【チャンピオンズカップ2019予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の中京メイン、チャンピオンズカップに出走を予定しているインティ、クリソベリル、オメガパフューム、ゴールドドリーム、チュウワウィザードの最終追い切りに関する記事を。

今週は少し週末に向けての準備があるのでいつも以上に緩めでいこうと思います。

なお、本日行われる地方競馬予想は既に更新済みです。

【浦和記念予想】

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着
ケープコッド 5人気6着
ノーブルマーズ 6人気8着
エアアルマス 1人気11着
スカーレットカラー 4人気7着
ラインベック 3人気3着
ダノンキングリー 2人気5着
ミヤマザクラ 2人気2着
ムイトオブリガード 7人気8着

先週の追い切り注目馬は京都2歳ステークスのミヤマザクラが最低限の2着。ただ、馬券は土日重賞含めてどちらもそれなりに好調だったので、今週もどこかで大きい当たりが出せるように頑張ります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第20回 チャンピオンズC(G1)>

大混戦模様のダート王決定戦だが、実は競馬セブンでは人気薄濃厚の穴馬の激走情報を極秘入手!「過去最高の仕上げ」で送り出される人気薄激走穴馬が馬券に絡めば特大馬券は間違いなし。週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

チャンピオンシップ最終追い切り

インティ

脚は少し外へ流れるがフォームの安定感は素晴らしく、頸をしっかりと前へ出して走れている点には好感が持てる。

身体を大きく使ったダイナミックな動きもなかなか見どころがあり、加速してから一気に脚を使い切って伸びた点からするとそろそろこの馬らしい結果に期待が持てるタイミングかもしれない。少なくとも前走以上の出来にはある。

クリソベリル

先週が特殊な内容、追い切りだった事もあって今週はビッシリと追って負荷をかけてきた。身体の大きさと可動域の広さがかなり目立つようになっており、付け根からしっかりと脚を前へ出せている事はプラス。ただ、まだいくらか馬体に余裕はあるように思えるので、残念ながらお釣りなしの仕上げという訳ではなさそう。

まだ完成するのは先になると言われ続けているように、今回は完成途上で古馬一線級を相手にする事になるので、この辺りがどこまで着順に影響するかが課題、取り扱いのポイントとなるのではないだろうか。

オメガパフューム

少し癖のある走り方で、この血統らしく脚もとに硬さがある点が特徴的。走るリズムは悪くは感じないが、フォームが沈まない点や頸と脚を出すタイミングが合わない点など気になるポイントがいつくかみられるので、前走からの上がり目は案外少ないかもしれない。出来は悪くは感じないが、いい意味で平行線といったところか。

ゴールドドリーム

先週の段階である程度仕上がっていたので、今週はハンロ単走で流す程度の追い切り。これといって目立つ動きではないが、良い意味で全ての動きが先週と変わらずといった感じで、トモと馬体に張りが増している事が今の充実度、出来を物語っているだろう。手応えに余裕を残しながらこれだけ動けば十分では。

チュウワウィザード

これは先週から動きが大きく変わった一頭。今週も活気は相変わらずで、馬体が引き締まって動きにメリハリを感じる点が先週との大きな違いを感じる。

ラストも馬なりで相手を楽々完封しており、身体を大きく使った走りと頸をグイグイと前へ出して伸びた点に加え、脚の回転の速さにしっかりと連動した動きからするとまだまだ上がある馬と言えるのでは。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年、3歳馬ルヴァンスレーヴが勝利したことで、完全に世代交代が行われ、今後は同馬を中心にダート界は巡っていくかに思われた。しかし、脚元の不安で結局は1年丸々と棒に振ることになったことで、その様相は一変した。

その後、フェブラリーSを新星インティが制したものの、その後は未勝利でみやこSは15着と惨敗。一昨年の覇者ゴールドドリームは安定した成績を残しているものの、今年の勝利はかしわ記念のみと一時期ほどの勢いは見られない。そこにオメガパフューム、チュウワウィザードなどの4歳勢の台頭、5戦5勝の3歳馬クリソリベルが出現。まさにダート界は戦国時代、『チャンピオンズカップ』はその名にふさわしい雌雄を決する場となった。

しかし、実力通り、実績通りに決まらないのがこのレース。中京のダート1800mは基本的に逃げ、先行馬有利なコースではあるが、それを意識してか前掛かりのレースになることが多く、終い勝負に賭ける伏兵の一発もしばしば起こっている。事実、1番人気は現在7連敗中であり、的中をお伝えしている昨年も最高に上手く立ち回った8番人気ウェスタールンドが2着に食い込み波乱決着にひと役買った。今年のメンバーを見ても一筋縄では行かず、穴気配を十分に感じている。

もちろん、穴気配を感じているのには確かな根拠を持ってこそ。既に情報ルートから、波乱を呼ぶカギとなる『ダークホースの存在』の報告を受けている。この情報は、まず表に出てくることはないだろう。

馬券で勝つために必要なのは確かな情報、しかも、多くの人が知らない情報にこそ価値がある。競馬界の大物OBや現役関係者が在籍し、騎手、厩舎、馬主、外厩、牧場など、あらゆるところに情報の網を張っているシンクタンクが入手する情報は、まさにそういった情報だ。今回は特別にチャンピオンズカップの【馬券候補5頭】を情報と合わせて無料公開する。もし、馬券を買うつもりであるならば、見逃す手はないだろう。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第20回 チャンピオンズC(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク