【ドバイターフ2018予想】本命リアルスティール

スポンサーリンク


おはようございます。

続いてドバイで行われる海外重賞、ドバイターフの予想を。ヴィブロス、ネオリアリズム、ディアドラ、クロコスミア、ランカスターボンバー、ベンバトル、ブレアハウスなどが出走予定。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

日曜阪神12R 鳴門ステークス

先着100名様!凄腕馬券師の
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━

ドバイターフ

本命はリアルスティール

左回り、1800m戦となればまずこの馬。毎日王冠の予想でも書いたように東京コース、更に1800mという距離がベストな馬で、それは過去4勝全てで証明済みなので今更細かく説明する必要もないが、1戦1勝で臨んだ共同通信杯では後の2冠馬ドゥラメンテやアンビシャス相手に勝利、ドバイターフでG1初勝利ときたらこの馬のツボはまさにこの条件だろう。

16年の天皇賞秋でモーリス相手に0.2秒差の2着、続くジャパンカップでは勝ちに行っての競馬でキタサンブラック相手に5着という実績は今回の相手でも十分評価出来るもので、去年のドバイターフは残念ながら直前で回避となってしまったものの、その後の毎日王冠や極悪馬場で行われた天皇賞秋の内容からして海外遠征のダメージや衰えは全く感じられない。

鞍上デットーリと必要以上に人気を集めてしまう要素があったが、急遽乗り替わりとなった今回はある意味プラス。ここはチャンスをモノにしたい。

対抗は人気ブログランキングへ※ベンバトル

メイダンの1800mを得意としている馬で、前走は負けはしたものの、スタートで出負けした事に加えて直線で外を回る厳しい展開になってしまった事が着順に響いた感じで決して力負けではない。去年は強豪馬揃いの英ダービー、キングジョージでそれなりに見せ場を作っており、実績面では少し足りない印象があるものの、今回の相手でも能力は十分通用する。

▲にブレアハウス

前走のジェベルハッタは少し展開が向いた感じもするが、直線で豪快に突き抜けた内容は本物だろう。本レースと相性の良いステップレースからのローテにも好感が持て、手の合うビュイックが乗れるのもプラス。今回は外枠を引き当てた事が一つの課題となりそうではあるが、道中上手く脚を溜める事が出来れば前走の再現があっても。

◎リアルスティール
人気ブログランキングへ※ベンバトル
▲ブレアハウス
☆モナークスグレン
△ディアドラ
△トレスフリュオース
△ランカスターボンバー
△ヴィブロス
△ネオリアリズム
△ジャヌービ
△チャンピオンシップ

対抗はこちら→ 人気ブログランキングへ

※モナークスグレンがダブっていました。ランカスターボンバーの誤りです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第62回 大阪杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
大阪杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年は7人気ステファノスからダブル的中!

昨年から新設GIへと昇格。中距離適性がある馬への出走機会を確保するために新設された中距離GI。中距離路線を歩みたい馬は、天皇賞(春)を見送り海外GIを選択する陣営も多かったが、大阪杯のGⅠ昇格により国内競走に専念できるようになった。

昨年はキタサンブラックが初代王者に輝き、天皇賞春も優勝。宝塚記念では9着に沈んだが、春の王道路線を3連勝するのは至難の業と言えるだろう。

今年は、凱旋門賞後は休養していたサトノダイヤモンド、昨年のマイルCSの覇者ペルシアンナイト、昨年のダービー2着馬スワーヴリチャード、昨年のJCの覇者シュヴァルグランや、マカヒキ、アルアイン、サトノクラウンなどがスタンバイ。キタサンブラックが引退し、古馬のGI路線を引っ張っていくのは、どの馬なのか注目の一戦である。

昨年は7人気◎ステファノスから馬連2320円、3連複4830円のダブル的中!今年は5頭のGⅠ馬が参戦するが、中距離GⅠを制するのは果たして!?競馬セブンでは昨年以上と言える勝負度合いの「ヤリ話」を独占入手済!春の王道路線である大阪杯・天皇賞春・宝塚記念の中でも「大阪杯を勝つ自信がある」と豪語する、とある陣営の勝負情報や人気薄確実な隠し玉勝負馬の大駆け情報なども極秘入手!週末情報はお見逃しの無いようご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『大阪杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第62回 大阪杯(G1)■

自信のペナルティ付き!もし、この
大阪杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク