【エルムテークス2020予想考察】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の札幌メイン、エルムステークスに出走を予定しているウェスタールンド、アナザートゥルース、エアスピネル、タイムフライヤー、ロードゴラッソの最終追い切りに関する記事を。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

2020年追い切り注目馬後半

タイセイアベニール 2人気4着
サクラトゥジュール 4人気6着
ミッキーワイルド 7人気13着
マイネスサーパス 4人気11着
ベストアプローチ 4人気10着
ミッキーブリランテ 7人気5着
ゴールドクイーン 4人気16着
カリビアンゴールド 5人気5着
穴レッドアネモス 11人気1着

エルムステークス最終追い切り

ウェスタールンド

馬体にはいくらか余裕があるも、動きは軽く脚捌きも非常にスムーズに感じる。年齢的なもので内面が表に出なくなった事もあるが、ゆったりとしたフォームでリズム良く駆けており、身体を大きく使って走る姿には風格を感じるようになった。最後はもう少し弾けても良かったが、手応えは非常に楽だったので、久々でもまず力は出せる出来にあるのでは。

アナザートゥルース

いつも休み明けの追い切りは動かない馬ではあるが、今回は入りから内面にスイッチが入っていてキビキビとした活気のある動きが目に付いている。調教パートナーを追いかけて楽な手応えのまま並びかけると、一気にスピードに乗って相手を突き放す内容のある追い切りとなっており、脚を大きく前へ出して豪快に走る姿からするとここはいきなりからエンジン全開と思っていいのではないだろうか。まず好調とみる。

エアスピネル

乗り役を背に馬なりでの調整。フォームが軽く脚の回転も非常に速いが、トモや肩の筋肉の関係もあってか動きに迫力があって地面を蹴る力も強く感じた。負荷をかければいつでもぶっ飛んでいきそうな手応えもあり、馬体を持て余す事なく身体全体を使って走れていたので、今回の動きからすると前走からの上積みにも期待が持てるのでは。馬なりでも決して緩めてきた様子は感じられなかった。

タイムフライヤー

気持ちが表に出すぎているが、前半から迫力のある力強い動きが目に付く。馬体の張りや毛艶の良さも目立っており、追われた後の反応の良さや脚捌きからすると状態面に関しては申し分ないと言えるのでは。ただ、良い頃の動きと比較すると少し荒さを感じなくなっているので、この落ち着きが良い方向に転ぶかどうかは怪しい気もするが…。

ロードゴラッソ

脚が流れている点や可動域が狭い点など気になるポイントは多いが、相手にビシッと馬体を併せて負荷をかけてきた点は評価しておきたい。ただ、馬なりの調教パートナーに軽く捻られてしまった点は見たままの評価が必要となるので、前走からの大きな変わり身には期待は持てないかもしれない。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝中心の中央競馬では、ダート重賞の数は圧倒的に少ない。交流重賞があるとは言え、出走枠が限られているため、潤沢に賞金を持つ一線級でなければ、なかなか思い通りレースを使えない現状となっている。

それ故、出走枠が多い中央のダート重賞は貴重な存在だ。勝たねばならぬオープン特別とは違い、2着でも賞金を加算できるのも大きい。

しかも、エルムSは小回り1700mで行われる唯一の重賞。この条件を得意とする馬にとっては、大きな目標になることは言うまでもない。

事実、近5年でハイランドピーク、ドリームキラリ、クリノスターオーと数々のリピーターが出ており、2015年3着のエイシンモアオバ―などは、このレースで4度も馬券に絡んでいる。

無論、単純にリピーターだけ買えばいいということではない。小回り1700mの番組は、札幌以外にも函館、小倉、福島とあり、それぞれコースによって差異はあるが、千直ほど特異な条件ではないからだ。

どの馬が“買い”なのか。そのジャッジを下すために必要なのは、各陣営の本音や裏事情をしっかりと掴み、時間をかけてじっくりとレースを分析すること。それを一介の記者が集めてくる建前コメントや、個人レベルのレース分析で的確に行うことは不可能と言えよう。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、調教師が名を連ね、競馬界の大物関係者が情報ルートとして多数所属しているため、常日頃から、あらゆる情報が必然的に集まってくることになる。そして、レースを分析するプロたちが、様々な角度から検討に検討を重ね、結論を出しているのだ。

今週はエルムSでシンクタンクが掴んでいる本物の関係者情報に、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。まだシンクタンクの情報を知らない方は、この機会にぜひとも体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク