【エルムステークス2018予想オッズ】穴馬・ノーブルサターン馬体診断

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、エルムステークスに出走を予定しているノーブルサターンの馬体診断の記事を。

地味な馬ではありますが、以前から何度も本命にしているそこそこお気に入りの馬。クインズサターンのように追いかけて損はないタイプなので、重賞でも条件合えば面白いでしょう。

関屋記念に関する記事はこちら

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第53回 関屋記念(G3)

サマーマイルシリーズはわずか3戦と対象鞍が少ないため、チャンピオンを狙うためのハードルを高い。対象鞍で必ず1勝上げねばならず、短い期間で対象鞍に最低2度出走せねばならない。仮に対象鞍を勝ったとしても、秋を見据えてチャンピオンを狙わない馬も出てくる。

取材場所が全国に広がる夏競馬期間中ともあって、マスコミの取材も手薄。コメントの各社使い回しはもちろん、調教時計も満足に取れない状況、しかも「今年は暑さで参っている記者もいて余計に大変」と、余計に人手不足に喘いでいるという。これではまともな情報を入手できるはずもなく、こうした情報を参考にする一般ファンでは、雲を掴むのと同じくらい、的中馬券を掴むのは難しくなっていく。

無論、競馬界の大物OBや大物関係者が情報ルートとして名を連ね、全国各地に情報ルートがおり、しっかりとした取材態勢を整えている当社シンクタンクとっては“取材不足”など無縁な話。事実、サマーマイルシリーズ初戦の中京記念でも、情報通りに【3連単2万5980円的中】を掴んでいる。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

エルムS馬体診断

ノーブルサターン

2歳500万のパドック

馬体重504キロ、前走から増減なし。初戦はダートの1200mを使って大敗、続く2戦目では芝を使い同じく大敗。そして3戦目でダートの中距離を使われここで一気に馬が化けるが、胴長で頸差しとのバランスや馬体に遊びがある点を考えると、明らかに短距離馬ではない事がわかるので、ここの激走はある意味当然と言えば当然。ただ、能力的なものを考えるとこのタイミングでこの馬をピンポイントで拾うのは相当難しかった。

非常にバランスの取れた馬体で、ダート馬の割には骨格が細く、繋ぎやクッションをみてもスピードもあるタイプと言えるので、芝を使われた事も何となく理解は出来るが、芝を走るには馬体全体の柔らかさ、弾力が足りない。

悪く言えば中途半端なタイプではあるが、どこかのタイミングで芝を走れる馬が出てきてもおかしくないA.P系、シニスターミニスターよりもパイロ寄りのタイプと思っている。

安達太良ステークスのパドック

馬体重506キロ、前走からマイナス2キロ。馬体重こそ大きく変わらないが、パーツ、特に肩の筋肉量はしっかりと増えている。相変わらず骨格は細く感じるが、筋肉量が増えた事で以前よりもダート馬らしい馬体となっており、その中に繋ぎからスピードが加わったようなタイプとなっているので、今の馬体は中途半端と言うよりも、スピード、パワー共に兼ね備えた万能タイプと言える。

周回する様子を見ても、使われながら徐々に柔らかさ、弾力が失われてきており、ここが大きく成長したと感じる部分で、おそらくこの先はダート馬らしい硬さが出てくるのではないかと推測する。

休み明けとなればその硬さの部分は勿論ではあるが、内面にもスイッチが入りにくいタイプなだけに、レースに行っても100%の力を出し切れない事が多く、逆に使ってどんどん良さが出るタイプなので、前走から間隔が詰まっている点はまずプラスになる。

今回は重賞なので相手は当然揃うが、ローテや今の充実度を考えると、今回のメンバーで全く歯が立たないという事はないのでは。どのみち人気も控えめのここは一枚抑えて損はないだろう。

予想オッズ

ミツバ 3.1
ハイランドピーク 4.4
リッカルド 5.5
ドリームキラリ 6.1
 ロンドンタウン6.9

1人気は近走安定した成績を残しているミツバ。続いて秘める能力高いハイランドピーク、鞍上込みで売れそうなリッカルド辺りが上位人気に支持されるか。自分の形であればしぶといドリームキラリ、去年の勝ち馬ロンドンタウンも大きな差はなく続く事になりそう。

最後にエルムSの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

去年はテイエムジンソクの馬単2着固定がハマったレース。今季最も相性の良い北海道での重賞なので、海外の前にここは何としても当てておきたい。

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 関屋記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
関屋記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

2012年からサマーマイルシリーズ第2戦に指定された関屋記念。サマーマイルシリーズは3戦のみとなるが、サマーマイルシリーズの優勝を狙う為にも重要な一戦となる。

サマーマイルシリーズが開催された2012以降、関屋記念の優勝馬ではクラレント、レッドアリオンがシリーズチャンピオンに輝いている。過去にはジャスタウェイ、ダノンシャーク、カンパニーが同レースで好走し、後にGI馬となっているように、GIへの登竜門でもある。昨年は関屋記念・2着馬ウインガニオン(中京記念1着)がサマーマイルシリーズのチャンピオンに輝いた。

過去10年の傾向では、1人気[2.2.1.5]、2人気[2.2.0.6]、3人気[1.0.2.7]。二桁人気馬は2頭のみ馬券圏に好走しているが、上位人気馬が崩れることが少なく大波乱となるケースはない。

サマーマイルシリーズが開催されてからのステップレースでは中京記念組が主力となっている。ステップレース別での成績では中京記念【2.3.2.33】、安田記念【2.1.0.7】、1600万【2.1.0.9】、オープン【1.1.4.34】エプソムC【0.3.0.7】。主力となる中京記念組みでは上位入線組みよりも、掲示板外に敗れた出走馬の好走が多い。

新潟芝1600Mの外回りコースは約659Mと直線長いコースで前半のペースが遅くなりやすく、展開次第では先行馬の活躍も目立つ。高速決着になる傾向で上がりも速くなる。枠順では圧倒的に7枠・8枠の好走が多く外枠が有利な傾向。

競馬セブンでは、真夏の重賞競走もプロキオンS【馬連2750的中】、中京記念【2万5980円的中】、アイビスSD【1020円的中】、クイーンS【1610円的中】、函館SS【3090円的中】や、春のGIグランプリレース宝塚記念【馬連9200円的中】などをお届け!今週の関屋記念にも強力情報馬が出走致しますので大きくご期待ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『関屋記念・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

<第53回 関屋記念(G3)>

自信のペナルティ付き!もし、この
関屋記念を3点で獲れなければ
2018年有馬記念までの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク