【ベテルギウスステークス2018予想】本命ヨシオ

スポンサーリンク


おはようございます。

続いて阪神メイン、ベテルギウスステークスの予想を。トップディーヴォ、ジュンヴァルカン、エテルナミノル、ロードアルペジオ、ピオネロなどが出走するダート1800mのオープンクラスのレース。

まだ年末に交流重賞の東京大賞典が残っていますが、一応中央での競馬予想に関してはこちらのベテルギウスステークスが今年最後の予想となります。

3点勝負買い目を無料公開

ベテルギウスステークス

本命はヨシオ

前走のシリウスステークスは見せ場なく15着と大敗しているが、苦手な道悪での競馬だったので参考外と言える結果。良馬場で競馬が出来そうな今回は巻き返しに期待が持てそうで、坂のある中山を得意とする馬なので阪神コースも間違いなく合うだろう。

2,4走前にヒラボクラターシュやミツバと差のない競馬をしており、この2頭を物差しにして考えると今回のメンバーであれば能力上位といえる存在。前走から展開面もかなり楽になりそうなここはいつものようにしぶとく粘り込んでくるとみた。

対抗は人気ブログランキングへ

久々が影響してか、前走は道中掛かり気味になりながら追走する形となったが、それでもラストはしっかりと脚を使ったように、オープンクラスであればまだまだこの年齢でもやれるだけの馬。気性を考えるともう少し内枠が欲しかったが、使われた上積み、コース替わりと今回は買える要素が揃っているだけに久々の勝利がみられても。

▲にジュンヴァルカン

前走の福島民友カップは人気を大きく裏切る形となったが、結果的に外枠と位置取りが響いた感じなので決して力負けではないだろう。4走前に勝利に導いた鞍上への乗り替わりに加え、内枠を引き当てた今回はある程度の位置でレース運びが出来れば巻き返してくるのでは。

☆穴にコスモカナディアン

チュウワウィザード、クインズサターン、クイーンマンボといった重賞実績のある馬を相手にした前走の師走ステークスでも大きく負けなかったように、相手が楽になる今回は人気的にも狙い目か。ただ、この馬の癖を考えると今回の外枠は明らかにマイナスで、ある程度走る条件が揃っていたブラジルカップで4着止まりだった事からすると過度な期待は持たない方がいいかもしれない。

◎ヨシオ
人気ブログランキングへ
▲ジュンヴァルカン
☆コスモカナディアン
△ロードアルペジオ
△トップディーヴォ
△マイネルバサラ
△コパノチャーリー
△エテルナミノル
△カゼノコ

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第35回 ホープフルS>

来年のクラシック候補生が出走!

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年からGIに昇格。皐月賞と同じ条件だけに来年のクラシックを目標にする素質馬が揃う。2戦無敗のサートゥルナーリア、京都2歳Sの勝ち馬クラージュゲリエ、東スポ杯2歳Sの勝ち馬で3連勝中のニシノデイジー、京都2歳S2着馬ブレイキングドーンやアドマイヤジャスタ(3戦2勝)、ミッキーブラック(3戦2勝)、カテドラル(3戦2勝)などの有力馬がスタンバイ。

実は競馬セブンでは来年のクラシック候補生として早くから注目していた素質馬の内部情報を独占入手!陣営からも「アクシデントがなければ勝てる」とV宣言が!また、人気薄確実な激走穴馬の大駆け情報を極秘入手!V宣言の◎本命馬と人気薄激走穴馬での決着なら特大馬券は間違いなし!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『ホープフルS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク