【ファンタジーステークス2019予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は土曜の京都メイン、ファンタジーステークスに出走を予定しているエレナアヴァンティ、クリアサウンド、ケープコッド、ペコリーノロマーノ、マジックキャッスルの最終追い切りに関する記事を。

予想オッズ

1 マジックキャッスル 2.6
2 シャレード 3.0
3 ヤマカツマーメイド 6.0
4 レシステンシア 7.4
5 ケープコッド 12.8

2019下半期追い切り注目馬

ショウナンアンセム 4人気12着
ディキシーナイト 2人気11着
ミッキーワイルド 3人気2着
マルターズアポジー 15人気13着
メートルダール 8人気7着
タイセイビジョン 2人気2着
グルーヴィット 3人気1着
フロンテアクイーン 2人気7着
カイザーメランジェ 7人気7着
ノーブルマーズ 5人気3着
ヴァイトブリック 2人気6着
タイムフライヤー 5人気6着
ケイデンスコール 2人気14着
ファンタジスト 4人気14着
ワグネリアン 2人気4着
ダノンスマッシュ 1人気1着
モーベット 2人気8着
レザネフォール 4人気4着
ショウナンバッハ 14人気6着
プールヴィル 7人気13着
マテラスカイ 5人気7着
ダノンファンタジー 1人気1着
モズベッロ 9人気17着
サートゥルナーリア 1人気1着
スティッフェリオ 4人気1着
タイムフライヤー 1人気6着
ミスターメロディ 6人気4着
グローリーヴェイズ 1人気 6着
シャドウディーヴァ 13人気4着
プリモシーン 1人気15着
レッドオルガ 4人気3着
ワールドプレミア 3人気1着
リアアメリア 1人気1着
アーモンドアイ 1人気1着

3点勝負買い目を無料公開

ファンタジーステークス最終追い切り

エレナアヴァンティ

前半は動きが全く確認出来ないが、脚がしっかりと上がっている割には力強さに大きく欠けるような走りで、身体の使い方を含めてまだまだ幼さが残る馬。リズムの良さや脚捌きの軽さなど褒めたい点もそれなりにあるだけにちょっと勿体ない追い切りとなった。

クリアサウンド

頭が高く身体にも硬さがあるも、脚もとは柔らかくスピードはある。それでも最後まで自分のリズムを崩すことなく走れており、フォームを含めてそれなりに完成度は高そうな馬だけに現時点でもそれなりにやれそうなタイプと言えるのでは。重い馬場でこれだけ走る事が出来れば十分。

ケープコッド

少し緩い追い切りではあるが、フォームは美しく脚を出すリズムも抜群。この血統だけあって完成度も高く、ここに力強さが加われば完璧な追い切りだった。こちらも重馬場だった事を考えるとかなり動けている部類に入ると思うので、良馬場であればもっと弾けたのではないだろうか。

ペコリーノロマーノ

前半の動きはほぼ動きは確認出来ないが、ラストの動きは豪快で力強さがあった。可動域も広く、地面を蹴る力と乗った時のスピードは2歳馬とは思えない程素晴らしいものだった。ただ、案外馬場が渋った方が良いタイプかもしれないので、その点だけは気をつけておきたい。

マジックキャッスル

ほぼ動きが確認出来ない上に動画も最後の直線だけ。スピードは素晴らしく頸の使い方も上手く感じるが、トモの張りは少し緩く感じた。一応相手に先着したが、手応えの差を考えると着差通りの評価は出来ないので、良くも悪くもこの時期の2歳馬としての扱いとして考えたい。

最後に追い切り注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

ここは狙っていくレースかもしれません。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第9回 みやこS(G3)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

去年は同週に、3連単5万3720円的中をお伝えしたJBC3競走が京都で行われたため、レース施行がなかったが、今年はJBCが翌日(11月4日)に浦和で行われるため、再開されることになった。

去年は中央開催ということで、JBCに出走できる中央馬の枠が拡充されたが、地方開催に戻ったことで枠が狭まり、賞金不足で出走が叶わなかった馬などが、次週の武蔵野Sと両睨みして参戦してくることになる。

年末に東京大賞典があるものの、やはりダートの中長距離馬にとっては、秋の最大目標はチャンピオンズカップとなる。芝ほど番組が多くないダート路線は、必然的に賞金ボーダーが高くなるため、重賞を勝っている馬ですら、出走が叶わないというケースもゼロではない。であるから、1着馬にチャンピオンズカップの優先出走権が与えられるみやことや武蔵野Sで、「最低でも賞金加算したい」と勝負がかりとなる陣営は少なくないわけだ。

一方、今年はフェブラリーSを制したインティが参戦を予定しているように、賞金を十分に持っている実力馬が出走してくることもある。これだけの馬であれば南部杯、JBCなどを使うのが王道だが、わざわざ重い斤量を背負ってまでココに出るという思惑は、チャンピオンズカップを占う意味でも把握しておく必要がある。

しかし、GIシーズン真っ只中の谷間の週、しかもJBCが同時期であるが故に、世間の注目がみやこSに集まることまずない。新聞、ウェブ上などに載る情報は極めて限定的であり、本当に馬券を的中させるつもりがあるならば、そこを重視して馬券を買うべきではない。

創業25年目を迎えたシンクタンクは、大レースであろうと未勝利戦であろうと、「獲れるところで獲る」のをモットーとして情報をお伝えしている。無論、注目度の高いGI、重賞やメインレースには、名馬サクラスターオーを手掛けた元調教師の平井雄二氏が率いる特捜部が重点的に情報を集めており、世間一般には出回らない、関係者の本音、裏ネタ、真の思惑などをしっかりと把握している。こうした情報を知ることができれば、より競馬が面白くなり、より勝ちにも近づけることになる。

そのことを一人でも多くの競馬ファンに体感してもらうべく、今週はみやこSで弊社が入手した本物の関係者情報を【情報注目馬5選】とともに特別に無料公開する。競馬で、馬券でさらなる高みを目指したい方は必見だ。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

スポンサーリンク