【エリザベス女王杯2021予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、エリザベス女王杯に出走を予定しているウインキートス、ウインマリリン、クラヴェル、テルツェット、レイパパレの最終追い切りに関する記事と馬券のヒントを。

なお、こちらのエリザベス女王杯のフル予想を含め、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【エリザベス女王杯2021予想他】11月14日勝負レース

2021追い切り注目馬後半

メイショウチタン 5人気12着
ヴェイルネビュラ 12人気10着
ワイドファラオ 4人気8着
ショウナンバルディ 9人気3着
カイカイノキセキ 2人気2着

モントライゼ 3人気12着
ドナアトラエンテ 2人気11着
メイショウムラクモ 1人気1着
ダンツキャッスル 8人気9着
シャドウディーヴァ 2人気7着
ヴェロックス 2人気7着
ジャンダルム 1人気7着
ソダシ 2人気1着
アストラエンブレム 14人気5着
アライバル 1人気2着
アスクワイルドモア 4人気2着
ショウナンバルディ 9人気14着
アカノニジュウイチ 11人気13着
スパークル 11人気10着
ソーヴァリアント 2人気2着
シャフリヤール 1人気4着
ランブリングアレー 4人気7着
ケイティブレイブ 10人気11着
メイケイエール 7人気4着
ダノンキングリー 2人気2着
アリストテレス 1人気2着
ドナアトラエンテ 3人気4着
ソダシ 1人気10着
ロータスランド 3人気10着
ステラヴェローチェ 2人気4着
ルークズネスト 2人気4着
コントレイル 1人気2着
ウォーターナビレラ 2人気1着
フライライクバード 3人気3着

先週の追い切り注目馬はどちらのレースもきっちりと好走。

馬券もファンタジーステークスは◎ウォーターナビレラから無難に本線的中、アルゼンチン共和国杯は本命はスカりましたが、ド縦目馬券が刺さってこちらも最低限の的中と今週に向けての肩慣らしとしては悪くない結果だったと思いますので(肩慣らしする気はありませんでしたが…)、去年20万馬券が炸裂した武蔵野ステークスを筆頭に、得意の条件が揃いも揃った今週は間違いなくホームランが打てるでしょうと週末の自分に言い聞かせておきます。

3点勝負買い目を無料公開

馬券のヒント

内枠が死んでいる訳ではないが、完全に外枠有利の馬場で、日曜は全てのレースで7~8枠が馬券に絡んでいた。

6レース中5レースで1人気が勝利し、二桁人気の馬が馬券に絡んだのは1レースのみという全体的に人気よりの決着に。

脚質面では先行~差しが有利な馬場で、逃げ馬はやや苦戦傾向。

血統面ではディープインパクト産駒が好成績を残していたので、今週も引き続き注目しておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

上位人気確実のレイパパレに死角あり!

【エリザベス女王杯注目穴馬】

秋のG1シリーズ完全的中でスタート!

スプリンターズS
◎ピクシーナイト(3人気)
穴シヴァージ(10人気)

3連単 3万8610円
3連複 9050円
馬連 890円

使い方は自由自在!
競争馬のプロが教える馬券候補5頭

宝塚記念(GI)情報注目馬5選

①ユニコーンライオン(7人気)→2着
②レイパパレ(2人気)→3着
⑦クロノジェネシス(1人気)→1着
⑨アリストテレス
⑩カレンブーケドール

例えば、この5頭をまとめて買った場合…

馬連 2780円
3連複 2200円
3連単 1万3340円

アナタ使い方次第で高配当も狙える!

【エリザベス女王杯注目穴馬】

エリザベス女王杯最終追い切り

※例によって画像が取れなかったので、写真はイメージ(一週前のもの)です。

ウインキートス

可動域は決して広い感じはしないが、脚がしっかりと前に出ている事もあって馬体以上に動きが大きく、迫力も感じられる走りとなっている。

それ以上に大きなトモがパンパンに張っている事もあって牝馬とは思えない程地面を蹴る力も強く感じられるので、この産駒らしく久々を2度使われた上積みは相当大きそう。

先週ビシッと追われている事もあって今週は追い切りの内容自体は緩く見えるが、2週の動きを総合するとまずまず仕上がったと思っていい。

ウインマリリン

追われてからの反応が鈍く重心もブレるが、それ以上に全体的に馬体が枯れて見える点が引っかかる。

それと同時にトモ、ひばらも薄く、可動域が広い割には全く力強さを感じる事の出来ない物足りなさが残る追い切り、動きとなっているので、案外前走の疲労が抜け切っていないというパターンもありそうな気もするが…。

もともと追い切りでは派手に動くタイプではないが、今回の動きも地味すぎるというのが最終的な答えとなる。

クラヴェル

胸が狭く脚もとにも硬さが残っているが、おそらくこの硬さなどに関しては血統からくる特徴のひとつでもあるので、極端に割り引く必要はないと判断。

走りに癖も特徴もない良くも悪くも平凡な動きとなっているが、数を使われても全く馬体、動きに変化がないという事はそれだけ出来も安定しているという事になるので、出来をキープ出来ている=この馬なりに力を出し切れる出来にあるとみて間違いなさそう。

テルツェット

頸差しが硬くフォームは沈まないが、広い可動域を活かした力強い走りは相変わらず見栄えする。

ただ、派手な動きと追い切りの内容が比例せず、追っても反応がイマイチな点はいかにも休み明けという感じになるので、今回はその分の割り引きは必要になりそう。

いつも以上に内面が表に出ていない点も気になるので、どちらかといえば使われた次が勝負のような気も。

レイパパレ

いつも追い切りでは地味な馬ではあるが、今回もいつも通り派手さはなく、こじんまりとした平凡な動きが目に付く。

それでも身体全体を使った動きと追われてからの反応の良さは素晴らしく、動きが小さい割には滞空時間が長く感じるなど、前走を使われた上積みには大きな期待が持てそうなので、この出来ならさすがに変わってくる可能性が高いのでは。

相変わらず腰はブレるが、現時点で疲労が大きく蓄積しているような印象は受けないので、何かあるとすればこの後という事になりそう。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

正直動きだけを見ると3強とは思えない程混戦レース。その中でも本馬はここでこそ、という動きを披露してきたので、追い切り通りであれば上位に食い込んでくるのでは。

なお、こちらのエリザベス女王杯のフル予想を含め、土曜、日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【エリザベス女王杯2021予想他】11月14日勝負レース

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第46回 エリザベス女王杯(GI)>

アカイトリノムスメを脅かす
隠れ穴馬の正体は?

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

今年も昨年同様、京都競馬場の改装工事のため阪神競馬場で行われる。宝塚記念が行われる内回りコースを使用。3歳馬VS古馬勢の対決は見もの。

過去10年の平均配当は馬連4530円、3連複8820円、3連単5万5460円。馬連3桁配当は2度、馬連万馬券が1度、3連単10万馬券以上が2度、3連単最高配当は15万8930円。大荒れするレースではないが中波乱が多いレース。

過去10年の上位人気別の成績は1人気【2.3.2.3】・2人気【1.1.1.7】・3人気【4.0.2.4】。1人気で勝ったのは20年ラッキーライラック、11年スノーフェアリーの2頭のみも上位人気馬で7勝しており、上位人気馬が揃って馬券圏を外すとこはない。二桁人気の伏兵馬は16年シングウイズジョイ(12人気2着)1頭のみが馬券圏に好走。近年では大荒れ傾向はない牝馬限定GI。

ステップレースでは府中牝馬S(4勝)、秋華賞組(2勝)、オールカマー(2勝)。3歳馬は秋華賞、古馬は府中牝馬Sからのローテが主流となっているが、オールカマー組から優勝馬が2頭出ているように牡馬混合戦を戦って来た出走馬にも注目。

過去10年年齢別の成績では、3歳馬(2勝)、4歳馬(6勝)、5歳馬(2勝)となっており古馬勢が優勢。直近6年では4歳馬が5勝と活躍。

今年は3歳馬から秋華賞馬アカイトリノムスメ、ステラリアの2頭がスタンバイ!古馬勢では牡馬相手の大阪杯を制したレイパパレ、オールカマー連対馬ウインマリリン、ウインキートスが出走予定。競馬セブンでは人気薄の激走情報を極秘入手済!人気薄激走情報馬が馬券に絡めば好配当間違いなし!

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『エリザベス女王杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

3点勝負買い目を無料公開

 

スポンサーリンク