【エリザベス女王杯2018予想】本命ノームコア

スポンサーリンク


おはようございます。

土曜の予想は可もなく不可もなくといった感じ。京都ジャンプステークスで◎タマモプラネット〇ミヤジタイガの1点で単勝、馬連、馬単を的中させるも、武蔵野ステークスは◎ユラノトが4着、デイリー杯2歳ステークスは◎ヤマニンマヒアは全くダメ、縦目で買った☆ハッピーアワーからの馬連もハズレといった感じで、武蔵野ステークスを的中できなかったのは痛かったです。

では本日は日曜の京都メイン、エリザベス女王杯の予想を。アドマイヤリード、カンタービレ、クロコスミア、スマートレイアー、ノームコア、ミスパンテール、モズカチャン、リスグラシュー、レッドジェノヴァなどが出走する芝2200mのG1レース。

去年のこのレースはベタに当てにいく印を打って痛恨の〇▲☆ド縦目決着。この組み合わせで3連複が2万もついた事がきっかけでド縦目は必ず購入するようになりました。今年はある意味ベタに自分らしい印で購入します。

追い切り、その他重賞予想の記事はこちら

3点勝負買い目を無料公開

エリザベス女王杯

本命はノームコア

これまでフラワーカップ、フローラステークス、そして前走の紫苑ステークスと重賞3戦全てで本命にしてきた馬で、仮に秋華賞に出走していればほぼ間違いなく本命だった。もし順調に使われていればアーモンドアイが相手でも好勝負に持ち込めた可能性は高かったと思っており、去年骨折をしていなければもっと早く重賞のタイトルに手が届いていただろう。

初戦は先行馬が崩れる展開の中で直線2番手から早め先頭の強気な競馬で押し切り、続くアスター賞でも牡馬相手に完勝とこの2戦で重賞を意識させるも残念ながら骨折。その骨折明けとなったフラワーカップでは勝ち馬に直線で早めに来られてしまう決して楽とは言えない展開の中でも最後の最後まで粘って3着を確保しており、フローラステークスでも不利な外枠から最低限の結果を残した。

前走はあまりにも鮮やかな勝利ではあったが、この馬の秘めた能力を考えるとあの結果は当然といえば当然で、この血統らしくここに来ての成長力には目を見張るものがある。

秋華賞を使えなかった事は気になるが、去年のディアドラとは違って本馬は距離に不安もなく、何より鞍上が鞍上なだけあってある程度人気であっても変に逆らう事は出来ないだろう。ここは当然勝ち負けになる。

対抗はモズカッチャン

去年のエリザベス女王杯以降は勝ち切る事が出来ていないが、どのレースも牡馬が相手で楽な戦いではなかった。それでも京都記念ではアルアイン、レイデオロとタイム差なしの競馬、そして前走はサングレーザーを相手にハナ差まで迫っており、牝馬が相手となる今回は当然巻き返しに期待が持てるだろう。

ただ、今期あまり勢いが感じられない鞍上と、間隔があけば硬くなりやすい体質がどう出るか。ここはその分だけ評価を落として印を打つ事にしたが、力を出し切れば当然連覇があっても驚けない存在。

▲に人気ブログランキングへ

今回は距離が課題となりそうではあるが、前走はいつもより後ろからレースを進め、直線では大外に出す競馬でしっかりと差を詰めてきたように、今回の相手であればこの馬の能力も通用するものはあるだろう。ここに向けて順調に駒を進めてきた点にも好感が持てるので、ハービンジャー産駒のどちらかが崩れるレースになれば自然と本馬が浮上する事となりそう。

☆にレッドジェノヴァ

前走の京都大賞典は直線で外に出すロスがあったが、進路をみつけると豪快に伸びてサトノダイヤモンド相手に0.1秒差の2着まで詰め寄る好内容。内のシュヴァルグランをあっさり交わし、アルバートにも1馬身以上着差をつけている点を考えても相当価値のある結果といえ、骨っぽい牡馬相手にこれだけの競馬が出来れば前哨戦としては完璧だろう。

2走前のワールドオールスタージョッキーズでも馬場の真ん中から直線力強く抜け出し快勝。3,4着のドレッドノータス、アドマイヤエイカンが次走で準オープンを一発で勝ち上がっている事からして相手に恵まれての勝利でもなかった。

一週前、最終追い切り共に抜群の動きを披露した今回は状態面に関しても全く不安はなく、この厩舎で栗東滞在という過去に結果を残している調整過程とだけあってここは怖さしか感じられない。上位人気馬が休み明けや中間に順調さを欠いた事を考えると付け入る隙は十分あるだろう。

ただ、何度シミュレーションをしても頭で突き抜けるイメージが沸かず、想像以上に人気になっている事もあって馬券の組み立て方を考えると非常に扱い辛い存在なだけに、ここは妙味ではなく単純に勝つ確率を重視して印を打った。

◎ノームコア
〇モズカチャン
人気ブログランキングへ
☆レッドジェノヴァ
△リスグラシュー

▲はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬牝馬の大半にとっては秋の大目標であり、3歳牝馬にとっては一線級の古馬と初めて激突する舞台。古馬からは連覇を狙うモズカッチャンを筆頭に、リスグラシュー、ミスパンテールといった重賞馬たちが参戦。今年の3歳牝馬はアーモンドアイが3冠を達成したため、GI馬の参戦はなく、カンタービレ、ノームコアの2頭のみの登録となったが、いずれも粒ぞろいのメンバーと言える。

初顔合わせとなれば、世間一般の人達は能力比較に頭を悩ますことになる。そこに年齢による斤量差、馬の状態、騎手、厩舎、馬主といった関係者の思惑が重なり、まさに難解と言うべき1戦となる。事実、1番人気は6連敗中で、去年は9番人気クロコスミアが、一昨年は12番人気シングウィズジョイが馬券に絡むなど、穴馬の活躍も目立っているのだ。

そんな「混戦」「穴ムード」が漂う時こそ、本領を発揮するのが我々シンクタンクの情報網だ。競馬界の大物OBを筆頭に、騎手、厩舎、馬主、生産者とあらゆる関係者筋の情報ルート達が在籍しているからこそ、どの陣営が“買い”なのか的確にジャッジすることが可能。秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)でも情報通りに的中をお届けしているように、エリザベス女王杯でも、虎視眈々と一発を狙う穴情報馬の存在をキャッチしている。

今回はシンクタンクの情報力を知ってもらうべく、当社を初めてご利用頂く方に限り、エリザベス女王杯の【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。その他にも、馬券に役立つ情報も公開するので、弊社の情報がどんなものか体感していただけるはず。このチャンスを是非活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク