【フェブラリーステークス2020予想考察】穴馬 一週前追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の東京メイン、フェブラリーステークスに出走を予定しているテーオージーニアス、デルマルーヴル、ブルドッグボス、ミッキーワイルドの一週前追い切りに関する記事を。

アルクトス、インティ、ヴェンジェンス、キングズガード、サンライズノヴァの一週前追い切りに関する記事は既に更新済みです。

【フェブラリーステークス一週前追い切りその1】

3点勝負買い目を無料公開

フェブラリーステークス一週前追い切り

テーオージーニアス

発汗は目立つが、可動域が広く身体を大きく使った豪快な動きが目につく。頸の使い方も上手く、脚もしっかりと前へ出せているので、調子はなかなかよさそうな印象を受ける。

馬体は多少緩いが、それでもスピードに乗って走れているので、このひと追いである程度絞れれば面白い存在では。

デルマルーヴル

前半から流しているが、脚捌きが軽すぎて活気に欠ける動き。胸前も広く、力強さを感じられない走りも大きく割り引く必要があるだろう。線の細さを考えると馬体の維持に苦労している可能性も。

ブルドッグボス

途中アクシデントがありフォームは乱れるが、それでも嫌がらずに走り切った点は評価したい。ただ、身体の使い方は下手で、脚捌きの鈍さや可動域の狭さはマイナスとしておきたい。

ミッキーワイルド

前半の動きは全く確認出来ないが、しっかりとスピードに乗って軽快なリズムで駆け抜けた。フォームも美しく、脚の回転の速さを見ても出来は良さそうなので、G1でも今回の相手なら普通に巻き返しがあってもいいのではないだろうか。

最後にフェブラリーステークスの注目穴馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 人気ブログランキングへ

追い切りの動きを見てもここは穴をあける資格は十分では。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第37回 フェブラリーS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

無敗でチャンピオンズカップを制したクリソベリルに、ゴールドドリーム、チュウワウィザード、オメガパフュームといった実力馬が軒並み不在とあってか、特別登録ではフルゲート16頭に対して24頭が名を連ねた。しかも地方馬が3頭、一時的に中央へ転厩するブルドックボスを含めれば4頭も名乗りを上げる異例の状況。勝負気配が漂う陣営の数は、例年以上と断言していい。

世間の注目を浴びるのは、昨年の覇者インティ、万馬券的中となった根岸Sを初ダートで見事に制したモズアスコットらであろう。しかし、前者は丸々1年勝ち星がない状況が続いており、昨年ほどの勢いはない。後者はまだダートに半信半疑な面を残し、ゲートにも不安がある。確かに付け入る隙は十分にある。

どの陣営にもチャンスがあるならば、自ら不利になる状況を作り出すようなことは決してしない。一般的な注目度も高くなるGIにおいては、世間に出る情報量は俄然増えることになるが、陣営がマスコミの取材で語る話のほとんどが建前であり、本音の部分はまず出てこない。すなわち、世間に出る情報の中には、馬券に役立つ決定的な情報はほとんどないのだ。

そうした表には出てこない関係者の生の声、的中に結びつく“本音”の情報を入手し、お伝えしできるのが、創業25年を誇る弊社シンクタンクだ。弊社には、ハイセイコーの増沢末夫、マルゼンスキーの中野渡清一、サクサスターオーの平井雄二ら元騎手・調教師の大物情報ルートが在籍しているように、何十年にも渡り築き上げた人脈を持つ競馬界の大物関係者が情報ルートとして在籍している。一般人や一介のマスコミレベルでは聞くことができない情報も、難なく聞き出せる態勢が整っている。

今年のフェブラリーSでも、マスコミに公表されない、できない関係者情報やネタが弊社のもとには既に入ってきている。しかも、これらは馬券攻略における大きなポイントとなりそうだ。

こうした核心となる関係者情報は、通常であれば無料公開は難しいところだが、今回は特別も特別、無料公開できることになった。買うべき馬が簡単に絞れる【5頭の馬券候補】と合わせて必見だ。競馬をもう一段階上の目線で見たい方、勝ちたい方はこの機会をお見逃しなく!

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第37回 フェブラリーS(G1)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク