【ダイヤモンドステークス2021予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の東京メイン、ダイヤモンドステークスに出走を予定しているオーソリティ、タイセイトレイル、ボスジラの最終追い切りに関する記事を。

先日お伝えしたように今週は利き腕負傷の為、勝負レース以外の予想の更新はございません(1つの重賞の本命は最後にブログで公開)。

なお、土曜はダイヤモンドステークス、京都牝馬、東京1400m戦の勝負レースの予想をnote内で公開しています。

【ダイヤモンドステークス2021予想他】2月20日勝負レース

十八番の東京14戦は先日のテレビ山梨杯で3連複77,470円、去年の奥多摩ステークスでは50万以上の払い戻しを得ている条件ですが、この時期のDコースで買えるのは今年が最後になりますので、最後の最後にもう一発出して締めくくりたい。

今週末、来週のブログ更新スケジュールをまとめました。

利き腕の負傷によりしばらくパソコンを打てない状況となりましたので、今週末のみイレギュラーではありますがこのような形での更新を取らせて頂きます。

土曜 

無駄打ち(撃ち)を避ける為、勝負レースのみnoteで公開します。この日はもともとブログ予想を含めて3レース程更新する予定だったので、ブログで公開する予定だったレースもnoteで無料公開させて頂きます。

日曜

こちらも土曜と同じく全てnoteで予想を公開します。フェブラリーステークスの予想もこちらで無料公開する事になります。

ブログでの公開になると文字を太くする、色を変えるといった作業がかなり面倒で、更にそれがケータイでの更新となれば気が狂いそうになりますので、今週はシンプルなnote内で予想を落とし込む事にしました。

月曜以降の記事の更新に関しては何とか片手、ケータイでやれるところまでやっていくつもりですので、この土日だけこのような形を取らせて頂きます。

【フェブラリーステークス2021予想他】2月20,21日勝負レース

2021年勝負レース結果

1/5〇
1/9×
1/10◎
1/11◎
1/16〇
1/17▲
1/20◎
1/23▲
1/24〇

1/27×
1/30×
1/31〇
2/6◉
2/7◎

2/11×
2/13×
2/14×

今年の勝負レースはここまで中央、地方を含めて17戦11勝(中央14戦10勝、地方3戦1勝)

土曜はダイヤモンドステークス、そして得意の条件である京都牝馬、東京1400m戦の勝負レースの予想をnote内で公開しています。

【ダイヤモンドステークス2021予想他】2月20日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

今年のフェブラリーステークスは主役不在の大混戦!

毎週のように推奨馬が好走!

とっておきの穴馬を無料で公開します!

【フェブラリーS注目穴馬】

シルクロードS注目馬5選

ライトオンキュー3人気2着
ラヴィングアンサー
リバティハイツ
ラウダシオン2人気3着
シヴァージ4人気1着

東海S注目馬5選

インティ
ダノンスプレンダー
ハヤヤッコ
アナザートゥルース7人気→2着
メモリーコウ12人気→3着

AJCC注目馬5選

サトノフラッグ
ラストドラフト6人気→3着
アリストテレス1人気→1着
ステイフーリッシュ
ウインマリリン

京成杯注目馬5選

タイムトゥヘヴン2人気→2着
タイソウ
グラティアス1人気→1着
ヴァイスメテオール
テンバガー6人気→3着

おすすめの買い方は注目馬5頭の馬連、3連複BOX

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

【フェブラリーS注目穴馬】

ダイヤモンドステークス最終追い切り

オーソリティ

軽快な脚捌きと素軽い動きが目に付く。追われてからの反応も抜群で、併せた相手をきっちりと捉え一馬身先着。ゴールを過ぎたあともグイグイと力強く伸び、その後も着差を広げた。まず好調。

タイセイトレイル

頸と脚を出すリズムは取れており、重心のブレも一切感じないが、脚捌きは鈍く動きもイマイチ。グイグイと力強く伸びる相手に全く食らいつくことが出来ず、その後は突き放される一方。馬体も緩く、今回の動きではちょっと手は出せない。

ボスジラ

前半から力強さのあるパワフルな動きが目に付く。3頭併せでしっかりと負荷もかけられており、ゴールを過ぎた後も緩めることなく追われた点は評価出来る。馬体のハリ、毛ヅヤなどは確認できないがまずまず動いた部類に入るのでは。

最後にダイヤモンドステークスの本命馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

土曜はダイヤモンドステークス、京都牝馬、東京1400m戦の勝負レースの予想をnote内で公開しています。

【ダイヤモンドステークス2021予想他】2月20日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第38回 フェブラリーS(GI)>

有力馬を脅かす
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、人気別の成績では、1人気[4.2.2.2]、2人気[2.2.1.5]、3人気[1.1.2.6]。上位人気馬が揃って馬券圏を外したことはない。直近7年では1人気が馬券圏を外していない。

平均配当では、馬連1万4780円、3連複2万0340円、3連単17万6510円。
伏兵馬の連対は、20年ケイティブレイブ(16人気2着)、14年コパノリッキー(16人気1着)、13年エスポワール(9人気2着)の3頭。

超人気薄が馬券に絡むことは少ないが、馬連での万券が4回で最高配当は8万4380円、、3連単では10万馬券以上が4回、最高配当は14年94万9120円と大波乱になっている。

また、過去10年でもリピーターの好走が多いのも特徴。ゴールドドリーム(19年2着・18年2着・17年1着)、ノンコノユメ(18年1着・16年2着)、インカンテーション(18年3着・15年2着)、ベストウォーリア(17年2着・15年3着)、コパノリッキー(15年1着・14年1着)、ワンダーアキュート(13年3着・12年3着)、テスタマッタ(12年1着・10年2着)など7頭が馬券圏に好走している。

ステップレースでの成績では根岸S(4勝)・東海S(3勝)、チャンピオンズC・オープンが1勝を挙げている。過去10年、連覇したのはコパノリッキー(14年・15年)ただ1頭となっている。

混戦が予想される中で「各馬の力量」を把握しておくことがフェブラリーSを的中させるための近道といえるが、競馬セブンは常日頃から東西トレセンで密な情報収集を行っており、そのジャッジの正確性は業界内でも随一。今年も既に「確勝級」の情報を入手済!馬券購入前に必ずご確認ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『フェブラリーS・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第38回 フェブラリーS(GI)>

有力馬を脅かす
人気薄隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク