【フェブラリーステークス2019予想考察】一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


改めましておはようございます。

続いて日曜の東京メイン、フェブラリーステークスに出走を予定しているアンジュデジール、インティ、オメガパフューム、コパノキッキング、ゴールドドリームの一週前追い切りに関する記事を。その他の有力馬、穴馬の追い切りは明日書く予定です。

ダイヤモンドステークス、京都牝馬ステークス、小倉大賞典に関する記事は木曜以降に更新したいと思いますが、今週末はG1のフェブラリーステークスの記事を優先していこうと思いますので、追い切りの記事に関しては4つ全ての重賞を更新する事は出来ないかもしれません。

3点勝負買い目を無料公開

フェブラリーステークス一週前追い切り

アンジュデジール

大敗してしまった前走は出来落ちを指摘したが、今回の追い切りをみる感じでも大きく復調したような気配は感じられない。前半から脚がバラバラになっており、身体を全く使えていない走りが目に付いている。調教パートナーに並んでからは相当負荷をかけられているが、それでも最後まで馬なりの相手を交わす事が出来ず、追っても追ってもいつものような伸びがみられなかった。

フォームもこじんまりとしており、まだまだ馬体にも硬さがある。馬場が重かったとはいえ、JBCの時の出来には程遠く、果たして後一週でどこまで立て直してこれるか。おそらく前走の結果で人気は急落する事になると思うが、現時点では人気通りの結果になる可能性は高そうな気も。

インティ

一週前という事もあり軽めの追い切りとなったが、力強い走りは相変わらずで地面を蹴る力は相当強く感じる。ただ、時折頭の位置がブレてしまう場面もみられ、フォームが安定しない。脚も外へ流れており、ここはやはり割り引いて考える必要があるだろう。それでも真っ直ぐ最後まで走れており、乗った時のスピードも十分感じられたので、最終追い切りでビシッと追われればしっかりと仕上がってきそうな印象を受けた。

オメガパフューム

頭の位置が安定しない、左右に馬体もブレる、そして真っ直ぐ走れないと3拍子揃った追い切り。決して難しさを出している訳ではないが、馬場を気にしてなのか、全く自分のリズムで走れていないのは非常に気になってしまうポイント。それでも素軽さはさすがの一言で、これだけスピードがあればマイルという距離に関してはプラスになる可能性は高いのではないだろうか。

今週の動きでは買いたいとは思わないが、身体の使い方が特別下手な訳でもないので、後は最終追い切りで負荷をかけられてどこまで動くか。ただ、既に馬体はすっきりしているので、あまり強く追われると馬体重を維持出来ない可能性も。

コパノキッキング

これは素晴らしい動き。楽な追い切りではあるが、身体の使い方が非常に上手く可動域もとにかく広い。脚と頸のリズムもしっかりと取れており、最後まで全くフォームが乱れる事もなかった。素軽さに関してはこれ以上何も求める必要がなく、現時点でも満点をつけてもいいのではないだろうか。既にG1馬並みの風格すら感じられる。ただ、これだけスピードがある馬の距離延長はお世辞にもプラスとは言えないので、とにかくパワーを必要としない馬場で戦いたい。

ゴールドドリーム

コパノキッキングに続いてこちらもかなり素晴らしい追い切り。動きに迫力があり、良い意味での威圧感は状態の良さを示している。胸の筋肉、トモもパンパンに張っており、身体全体を大きく使って豪快に走れていた。脚の回転が早い割には力強さも感じられる走りで、エンジンがかかってからはあっと言う間に調教パートナーを突き放し、追えば追うだけぐーんと伸びた。馬体に余裕はあるが、一週前追い切りとして考えると文句なし。

最後にフェブラリーステークスの注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第36回 フェブラリーS(GⅠ)

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

3歳にしてチャンピオンズCを勝ち、名実ともにダート路線の頂点へと躍り出たルヴァンスレーヴが戦線離脱。ダート界は再び確たる主役を失うことになったが、一昨年の覇者ゴールドドリーム、昨年の覇者ノンコノユメを筆頭に、粒ぞろいの4歳世代からは東京大賞典を制したオメガパフューム、そしてコパノキッキングにインティと、勢いのある新興勢力も参戦予定。混戦ながら豪華メンバーが揃うこととなり、今年初のJRA・GⅠは、馬券的にもレースとしても注目の1戦となりそうだ。

それだけでなく、今年はマスコミや世間が食い付く話題も事欠かない。4連勝中のコパノキッキングには、JRA所属の女性騎手としては史上初めて藤田菜七子騎手がGⅠに騎乗。5連勝中のインティの鞍上は“レジェンド”武豊騎手と、今の競馬界では一般的な知名度も抜群なこの2人が有力馬に騎乗するのだから、スポーツ紙を筆頭としたマスコミも『金になるネタ』を放っておくはずはなく、自ずと取材も集中することになる。

しかし、その『金になるネタ』は、あくまでマスコミが注目を集めるための材料であり、馬券的中には全く関わりのないこと。無論、我々シンクタンクの『金になるネタ』はそういった類とは全く別物で

「マスコミには言えませんけど、実は……」
「記者連中は全然取材に来んけど、今回はホンマに絶好調なんやで」

などなど、表に出ることがない関係者の生の声、すなわち“本音”の部分だ。こうしたネタを入手できるのも、元JRA騎手・元JRA調教師を筆頭とした競馬界の大物OBや、何十年にも渡って築き上げた圧倒的な人脈を持つ大物現役関係者が、当社シンクタンクには在籍しているからだ。

8番人気ウェスタールンドが激走した昨年のチャンピオンズカップ、1番人気サンライズノヴァが敗れ去った前哨戦の根岸Sといった、主要となるステップレースでもキッチリと的中を掴んできた当社の下には、既にマスコミが報じることのない内部情報が入っている。今年のフェブラリーSで、高配当馬券の使者となり得る【激走穴馬】の存在も既にマーク済みだ。

本来であればこういった情報を無料で公開することは容易ではないのだが、多くの方に

「本物の情報を知って頂きたい」

との思いがあるだけに、今回は特別にフェブラリーS【◎-穴・1点馬券】を、当社を初めてご利用される方に限り無料公開することが決定。また、その他にも当社ホームページ内では、馬券的中に直結する内部情報の数々を無料公開させて頂く。この機会に、是非とも”本物の情報”に触れてみて欲しい。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第36回 フェブラリーS(GⅠ)

先着100名様限定!

好配当を狙い撃つ【◎-穴1点馬券】
を特別無料公開!

ココをクリック!

 

スポンサーリンク