【エリザベス女王杯2018予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の京都メイン、エリザベス女王杯に出走を予定しているノームコア、モズカッチャン、リスグラシューの一週前追い切りの記事と先週の予想結果を軽く。

その他の追い切り記事も出す予定ですが、まずは上位人気が予想される3頭からいきます。

南武特別予想結果

1着○オジュウチョウサン
2着▲ブラックプラチナム
3着…トラストケンシン

6着◎ジナンボー

オジュウチョウサンの連勝がストップしなかった事は素直に嬉しいです。この後はステイヤーズステークスでみたい。本命にしたジナンボーはやはり距離ですかね。

河北新報杯予想結果

4着◎ムスコローソ

ブログでは本命馬のみ公開していたのでここは着順のみで。ここは割と色がありましたが、またまた出遅れで痛恨の4着。

京王杯2歳ステークス予想結果

1着▲ファンタジスト
2着◎アウィルアウェイ
3着☆カルリーノ

3連複 1.170円

ベタな印を打ち、ベタに的中。調教も抜群だった☆カルリーノが内を引けばこちらを本命にと思っていましたが、枠順で少し評価を下げました。

馬券は無理をせず点数を絞った3連複のみを購入していたので、当たったのは当然安い3連複のみです。

ファンタジーステークス予想結果

1着◎ダノンファンタジー
2着△ベルスール
3着☆ジュランビル

3連複 2.370円

こちらもベタに印を打って的中。欲を出さずに3連複のみで勝負しましたが、意外といい配当に。

アルゼンチン共和国杯予想結果

1着◎パフォーマプロミス
2着〇ムイトオブリガード
3着…マコトガラハッド

馬連 910円 馬単 1,910円

本命対抗で決まるも無念の相手抜け。そこそこ自信のあるレースでしたが最低限の馬券のみの的中だったので、微プラで終了。

JBCスプリント予想結果

1着△グレイスフルリープ
2着△マテラスカイ
3着〇キタサンミカヅキ

11着◎ネロ

ここはかすりもせず。完敗です。

JBCクラシック予想結果

1着◎ケイティブレイブ
2着〇オメガパフューム
3着▲サンライズソア

3連複 910円 3連単 4,890円

ここは久々のド本線的中。配当は安かったですが、ほぼ読み通りの結果でした。今週一番自信があるレースだったので的中出来て良かったです。

JBCレディスクラシック予想結果

1着◎アンジュデジール
2着△ラビットラン
3着△ファッショニスタ

単勝 1,310円

馬連 2,090円 馬単 5,890円

ここは本命馬の頭が勝負だったので相手が少しズレてしまった事は痛恨ですが、単勝や馬単はしっかりと的中。本命馬はもう少し人気になると思いましたが意外と人気がなかったですね。

先週は平日の交流重賞を含めると7戦6勝ととりあえず数は当たったという感じ。ただ、肝心の配当が安いものばかりで、配当が跳ねたところは相手抜けなどまだまだ噛み合わない部分もありますが、11月に入ってかなり調子が戻ってきました。

後はまた別の(最終追い切り)記事で触れようと思いますが、調教で評価した馬の好走がかなり目立った週でもありましたので、追い切り注目馬にもご期待下さい。

そろそろ10月のクソ予想を払拭出来るような大きい配当を当ててやりたいと思いますので、今週もよろしくお願いします。

3点勝負買い目を無料公開

エリザベス女王杯一週前追い切り

ノームコア

身体や頸の使い方が上手く、フォームは美しい。ただ、ある程度追われた割には伸びがイマイチで、調教パートナーの手応えの違いをみてもあまり評価する事は出来ない動き。それでも脚はしっかりと上がっており、脚捌きをみても程々に軽さがあるので、全くダメという調教ではなかった事は確か。反応の鈍さや馬体が緩く見えるのはやはり久々の影響で、このひと追いである程度スイッチが入れば…という感じの評価。

モズカッチャン

こちらも馬体に緩さがある点が目につくが、追われた時の反応はまずまずで、調教パートナーに遅れは取ったが、ラストの伸びや手応えを考えるとそれなりの評価は必要だろう。身体も大きく使えており、可動域も広く全体的に硬さもない(硬くなりやすいタイプだけにここはかなり重要)

頭の高さ、軸も安定しており、適度に負荷をかけられている点にも好感が持てる。欲を言えばもう少しピリッとした面が出てほしいが、この追い切りである程度スイッチは入ると思うので、仕上がりに関しては不安はなさげ。使われた上積みは大きい。

リスグラシュー

脚が上がらず徐々にへばっていく。胸が広く、スピードが外に逃げている点も気になるポイントではあるが、脚捌きに素軽さがない点、力強さも全く感じられない点は大きく割り引く必要がありそう。

前走時の追い切りが一週前、最終共に抜群に良かった馬で、さすがにあれ以上となると、とは思っていたが、こちらが想像した以上に出来落ちという動きだった。

ただ、余力がなくなりながらも脚がバラバラにならない点、フォームが全く乱れない点は評価しておきたい。最終追い切りでどこまで立て直せるか。

予想オッズ

1 モズカッチャン 2.5
2 リスグラシュー 3.9
3 ノームコア 4.1
4 レッドジェノヴァ 6.8
5 カンタービレ 7.7

最後にエリザベス女王杯の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

先週はここであげたJBCクラシックのケイティブレイブがきっちりと1着。ここであげた馬を当日本命にする際は勝負なので週末まで覚えておいてください。

今週のエリザベス女王杯はまずこの馬に注目。今回の相手でどこまでといった感じも、前走の内容からするとここも面白いのでは。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

古馬牝馬の大半にとっては秋の大目標であり、3歳牝馬にとっては一線級の古馬と初めて激突する舞台。古馬からは連覇を狙うモズカッチャンを筆頭に、リスグラシュー、ミスパンテールといった重賞馬たちが参戦。今年の3歳牝馬はアーモンドアイが3冠を達成したため、GI馬の参戦はなく、カンタービレ、ノームコアの2頭のみの登録となったが、いずれも粒ぞろいのメンバーと言える。

初顔合わせとなれば、世間一般の人達は能力比較に頭を悩ますことになる。そこに年齢による斤量差、馬の状態、騎手、厩舎、馬主といった関係者の思惑が重なり、まさに難解と言うべき1戦となる。事実、1番人気は6連敗中で、去年は9番人気クロコスミアが、一昨年は12番人気シングウィズジョイが馬券に絡むなど、穴馬の活躍も目立っているのだ。

そんな「混戦」「穴ムード」が漂う時こそ、本領を発揮するのが我々シンクタンクの情報網だ。競馬界の大物OBを筆頭に、騎手、厩舎、馬主、生産者とあらゆる関係者筋の情報ルート達が在籍しているからこそ、どの陣営が“買い”なのか的確にジャッジすることが可能。秋華賞、菊花賞、天皇賞(秋)でも情報通りに的中をお届けしているように、エリザベス女王杯でも、虎視眈々と一発を狙う穴情報馬の存在をキャッチしている。

今回はシンクタンクの情報力を知ってもらうべく、当社を初めてご利用頂く方に限り、エリザベス女王杯の【3連単勝負馬券】を特別無料公開させて頂く。その他にも、馬券に役立つ情報も公開するので、弊社の情報がどんなものか体感していただけるはず。このチャンスを是非活用して頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第43回 エリザベス女王杯(GI)

万馬券を狙い撃つ
【3連単勝負馬券】を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク