【エプソムカップ2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、エプソムカップに出走を予定しているアイスストーム、アトミックフォース、サトノアーサー、ソーグリッタリング、レッドヴェイロン、レイエンダの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬

ルーツドール 1人気7着
シャインガーネット 2人気4着
フェアリーポルカ 6人気4着
ロールオブサンダー 5人気7着
ウラヌスチャーム 7人気7着
スマハマ 4人気15着
レッドアンシェル 1人気18着
ダノンフェイス 5人気4着
アルジャンナ 1人気3着
ミヤマザクラ 2人気1着
ダーリントンホール 3人気1着
タガノディアマンテ 1人気7着
モズアスコット 1人気1着
インディチャンプ 4人気4着
フィアーノロマーノ 2人気2着
レジーナフォルテ 7人気8着
ワーケア 1人気2着
ウラヌスチャーム
アヌラーダプラ
サートゥルナーリア 1人気1着
ムイトオブリガード 6人気4着
アルジャンナ 1人気2着
ステルヴィオ 7人気9着
レイエンダ 5人気3着
ブラストワンピース 3人気7着
ダノンファンタジー 1人気5着
ペールエール 6人気15着
レシステンシア 1人気2着
タイセイビジョン 1人気1着
サトノフラッグ 2人気5着
ヴァンドギャルド 2人気3着
レッドルレーヴ 3人気7着
フライライクバード 2人気8着
モズベッロ 5人気7着
ディープボンド 4人気1着
タイセイビジョン 2人気4着
レッドアンシェル 5人気11着
ラヴズオンリーユー 3人気7着
スワーヴアラミス 4人気5着
クラヴァシュドール 3人気15着
コントレイル 1人気1着
ボスジラ 4人気9着
ラヴズオンリーユー 1人気2着
ダノンキングリー 5人気7着

先週の追い切り注目馬は鳴尾記念のラヴズオンリーユーが最低限の結果。馬券も鳴尾記念の穴サイモンラムセスや安田記念の◎ノームコアなどあと一歩の競馬が続いたので、今週は日本ダービーのようにドンズバの大爆発を狙っていきます。

エプソムカップの穴馬3頭

エプソムカップ(G3)
プロの穴馬3頭を無料公開

馬券に絡めば10万馬券も演出可能な
穴馬3頭をプロが推奨!

エプソムカップの予想を無料で見る

エプソムカップ最終追い切り

アイスストーム

あまり負荷はかけられていないが、馬なりでもしっかりと加速出来ている点や頸と脚を出すリズムが非常に良く見える点には好感が持てる。

ただ、身体の使い方はお世辞にも上手いとは言えず、フォームに乱れはなくとも今回はただただ脚だけで走っているような動きとなっているので、良い意味でも悪い意味でも前走から状態は変わらずといった感じになるか。

決して悪い動きではないが、全体的に地味で目立った動きではなかった。

アトミックフォース

頭が高く胸も少し広く感じるが、重心のブレは一切なく、四肢の可動域の広さも十分。馬体からすると完全にパワー型ではあるが、追われてからの伸びやスピード感は何故か抜群に良く見えるので、このギャップは当然のようにプラス材料と言えるだろう。

以前よりも気が強く表に出るようになっているので、レースでもこの気性面が足を引っ張る可能性もなくはないが、距離が短くなるのは悪い印象は受けないので、この気性を武器に出来れば面白さはあるだろう。

ソーグリッタリング

頭の位置が安定しない点や全体的な動きがもさっとしている点は気になるが、身体を大きく使った力強い走りはそれなりに目立っている。

この産駒にしては脚捌きが重苦しい感じもするが、もともと骨格の関係もあって脚捌きは鈍く重苦しく感じる馬なので、これはこの馬の特徴のひとつとして頭に入れておきたい。

もう少し馬体が絞れて欲しかったというのが本音ではあるが、それでも終いの伸びと反応は非常に良く見えたので、前走を使われた上積みには相当期待が持てるのでは。

サトノアーサー

先週同様に走りの癖は強いが、動きはパワフルで力強い。以前よりもすっと加速するような動きではないものの、その分トモに厚みが増した事でダートでも走れるぐらいのパワーが付いた印象で、身体全体を大きく使ってドカドカと走る姿はハービンジャー産駒のよう。

この変化が良い方に転ぶかはわからないが、少なくとも馬が枯れた様子は全く感じないので、この変化は成長したと思っていいのではないだろうか。今週も終いの反応と伸びは抜群なので、態勢は整ったと思っていい。

レッドヴァイロン

馬に活気があって柔らかみのある馬体が目立つ点は相変わらずも、やはり以前ほどのスピードはまだ戻ってこない。

一応追われてしっかりと反応出来ている点や、脚と頸を出すタイミングがしっかりと合っている点など変わってきそうな気配は感じるものの、絶好調時の動きと比較すると気持ち足りない印象を受けてしまう。

ただ、最後まで綺麗なフォームでしっかりと走り切っており、息遣いを見てもここ最近では一番出来は良さそうな感じがするので、この出来である程度の結果が出ないと今後はちょっと雲行きが怪しくなりそう。

レイエンダ

最初は追い切りのメニューを変えてきた事に違和感を感じたが、どうやらオーバーワークを避ける為にコース追いではなく坂路での追い切りとなった模様。先週の追い切りでグランアレグリアを相手に長めからしっかりと動かしていたので、今週は馬なりでの軽めの調整。

今週の追い切りの動きだけを見るとちょっと地味な感じもするが、先週の追い切りではグランアレグリアの追い出しを待てる程手応えに余裕を残したまま走れていたので、前走のダービー卿同様に出来はかなり上向いているのでは。

ダービー卿では注目馬として挙げたが、今回もその時の出来と比較しても遜色ない出来に持ってこれたと思っていいだろう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第37回 エプソムC(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

ダノンシャーク、ジャスタウェイ、エイシンヒカリ、サトノアラジンなど、好走馬の中からGI馬が出ている“出世レース”の1つ。その理由は、前週のクラス再編成で賞金が半分となった4歳馬の中で、安田記念の出走が叶わずココに回ってくる馬が少なからずおり、レースレベルを上げていたことも関係しているだろう。

だが、去年から降級制度が廃止、これによって出走してくるメンバーの質が変わってくる可能性は十分。実際、去年の勝ち馬レイエンダはその後は未勝利のままだ。

かつては、「秋のために賞金加算を」との思惑で出走させる陣営は少なくなかったが、「安田記念、宝塚記念などと「両睨みにしてココ」との陣営が増えた。

こうした表には見えない、一般レベルでは考えに至らないところにも、ハイセイコーの増沢末夫を筆頭に、競馬界のOB、現役の馬主、エージェント、生産者と、大物関係者揃いの情報ルートを擁するシンクタンクは、いち早く着目し、即時対応することがきる。

取材制限が続く現状でも、関係者たちから個別に連絡を取ることができるから、全く影響が出ていない。春のGⅠシーズンに万馬券的中を連発していたのも、確かな情報力の賜物なのだ。

シンクタンクの情報力を、ぜひとも知っていただくために、今週はエプソムカップの関係者情報だけではなく、馬券候補が簡単に絞れる“情報注目馬5選”も特別無料公開。お見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 エプソムC(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク