮も向くと思われ、降級馬が数頭いるとはいえ、これといって強力な相手がいないここならまず勝ち負けだろう。

◎エントシャイデン
〇タイセイソニック
▲ワイナルダム
☆ジェットコルサ

バーデンバーデンカップの本命馬はこちら↓

人気ブログランキングへ

函館記念の予想は後ほど。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第54回 函館記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
函館記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

過去にはエリモハリアーが3連覇するなど、洋芝巧者が活躍する北海道名物のハンデ重賞。直近3年でも波乱続きで二桁人気馬が馬券に絡んでいる。昨年はタマモベストプレイ(14人気2着)、16年ケイティプライド(13人気2着)、15年ハギノハイブリット(10人気2着)と伏兵馬が波乱の立役者となっている。

過去10年の人気別の成績では、1人気[0.2.0.8]、2人気[2.0.1.7]、3人気[3.0.0.7]と1人気馬の優勝馬はなし。また、10~14人気の伏兵馬が5頭も連対している。平均配当では、馬連9840円、3連複3万8060円、3連単21万7380円となっている。

競馬セブンでは、今年も波乱の立役者となる激走穴馬の存在をスクープ!「洋芝適性があるから連れて行く」と当初から狙いを定めていたとある陣営の勝負駆け情報は紙面上には絶対に載らない裏のヤリ話!激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報がお見逃しの無いようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『函館記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

 

スポンサーリンク