【フェブラリーステークス2018予想】本命テイエムジンソク

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は今年一発目のG1レース、東京メインフェブラリーステークスの予想を。ケイティブレイブ、アウォーディー、サウンドトゥルー、ロンドンタウン、レッツゴードンキ、ゴールドドリーム、ベストウォーリア、サンライズノヴァなどが出走予定。

【PR:中央競馬全レース対応。的中率を上げる方法。】

▼競馬素人の方でも月間42万円の利益を出せた指数予想を無料提供▼

今週の勝負レースは「フェブラリーS」です!

是非情報指数をご覧になってみてください!

登録方法は超簡単!

※メールアドレスの登録のみで簡単に無料登録できます。

※スマホの場合はQRコードを読み取るだけで簡単に登録できます。

↓ 無料登録 ↓

今週から指数情報、無料予想を受け取る

フェブラリーステークス

本命はテイエムジンソク

前走の東海ステークスでは他馬とのスピードの違いでハナへ。直線ではコスモカナディアンに詰め寄られそうになるが、結局差が詰まる事なくそのままゴール。手応えにもかなり余裕があり、2着馬との着差は大きなものではなかったが、内容的には完勝と言えるだろう。

2走前のチャンピオンズカップでも勝ったと思ったところを外からゴールドドリームに差されてしまい2着に敗れてしまったが、人気を背負っての初G1、左回りだった事を考えれば健闘した部類では。

スピードがある馬の割にはとにかくバテない事がこの馬の大きな武器で、有利とはいえない外枠からハイペースの中を早め先頭の強気な競馬で押し切ったみやこステークスのレース内容がとにかく強いの一言。それだけスピードがある馬が初の東京、そしてマイル戦が課題になるとは思えず、むしろ馬体や内面からしてもプラスになる可能性の方が高いのではないだろうか。

他の先行馬の出方も気にはなるが、この馬は控える形になっても全く問題なし。ペースが多少速くなったとしてもそう簡単に垂れるような事はないだろう。思ったほど人気が被っていないここならこの人気でも十分に狙えるとみる。

対抗は穴人気ブログランキングへ

何故かあまり人気はないが能力は当然足りる。年齢やローテなどが嫌われているとはいえそれを考えても今回は人気がなさすぎる印象。血統、コース適性、展開と全て好走する条件は揃っており、上積みなどには期待は出来ないかもしれないが激走があるとすればこのレースだろう。

▲にロンドンタウン

近走をみると今回のメンバーでは能力が足りない感じもするが、テイエムジンソクを本命にするならこの馬もある程度は評価しておきたい。ゴール前の手応えを考えると着差以上の完勝だった4走前がとにかく印象に残っており、馬体からして馬は完全に完成期に入っているので、血統面から今回の1600mという距離が味方するならここで激走がみられても。弱い馬ではないので後はしっかりとスイッチが入るかどうか。

☆はゴールドドリーム

東京ダート1600mならまずこの馬が強い。前走のチャンピオンズカップでは前で競馬をした馬が上位を占める中でただ1頭後ろから脚を使っての勝利。距離、展開などを考えると相当価値がある勝利で、着差以上に強かった事は言うまでもない。この距離での競馬はマイルチャンピオンシップ南部杯以来となるが、あのレースではスタートが決まらず万事休すといった感じで完全に見直し可能な敗戦だっただけに参考外。得意の距離での競馬であればこれ以上評価を落として考える事は出来ない。連覇も十分とみて4の番手。

ある程度人気を集めるサンライズノヴァは5番手まで。

前走は完全に勝ちパターンだったところを58キロを背負ったノンコノユメに差されてしまったが、前哨戦としては上々の内容。厳しい展開の中で2着まで追い込んできた師走ステークスの内容からしても能力が高いのは間違いないので、後は今回の相手でその能力が足りるかどうか。

グリーンチャンネルカップで34.7の脚を使って勝った時が鮮やかだった点からすると東京1400mの方がこの馬には向いている感じもするが、絶好枠を引き当てたここはそれ以外は特に嫌う材料もない。当初はここまで評価するつもりはなかった馬ではあるが、単純に今回の枠順とこのレースと相性の良いゴールドアリュール産駒という理由で5番手まで評価を上げた。

 

◎テイエムジンソク
〇穴人気ブログランキングへ
▲ロンドンタウン
☆ゴールドドリーム
△サンライズノヴァ
△サウンドトゥルー
△インカンテーション
△ケイティブレイブ
△ノンコノユメ
△アウォーディー
△ララベル

☆穴はこちら→ 人気ブログランキングへ

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
共同通信杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨年の勝ち馬スワーヴリチャードはダービー2着、16年の勝ち馬ディーマジェスティは皐月賞を優勝、15年の勝ち馬リアルスティールは皐月賞2着、菊花賞2着、14年の勝ち馬イスラボニータは皐月賞1着、ダービー2着と近年の勝ち馬はクラシック路線でも活躍。90年以降の勝ち馬でも、アイネスフウジン、ナリタブライアン、メジロブライト、エルコンドルパサー、ジャングルポケット、アドマイヤムーンなどがおりクラシックの登竜門として名馬を送り出している注目の3歳重賞戦。

今年のメンバーでは、ホープフルSの制したタイムフライヤーを京都2歳Sで負かしたグレイル、ホープフルS・3着ステイフーリッシュ、2連勝中のゴーフォザサミットなどが参戦するが、クラシック路線で活躍する馬が出てくるのか。競馬セブンでは、早くから「クラシック候補生」と言われていた陣営の勝負情報を入手済!クラシック路線での活躍が期待できる勝負馬とは!?週末情報はお見逃しのないようにご注意ください。

騎手・調教師・馬主・生産関係者と太いパイプを持ち、公にはならない裏情報を入手できる競馬セブンだからこそ、極秘情報を入手可能。今回無料登録をして頂いた方には情報は勿論のこと最終ジャッジの『共同通信杯・3点勝負』を特別公開。情報配信は天候・馬場状態など、馬券に直結するありとあらゆる要素を加味したうえでジャッジするため、レース当日13:30頃の配信となるのでそれまでお待ち頂きたい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

━━━━━━━━━━━━━━━━━

■第52回 共同通信杯(G3)■

自信のペナルティ付き!もし、この
共同通信杯を3点で獲れなければ
2018年の日本ダービーまでの
全GIを無料配信いたします

3点勝負買い目を無料公開

━━━━━━━━━━━━━━━

 

スポンサーリンク