【デイリー杯2歳ステークス2018予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めてましておはようございます。

続いて土曜の京都メイン、デイリー杯2歳ステークスに出走を予定しているアズマヘリテージ、アドマイヤマーズ、シャドウエンペラー、ダノンジャスティス、メイショウショウブ、ハッピーアワー、ヤマニンマヒアの最終追い切りに関する記事を。

福島記念の最終追い切りの記事は本日、エリザベス女王杯などの最終追い切りの記事は昨日更新済みです。

一週前追い切り、その他重賞の最終追い切りの記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

デイリー杯2歳S最終追い切り

アズマヘリテージ

まだ走りが荒く、馬が幼すぎる。頭の高さは気になるが、そもそも身体や頸を全く使う事なく走っているので、ここに関しては評価するまでもない。追われて反応しない点、ラストも伸びきれない点も使われて覚えるしかないので、あえてここも減点とはしない。ただ、脚の回転の速さや力強さに関してはそれなりのものを感じる。

アドマイヤマーズ

途中多少ヨレるなど幼さを残す面はみられるが、手応え以上に反応が良く、エンジンのかかりもそれなりに速い。一応身体も使えた走りで、可動域とトモの影響もあって動きは大きく感じる。何より頸と脚を出すリズムが抜群で、胸前の発達を活かして最後まで脚をしっかりと前へ出せていた点は高く評価したい。ダイワメジャー産駒らしく頸差しのラインがしっかりとしており、ここを使って走れている点には好感が持てる。

シャドウエンペラー

多少追われてから反応しきれていない点がみられるが、脚捌きは軽く力強さも感じる走り。それでも馬体全体がまだまだ未完成という事もあって硬さが目立っており、動きも非常にこじんまりとしている。頸も使えていない走りなので、当然脚とのリズムも合っておらず、その影響もあって最後もスピードに乗り切れなかった。

ダノンジャスティス

少しピリピリとしている面はみられるも、追われた時の反応は抜群で、一気にエンジンがかかると一瞬にして調教パートナーを突き放した。頸や身体の使い方も上手く、頭の位置、フォームも安定した走り。トモもパンパンに張っており、馬体に緩さがない今回は相当仕上げられた感がある。久々でも嫌う必要はない出来にある。

ハッピーアワー

可動域が広く身体も使えているが、フォームは安定せず頭の高さも気になってしまう。負荷がかかっていないので何とも言えないが、とにかく反応の悪さ、スピード感に欠ける走りというのは減点ポイントとなる。数を使われている割には馬が走りを覚えていない印象で、これだけ荒さがあって結果を残しているという点を評価する事も出来るが、動きからは強く推せるポイントは見当たらなかった。

メイショウショウブ

動きがぎこちなく、非常に幼い走り。脚と頸のリズムも最後まで合わず、身体も全く使えていない。一応意欲的に追われてはいるが、重心が全く安定しない点は大きく割り引く必要があるだろう。当然買えない。

ヤマニンマヒア

追われた割には反応が悪く、最後もイマイチ伸びてこない。身体も全く使えておらず、脚を出すリズムも最後まで悪かった。全体的に動きが硬い事が影響してスピード、パワーを感じられない薄い調教となったが、ちぐはぐになりながらも走り切った点は評価してもいいだろう。完成はまだ先の馬なので、現時点でこれ以上を求めるのは酷では。

予想オッズ

1 アドマイヤマーズ 2.1
2 ダノンジャスティス 2.8
3 ドナウデルタ 3.7
4 ヤマニンマヒア 12.6
5 ハッピーアワー 17.0

最後に追い切りでの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここはこの馬の完成度が抜けている。今回の出来なら勝ち負けになるのでは。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第43回 エリザベス女王杯>

アーモンドアイ不在で
浮上する穴馬とは!?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3冠馬アーモンドアイはジャパンCに参戦のため不在で混戦模様のエリザベス女王杯。3歳馬VS古馬勢の戦いとなるが、過去10年の成績では、3歳馬(4勝)、4歳馬(4勝)、5歳馬(2勝)となっており古馬勢が一歩リードしている。

過去10年、1人気で勝ち上がったのは11年スノーフェアリーのみ。人気馬の成績では、1人気[1.4.2.3]、2人気[1.2.2.5]、3人気[2.0.1.7]と人気馬が総崩れするケースはないが、16年は12人気シングウイズジョイが2着し3連単では15万馬券、09年には11人気クイーンスプマンテが1着、2着にも12人気テイエムプリキュアが入り馬連10万馬券、3連単150万馬券の特大馬券が出ているように大波乱になるケースもある。

ステップレースでは秋華賞組(3勝)、府中牝馬S(2勝)、オールカマー(2勝)、京都大賞典(1勝)となっている。3歳馬は秋華賞、古馬は府中牝馬Sからのローテが主流となっているが、オールカマー組からの優勝馬が2頭出ているように牡馬混合戦を戦って来た出走馬にも注目。

3歳馬VS古馬勢の戦いとなるエリザベス女王杯。秋華賞上位組からミッキーチャーム(2着)、カンタービレ(3着)、紫苑Sを勝ったノームコアなど3歳馬3頭がスタンバイ。古馬勢からは昨年の覇者モズカッチャン、昨年のヴィクトリアMを勝ったアドマイヤリードやリスグラシュー、ミスパンテール、スマートレイアーが参戦。

混戦模様で人気割れ必至だが、競馬セブンでは確信の◎「断然1強」と言える強力情報馬の勝負情報を極秘入手!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください。

今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エリザベス女王杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク