【CBC賞2018予想】本命コウエイタケル

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の中京メイン、CBC賞の予想を。レーヴムーン、グレイトチャーター、アクティブミノル、ダイメイプリンセス、セカンドテーブル、ナガラフラワー、スノードラゴン、ダイメイフジ、ワンスインナムーン、アサクサゲンキなどが出走する芝1200mのG3ハンデ戦。

ラジオNIKKEI賞、巴賞の予想に関してはこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

CBC賞

本命はコウエイタケル

前走の米子ステークスではさすがに距離が長いと思い本命にする事は出来なかったが、直線では外から脚を使って3着争いに加わってきそうな勢いもあったものの、最後は後ろから来た馬に交わされてしまい5着まで。ラスト1ハロンで粘り切れなかったのはやはり距離が大きく関係しており、更にこの日は速すぎる時計も着順に影響したように思える。

2走前の安土城ステークスでは最後の直線で進路が狭くなる不利があっての着順で、さすがにあれがなければ勝ち負けに、とまでは言えないが、少なくとも上位に入線した馬との着差は縮まった可能性は高かっただろう。

決して久々が得意と言えるタイプではないが、休養明け初戦となった鞍馬ステークスでも見せ場たっぷりの6着と能力の衰えは一切感じられない走りを見せており、条件が揃えばまだまだオープンでも上位に食い込めるだけの力はあると思ったレースでもあった。

かなり地味な馬ではあるが、去年の信越ステークスでは1400m戦を得意としているディバインコードに先着。更に重賞で勝ち負けしているような馬が数頭出走していたハイレベルなオパールステークスでも、直線で追い出しが遅れてしまうロスがありながら勝ち馬ソルヴェイグとは0.3秒差の競馬。仮にもう少しスムーズな競馬が出来ていれば着差が縮まっていた可能性は高く、それ以前にもダイアナヘイローやフィドゥーシアと差のない競馬をした経験もある馬なので、決して重賞でも能力が劣っているという事はないだろう。

今年に入ってからの3走全てでそれなりに買い材料はあったものの、間隔や距離と何かしらの不安要素も抱えての出走となっていたが、今回に限ってはこれといって大きな不安要素が見当たらない。あえてあげるとすればオープン特別ではなく強気に重賞にぶつけてきたという点、そして想像以上に差しが決まる今の中京の馬場がポイントか。

ただ、今回はハンデ戦なので、上位馬とのハンデ差を活かせば人気以上の結果があっても驚けず、これだけ人気がないのであれば多少展開や馬場には目をつぶって振り回してもいい。

ここは相手がかなり難解なので印を打ちきれないが、オーシャンステークス、斑鳩ステークスの内容優秀で、前走もモズアスコットを破っているダイメイフジ、大外は歓迎とは言えないが、前走の葵ステークスは出負けが響き内枠を活かすことが出来なかったアサクサゲンキ、多少衰えは感じるが、コース適性高く今も芝ダート問わず上位に食い込んでくるスノードラゴン辺りは上位で買っておきたい。

後、人気薄ではあるが、もう1頭上位評価しておきたいのが穴人気ブログランキングへ

近走は着順だけみると全くいいところがないように思えるが、ここ2走は着順ほど負けておらず、更に内容もそこまで悪いと感じるものでもない。完全に復調したとは言えないが、今回のコースであればそれなりに警戒が必要となる1頭では。

◎コウエイタケル
○ダイメイフジ
▲アサクサゲンキ
☆穴スノードラゴン
△穴人気ブログランキングへ
△ペイシャフェリシタ
△レーヴムーン
△ダイメイプリンセス
△ワンスインナムーン
△ナガラフラワー
△アクティブミノル

△穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントSで、当社は5万馬券的中の昨年に引き続き、今年も万馬券的中をお届け。サマースプリントシリーズは、シリーズ全体で高配当決着が恒例となっているが、特にハンデ戦であるCBC賞は、去年が40万馬券、一昨年も10万馬券決着と大波乱が続いており、一般的には難解と言えるレースと言えよう。

サマーシリーズにおける馬券攻略の大きなポイントとなるのは、やはり“陣営の思惑”だ。ボーナスを狙ってシリーズチャンピオンを狙う陣営もいれば、秋のスプリンターズSを見据えた試走と位置づける陣営も。一方で「秋のために何とか賞金加算したい」と、必死の思いでレースに臨む馬もおり、とにかく思惑は様々。北海道シリーズが開幕して、人手不足にあえぐ記者連中や、一般ファンが思惑を網羅することなど不可能なのだ。

このような「情報力がモノを言うレース」こそ、我々シンクタンクにとっては絶好の狙いドコロ。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し“本物の関係者情報”を入手することができる我々は、どの馬を狙うべきかシッカリとジャッジできる。事実、昨年は13番人気セカンドテーブルの勝負情報をしっかりと入手し、昨年も◎-穴決着で【馬連1万8380円的中】をお伝えしている。

今年も虎視眈々と一発を狙う【激走穴馬情報】を既にマーク済み。この激走穴馬が馬券に絡めば、昨年に続いて「大波乱決着もあり得る」との話だ。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、CBC賞の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。是非ともシンクタンクがお届けする情報を馬券検討にお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク