【エルムステークス2020予想オッズ】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の新潟メイン、レパードステークスに出走を予定しているデュードヴァン、ブランクチェック、ミヤジコクオウ、ライトウォーリア、ラインベックの一週前追い切りに関する記事と軽く日曜の札幌メイン、エルムステークスの事にも触れていこうと思います。

その他の追い切りや週末の予想に関してはこちらから。

【追い切り、週末の競馬予想】

エルムステークス予想オッズ

1 タイムフライヤー 2.4
2 エアスピネル 4.1
3 ウェスタールンド 5.1
4 アナザートゥルース 6.6
5 ハイランドピーク 10.7

札幌開催が始まって以降、それなりに好調が続いていますが、ダート戦はまだブログでは予想していないので、今週はちょっと流れが変わらないように注意する必要がありそう。

ただ、予想をオッズを見ると明らかに怪しそうな人気、逆に下位人気に面白そうな馬がいるレースなので、馬場がしっかりと読む事が出来れば普通に買えそうです。後は雨の影響があるのか、それともないのか…。ここが一番のポイントになるか。

レパードステークス一週前追い切りその2

デュードヴァン

脚もとに悪い意味で軽さがあり、硬さが残っている事もあって全く前にも出ない。頸差しを中心にフォームにも硬さがあり、可動域も狭く全体的な動きに関してもこじんまりと見える点は当然のようにマイナスか。

追われた時の反応も悪く、最後まで外の2頭に食らい付く事が出来ずにフィニッシュと物足りなさが残ってしまう追い切りとなっているので、このひと追いでどこまで動きが変わってくるか…。

ブランクチェック

動きは大きく力強いが、まだまだその大きな馬体を持て余すような動きとなっており、トモも緩くひばらのラインも甘さが残っている。その影響もあって追われても加速する事が出来ず、結果最後は相手に突き放されてしまって置かれる形となってしまった。ただ、しっかりと負荷はかけられているので、ある程度絞れればまた反応も変わってくるのでは。

ミヤジコクオウ

フォームに一切無駄がなく、重心のブレも全く見られない完璧な走り。追われるとエンジンも一瞬でかかっており、スピードに乗るとそのままの勢いで突っ走って相手を置き去りにする圧巻の動きを披露。それなりに負荷はかけられているが、最後の手応えを見るとまだまだ余裕も感じられたので、これは前走からの上積みに相当な期待が持てるのでは。

ライトウォーリア

線が細く力強さには欠ける動きではあったが、身体全体を大きく使ってノビノビと走れている点には好感が持てる。それでもまだまだ中身が出来ていないのか動きの割には迫力を全く感じられないので、重賞となると少し足りない気もするが。

ラインベック

可動域が狭く動きもこじんまりとしてみえるが、脚捌きは軽く乗った時のスピードはさすがの一言。馬なりで楽々相手を突き放した点は当然評価出来るが、力強さには大きく欠けてしまうような動きでもあったので、ダートの重賞となるとちょっと怪しさも感じられるが…。ただ、動きそのものは抜群だったので、調子に関しては悪い印象は全く受けない。

最後にエルムテークスの注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

夏の重賞は波乱が続きますが、ここもおそらくその傾向が続くのではないでしょうか。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

芝中心の中央競馬では、ダート重賞の数は圧倒的に少ない。交流重賞があるとは言え、出走枠が限られているため、潤沢に賞金を持つ一線級でなければ、なかなか思い通りレースを使えない現状となっている。

それ故、出走枠が多い中央のダート重賞は貴重な存在だ。勝たねばならぬオープン特別とは違い、2着でも賞金を加算できるのも大きい。

しかも、エルムSは小回り1700mで行われる唯一の重賞。この条件を得意とする馬にとっては、大きな目標になることは言うまでもない。

事実、近5年でハイランドピーク、ドリームキラリ、クリノスターオーと数々のリピーターが出ており、2015年3着のエイシンモアオバ―などは、このレースで4度も馬券に絡んでいる。

無論、単純にリピーターだけ買えばいいということではない。小回り1700mの番組は、札幌以外にも函館、小倉、福島とあり、それぞれコースによって差異はあるが、千直ほど特異な条件ではないからだ。

どの馬が“買い”なのか。そのジャッジを下すために必要なのは、各陣営の本音や裏事情をしっかりと掴み、時間をかけてじっくりとレースを分析すること。それを一介の記者が集めてくる建前コメントや、個人レベルのレース分析で的確に行うことは不可能と言えよう。

弊社シンクタンクには、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクラスターオーの平井雄二といった元騎手、調教師が名を連ね、競馬界の大物関係者が情報ルートとして多数所属しているため、常日頃から、あらゆる情報が必然的に集まってくることになる。そして、レースを分析するプロたちが、様々な角度から検討に検討を重ね、結論を出しているのだ。

今週はエルムSでシンクタンクが掴んでいる本物の関係者情報に、馬券候補が簡単に絞れる【情報注目馬5選】を特別に無料公開する。まだシンクタンクの情報を知らない方は、この機会にぜひとも体感してもらいたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第25回 エルムS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク