【CBC賞2018予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

本日はCBC賞に出走を予定しているアクティブミノル、アサクサゲンキ、セカンドテーブル、ダイメイフジ、ダイメイプリンセス、ナガラフラワー、ペイシャフェリシタ、ワンスインナムーンの最終追い切りに関する記事を。

ラジオNIKKEI賞に関する記事、馬体診断などはこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━

第67回 ラジオNIKKEI賞(G3)

今年はデビュー戦から2戦無敗のフィエールマン、京都新聞杯で1人気に推されるも出遅れて力を出せなかったフランツなどが出走予定だが、確固たる本命馬不在で波乱含み。実は競馬セブンでは波乱の立役者と成り得る激走穴馬の存在をスクープ!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


3点勝負買い目を無料公開

CBC賞最終追い切り

アクティブミノル

頭がやや高く、手綱を抑えているとはいえ頸も少し硬い。若干ヨレてしまう場面もみられ、脚も上がっておらず最後は少しバラバラになってしまう。可動域も狭く感じ、走りに力強さも感じられない。良い頃はもう少し前向きさがあっただけにちょっと推せるポイントが見当たらず。

アサクサゲンキ

終始手応えは楽だったが、その手応え以上にいきっぷりが良く、頸と脚のリズムも取れている。真っ直ぐ走れており、軸もブレない。追われてからの反応も抜群で、エンジンがかかると一気に調教パートナーを突き放した。馬に活気がある点にも好感が持て、前走の調教と比べても出来が上向いているのは間違いない。

セカンドテーブル

頭の位置が安定せず、道中癖を見せる場面も。入りからもさっとした動きをしており、脚も全く上がっていない。当然ではあるが頸と脚のリズムも全く取れておらず、最後は脚もバラバラになってしまう始末。強く追われたところでどうこうというレベルではない。なかなか厳しい評価となってしまったが、調教の動きからは買えるようなポイントは見当たらない。

ダイメイフジ

頭が高く、途中で左に大きく膨れてしまう。前半のリズムは良かったが、追われてからは少しバランスが崩れてしまい、最後はもたつきながらフィニッシュ。余計なところに力が入りすぎている事が影響してか、強めに追われた割には全く弾けずとちょっと物足りない最終追い切りとなってしまった。

ダイメイプリンセス

前半は舌を出していた点は気になるが、追われると一気にスイッチが入る。ややラチを頼っている感はあるものの、軸がブレる事なく走れており、脚もしっかりと上がっている。途中少し気難しさを見せるも、乗ってからのスピードは抜群で、調教パートナーであるダイメイフジを一気に突き放してみせた。最後は前半で力んだ影響もあり脚がバラバラになるが、馬体に柔らかさもあり、手応えにも余裕を感じる。調子はかなり良さそう。

ナガラフラワー

手応えは楽で、可動域が広く脚捌きは非常にスムーズ。頸と脚のリズムも抜群で、バネの利いた走りが印象的。線は細く感じてしまうが、それ以上に力強い走りをしており、フォームも全く乱れない。強く追われていないので負荷こそかかっていないものの、動きとしては合格点。トモ、肩の筋肉をみてもしっかりと仕上げられている。

ペイシャフェリシタ

フォームの大きな乱れはないが、左右へヨレてしまい最後はラチを頼って走ってしまう。ただ、脚はしっかりと上がっており、可動域もそこそこ。手応え以上のものは感じられないが、パワフルさを感じられる大きな動きだった。調子は悪くないだろう。

ワンスインナムーン

前走もなかなか調教の動きが良かった馬ではあるが、今回もそこそこ動いた。前走同様に入りからかなりスピードを感じさせる動きで、脚捌きもスムーズ。脚の回転も相変わらず速く、頸と脚のリズムも悪くない。ただ、やや頭が高く、前走時に感じた俊敏さは感じられない。ラストも弾けそうで弾けないという感じなので、調教の動きだけで言えば前走の方が良く見えた。

最後に最終追い切りで動きが良く見えた1頭をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

動きは文句なしの満点。まず勝ち負けになるか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

サマースプリントシリーズ第1戦・函館スプリントSで、当社は5万馬券的中の昨年に引き続き、今年も万馬券的中をお届け。サマースプリントシリーズは、シリーズ全体で高配当決着が恒例となっているが、特にハンデ戦であるCBC賞は、去年が40万馬券、一昨年も10万馬券決着と大波乱が続いており、一般的には難解と言えるレースと言えよう。

サマーシリーズにおける馬券攻略の大きなポイントとなるのは、やはり“陣営の思惑”だ。ボーナスを狙ってシリーズチャンピオンを狙う陣営もいれば、秋のスプリンターズSを見据えた試走と位置づける陣営も。一方で「秋のために何とか賞金加算したい」と、必死の思いでレースに臨む馬もおり、とにかく思惑は様々。北海道シリーズが開幕して、人手不足にあえぐ記者連中や、一般ファンが思惑を網羅することなど不可能なのだ。

このような「情報力がモノを言うレース」こそ、我々シンクタンクにとっては絶好の狙いドコロ。ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、元調教師など競馬界の大物OBが在籍し“本物の関係者情報”を入手することができる我々は、どの馬を狙うべきかシッカリとジャッジできる。事実、昨年は13番人気セカンドテーブルの勝負情報をしっかりと入手し、昨年も◎-穴決着で【馬連1万8380円的中】をお伝えしている。

今年も虎視眈々と一発を狙う【激走穴馬情報】を既にマーク済み。この激走穴馬が馬券に絡めば、昨年に続いて「大波乱決着もあり得る」との話だ。そこで、今週はシンクタンクを初めてご利用頂く方に限り、CBC賞の【◎-穴・1点馬券】を無料公開させて頂く。是非ともシンクタンクがお届けする情報を馬券検討にお役立て頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 第54回 CBC賞(G3)

先着100名様!好配当を狙い撃つ
【1点馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク