【デイリー杯2歳ステークス2020予想】本命レッドベルオーブ

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の阪神メイン、デイリー杯2歳ステークスの予想を。ホウオウアマゾン、スーパーホープ、スーパーウーパー、カイザーノヴァなどが出走する芝1600mのG2レース。

今週は日曜に強く勝負したいレースが見当たらないので、当たればそこそこ事故りそうな武蔵野ステークスを含めて土曜のレースからいくつか気になるレースをnote内にて公開していきます。

【武蔵野ステークス2020予想・勝負レース】

最終的にどこまで人気になるかはわかりませんが、現時点ではかなりの人気薄に◎を打っているので、このままある程度人気薄で買えて上手く3連単まで引っかける事が出来れば、10万馬券も余裕でしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

大注目レースエリザベス女王杯!

有力馬も穴馬も本当に買わなければいけない5頭を教えます!

【エリザベス女王杯注目穴馬】

天皇賞秋注目馬5選

ダノンキングリー
フィエールマン5人気→2着
クロノジェネシス2人気→3着
アーモンドアイ1人気→1着
スカーレットカラー

富士ステークス注目馬5選

サトノアーサー
ヴァンドギャルド5人気→1着
スマイルカナ
シーズンズギフト
ケイアイノーテック6人気→3着

秋華賞情報注目馬5選

リアアメリア
ウインマイティー
ソフトフルート9人気→3着
デアリングタクト1人気→1着
パラスアテナ

毎日王冠情報注目馬5選

ザダル
ダイワキャグニー4人気→2着
サンレイポケット5人気→3着
サトノインプレッサ
サリオス1人気→1着

【エリザベス女王杯注目穴馬】

デイリー杯2歳ステークス

本命はレッドベルオーブ

久々に全く面白味のない予想となってしまったが、土曜の重賞は東西どちらも強く買いたいという訳ではないので、地方競馬のようにとりあえず買いたいと思った馬をそのまま印に落とし込んでみる。

初戦は母のように前々で上手く立ち回ったストゥーティに押し切られてしまったが、外から上がり最速の脚を使って勝ち馬にアタマ差まで迫った内容は見た通り負けて強しと言えるもの。更に前走の未勝利戦では同じ日に行われた野路菊ステークスよりも2秒以上も速い1分33秒1というレコードタイムで圧勝しており、その時に楽々突き放した2着のカスティーリャが次のレースを快勝している事を考えると能力は既に重賞級と思っていいのでは。

もともとデビュー前から期待していた馬なので(大人の事情でここでは書けませんが)、1歳の頃から頓挫なく無事にデビュー出来れば後々は兄のように、とは思っていたが、ここ2戦のレース内容を見るともしかすると兄以上の能力の持ち主という事も十分考えられるので、色々な意味で今回は大注目の一戦となるか。

前走後は初戦を落としているだけにもう少しゆとりのあるローテを組んでくるかと思ったが、ここで強気に去年兄が勝利した重賞をわざわざ使ってくるという事は当然勝算あっての参戦だと思うので、今回はこの馬の相手探しのレースになるとみた。

対抗はスーパーホープ

これまで内容のあるレースを繰り返してきた本馬が今回の相手なら勝ち負け争いに加わってくるか。距離はもう少し短い方が合うタイプかもしれないが、この手のタイプが好走を繰り返してきたレースでもあるので、その傾向が阪神のデイリー杯でも続くようなら面白さがある一頭と言えるだろう。

◎レドベルオーブ
〇スーパーホープ

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

馬券は相手も少ないので◎~〇~総流し、◎→〇⇔総流しなどで遊べそう。

武蔵野ステークスなど土曜の勝負レースはnote内で公開しています。

【武蔵野ステークス2020予想・勝負レース】

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第45回 エリザベス女王杯(GI)>

ラッキーライラックを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

過去10年、1人気で勝ち上がったのは11年スノーフェアリーのみ。人気馬の成績では、1人気[1.3.3.3]、2人気[1.2.1.6]、3人気[4.0.1.5]と上位人気馬は6勝止まり。直近3年はクロコスミアが3年連続で2着に入り波乱の立役者となった。16年は12人気シングウイズジョイが2着し3連単では15万馬券の波乱となったが、二桁人気の伏兵馬が馬券圏に好走したのは1頭のみ。1人気が取りこぼすケースは多いが人気薄(二桁人気)が好走するケースは少ない。

過去10年、年齢別の成績では、3歳馬(3勝)、4歳馬(6勝)、5歳馬(1勝)となっており古馬勢が一歩リードしている。直近6年では4歳馬が5勝と活躍している。

ステップレースでは府中牝馬S(4勝)、秋華賞組(2勝)、オールカマー(2勝)。3歳馬は秋華賞、古馬は府中牝馬Sからのローテが主流となっているが、オールカマー組から優勝馬が2頭出ているように牡馬混合戦を戦って来た出走馬にも注目。

3歳馬VS古馬勢の戦いとなるエリザベス女王杯。今年の3歳馬は6頭が出走。牝馬3冠のデアリングタクトはジャパンC参戦のため不在。秋華賞上位馬からソフトフルート(3着)、オークス3着馬ウインマイティーが出走。古馬勢との初対決となる今回はどんな走りを見せるか注目。

古馬勢では昨年の覇者・今年は大阪杯で牡馬を撃破しラッキーライラックがスタンバイ。GI4勝目に手が届くのか!?。その他では昨年のオークス馬ラヴズオンリーユー、オールカマーの覇者センテリュオ、GI馬ノームコアなどが参戦。

競馬セブンでは秋のGI4戦4勝!スプリンターズSも秋華賞も菊花賞も天皇賞秋も獲った!秋華賞は◎デアリングタクトから人気薄2頭の激走情報を入手して4万4110円&万券ダブルのパーフェクト的中などなど今年も的中ラッシュをお届け!エリザベス女王杯も競馬セブンでは確信の◎と隠れ穴馬の激走情報を独占入手!週末の情報はお見逃しの無いようにご注意ください!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エリザベス女王杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第45回 エリザベス女王杯(GI)>

ラッキーライラックを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク