【コーラルステークス2019予想】+ダービー卿チャレンジトロフィー

スポンサーリンク


こんばんは。

続いて土曜の阪神メイン、コーラルステークスの予想と中山メイン、ダービー卿チャレンジトロフィーの予想を。カツジ、キャプテンペリー、ギベオン、ジョーストリクトリ、ダイアトニック、ドーヴァー、プリモシーンなどが出走する芝1600mのG3ハンデ戦。

【ダービー卿チャレンジトロフィー2019予想】

本命はフィアーノロマーノ

前走のファイナルステークスは鞍上が上手く乗っての結果ではあるが、差し馬が上位を占める中を先行して余裕の手応えで押し切ったように、着差以上に強いと感じる内容で、勝ちタイムも非常に優秀。

それ以上に強いと感じたのが2走前の渡月橋ステークスで、決して展開が向いたとは言えない中で、直線最後方から大外ぶん回しで上がり32.9秒の脚を使い4着まで追い上げた内容は高く評価する必要があるだろう。

血統的にアテにならない一面は持ち合わせているものの、ここ2走の内容を見ても力を出し切れば能力はまず重賞でも足りる馬。

更に4勝中3勝をマイルであげているだけに今回の距離延長もプラスに出る可能性は高そうで、今の中山の馬場に加えてマルターズアポジーが引っ張る展開を考えると流れもこの馬に味方するだろう。

対抗はダイアトニック

ここ2走は着差こそ僅かではあるが、そのレース内容はなかなか中身の濃いもので、特に前走の斑鳩ステークスは一旦レインボーフラッグに交わされながらも最後に差し返すという内容のある競馬をしており、着差以上に評価出来るレースだったと言える。

血統的にも本レースと相性の良いストームバード系の血を内包しており、今回のハンデ54キロもかなり恵まれた印象を受けるので、雨などで極端な馬場にならなければしっかりと結果を出してくるのでは。

▲にギベオン

かなりハイレベルな一戦となった金鯱賞で見せ場をつくったこの馬が一気の相手ダウンで無難に巻き返してきそう。その前走が直線で伸びそうで伸びなかった点を考えると、道中脚が溜まらなかった事に加え、やはり距離が響いた印象で、G1で2着という実績があるマイルへの距離短縮ならここは勝ち負けになるだろう。

☆にマイスタイル

良い枠を引き当てたドーヴァーとこの馬どちらを上に取るか迷ったが、人気と鞍上を考えてこちらを上位に。前走の小倉大賞典は鞍上が控える競馬を選択した事でこの馬の持ち味が削がれる形に。

京都金杯や福島記念をみても自分の形で競馬が出来れば重賞でも十分やれる馬で、ここはスムーズならしっかり巻き返してくるのでは。

何よりお荷物である鞍上からの乗り替わりが大幅なプラスになる可能性が高く、弥生賞やダービーを見ても今回の乗り役とは手が合っているだろう。

◎フィアーノロマーノ
〇ダイアトニック
▲ギベオン
☆マイスタイル
△ドーヴァー
△ダイワキャグニー
△キャプテンペリー
△カツジ
△ロードクエスト
△プリモシーン
△ハクサンルドルフ

買い目

単勝◎

馬連、馬単、ワイド◎~〇▲☆

3連複◎~〇▲☆~印、〇▲☆(縦目)

点数が絞れないので買い方も変に広げない。馬連、ワイドがメイン、単勝、馬単がボーナス、3連複は事故待ちという感じで購入したい。一応いつものように印上位は重ねておく。

※ダービー卿CTは万馬券的中となりました。ドバイも自信ありなのでご期待下さい!

なお、こちらのダービー卿チャレンジトロフィーの予想とドバイターフのフル予想、ワールドカップ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーンの予想に関しては有料のnote予想となります。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

3点勝負買い目を無料公開

コーラルステークス

本命はキングズガード

前走に続いての本命。その前走の黒船賞は1.2着馬には大きく離されてしまったが、ラストはしっかりと脚を使って3着まで追い上げ、これで3年連続の好走。多少衰えた感じもしなくもないが、3走前のJBCスプリントの内容がなかなか優秀で、直線では上がり最速の脚を使うも進路を変更するロスがあり、更にエンジンがかかったところで不利を受けてしまって一気に減速するも、3着馬であるキタサンミカヅキとは僅か0.2秒差の競馬。仮に不利がなければ馬券圏内に突っ込んできた可能性が高かったレースで、相手関係を考えると素直に評価出来る内容と言えるだろう。

今回は1頭勢いがある馬はいるものの、その他の馬はイマイチぱっとしないメンバー構成。更にこの馬が最も得意としている阪神(5.5.1.0)での競馬で、ハンデ58キロは楽ではないが、過去にこのハンデで好走した実績もある馬なので、トップハンデが影響して少しでも人気が落ちつくようなら逆に狙い目ではないだろうか。

対抗はスマートダンディー

前走かなりハイレベルなレースで見せ場をつくったこの馬がここは勝ち負け争いに加わってくるだろう。どちらかと言えば左回りの方が向いているようにも思えるが、右回りでも特に割り引く必要はなく、ここは展開を考えるとかなりいい位置で競馬が出来そうなので、頭を取るなら本命馬よりもこちらの方が確率は高そうな印象を受ける。

▲にルグランフリソン

久々の競馬となった前走のポラリスステークスは9着に敗れてしまったが、展開が全く向かなかった中での結果なだけに参考外と言えるレース。2走前の武蔵野ステークスでは今年のフェブラリーステークスで3着に入線したユラノトから0.1秒差の競馬をしており、チャンピオンズカップで2着となったウェスタールンドにも先着している事を考えればリステッド競争なら能力は上位と言える存在だろう。逃げに拘るタイプでもないので、前で競馬をする馬をみながら番手でレース運びが出来れば巻き返してくる可能性は十分考えられる。

☆にアードラー

今回は休み明け、前走凡走と走る条件は揃っており、馬券にならないレースが続いているが着順ほど大きくは負けていない。終いの脚は確実な馬なので、ここは展開面も味方しそう。馬券になるならこのタイミングだろう。

◎キングズガード
〇スマートダンディー
▲ルグランフリソン
☆アードラー
△イシュトバーン
△ドリームキラリ
△ダノンフェイス

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ダービー卿チャレンジトロフィーの予想とドバイターフのフル予想、ワールドカップ、シーマクラシック、ゴールデンシャヒーンの予想はnoteで公開しています。

ご購読はこちらから↓

ゆうちゃりすの競馬ときどき一口馬主note

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第63回 大阪杯>

GI馬7頭参戦の豪華メンバーも
買えるのはアノ3頭

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

GIに昇格してからの過去2年は、キタサンブラック、スワーヴリチャードが人気に応えて優勝し2年連続で1人気が勝っている。今年は好メンバーが揃い大混戦模様。有馬記念で悲願のGI制覇を成し遂げたブラストワンピースや昨年のダービー馬ワグネリアン、一昨年の菊花賞馬キセキやステルヴィオ、アルアイン、マカヒキ、エポカドーロなど7頭のGI馬に、サングレーザー、ペルシアンナイト、クリンチャーなどGIで好走している有力馬がスタンバイ。好メンバーが揃う大阪杯は注目!

昨年秋の古馬GI戦、王道路線の天皇賞(秋)・ジャパンC・有馬記念を全て的中させている競馬セブンでは既に大阪杯の全出走馬の関係者情報を入手済。紙面上には載らないアノ有力馬の消し情報や、人気の盲点となり出走する激走穴馬の勝負情報も極秘入手!今年のGI競走も競馬セブンにお任せください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク