【フィリーズレビュー2022予想オッズ】最終追い切り・調教評価

スポンサーリンク


おはようございます。

本日は日曜の阪神メイン、フィリーズレビューに出走を予定しているナムラリコリス、スリーパーダの最終追い切り、馬券のポイントに関する記事を。

金鯱賞、中山牝馬ステークスの予想など、土~日曜の勝負レースの予想はnoteで公開しています。

【金鯱賞2022予想他】3月12,13日勝負レース

2022追い切り注目馬

ソリタリオ 2人気2着
ライラック 5人気1着
ホウオウプレミア 4人気6着
ヨーホーレイク 3人気1着
ソフトフルート 2人気4着
ポタジェ 2人気5着
グレートタイム 6人気10着
ジャンダルム 5人気13着
オメガレインボー 3人気5着
ケイデンスコール 13人気13着
アスクワイルドモア 6人気4着
スターズオンアース 1人気2着
レッドジェネシス 2人気13着
ヴェローチェオロ 3人気5着
エアスピネル 8人気9着
ウインイクシード 6人気5着
グレイイングリーン 2人気5着
ジャンダルム 2人気1着
サークルオブライフ 2人気3着
アスクビクターモア 3人気1着

先週の追い切り注目馬は3頭全てが馬券圏内、2頭が勝利と上手くいきました。

馬券も目標にしていた帯には程遠い結果になるも、弥生賞で◎アスクビクターモアから一撃半帯オーバーと今年一番勝負したレースという事もあり、こちらも非常に上手くいきました。

その他にも湾岸ステークスの10万馬券的中など、地方、中央共々3月に入って完全に好調期には入れた印象ですので、このままの勢いで今週末も大きな一撃をぶちかましたいと思いますのでご期待ください。

3点勝負買い目を無料公開

フィリーズレビュー過去・出走予定他

【過去5年成績】

17年
カラクレナイ 牝3 2人気
レーヌミノル 牝3 1人気
ゴールドケイプ 牝3 6人気

18年
リバティハイツ 牝3 8人気
アンコールプリュ 牝3 2人気
デルニエオール 牝3 5人気

19年
ノーワン 牝3 12人気
プルヴィル 牝3 3人気
ジュランビル 牝3 6人気

20年
エーポス 牝3 5人気
ヤマカツマーメイド 牝3 2人気
ナイントゥファイブ 牝3 12人気

21年
シゲルピンクルビー 牝3 8人気
ヨカヨカ 牝3 2人気
ミニーアイル 牝3 11人気

【過去5年前走】

17年
万両賞 1
クイーンC 4
阪神JF 6

18年
500万 2
つわぶき賞 1
500万 1

19年
未勝利 1
紅梅S 2
万両賞 1

20年
エルフィンS 4
阪神JF 5
千両賞 4

21年
阪神JF 17
阪神JF 5
あざみ賞 1

【出走予定馬】

アドヴァイス 54.0
アネゴハダ 54.0
ウィリン 54.0
キミワクイーン 54.0
コンクパール 54.0
サウンドクレア 54.0
サブライムアンセム 54.0
スリーパーダ 54.0
ゼロドラゴン 54.0
テイエムスパーダ 54.0
ナムラクレア 54.0
ビジュノワール 54.0
ブッシュガーデン 54.0
ホワイトターフ 54.0
マイシンフォニー 54.0
モチベーション 54.0
ラブリネスオーバー 54.0

【予想オッズ】

1 ナムラクレア 1.9
2 アネゴハダ 5.2
3 マイシンフォニー 5.6
4 キミワクイーン 9.5
5 ビジュノワール 15.2

【有力馬追い切り】

ナムラクレア

今回も久々の競馬という事もあってひばら、トモの緩さは目に付くが、動きは相変わらず軽く、フットワークも軽快そのもの。

本馬の内面とスピード感からすると持ち場は間違いなく短距離という評価に変わりはなく、前走時にマイルへの距離延長はさすがに歓迎とは言えないと書いたように、今回は待望の距離短縮。

ここも身体を上手く使ってスピードに乗ってからも気を抜く事なく最後まできっちりと脚を使い切れているので、本馬のスピードが活きる展開になれば出番がありそう。

スリーパーダ

頭の位置が高い訳ではないが、頸差しが硬い事もあってフォームは沈まず、身体の使い方もイマイチ。

ただ、身体を使えていない割には可動域は広く感じる馬で、牝馬らしい柔軟性からくる弾むようなフットワークからすると久々でもそれなりに走れる態勢は整ったと思っていいが、気になる点を挙げるとすれば馬体が全く成長していない点。

牝馬はこの時期に極端に馬体が成長するような事はないとはいえ、2歳時の馬体と比較してもほぼ変わらずといった感じになるので、もしかすると超早熟馬だったというパターンもなくはないのでは。

注目ポイント・注目馬

前走で1400m、もしくは1600mを使われている馬!

去年はミニーアイルが前走で1200m戦を使われていたが、その他の年では前走14,16組が上位を独占する年が続いていたので、基本的にはどちらかの距離を使われている馬を中心に馬券を組み立てたい。

関東馬は苦戦傾向!

出走してくる馬はそこまで多くはないが、15年以降、全ての年で関西馬が上位を独占しており、関東馬は一頭も馬券に絡む事が出来ていない。

最後に今年の注目馬をあげておきます。

馬名はこちら→ 最強ブログランキングへ

今週もまずは枠次第になりますが、現時点では自信あり。2年前には10万馬券をヒットさせた相性のいいレースでもありますので、今年も同じイメージで狙います。

□■□■□■□■□■□■□■□■□

第56回 フィリーズR(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

━━━━━━━━━━━━━━━━━

桜花賞のトライアルではあるが、本番より1F短い1400mで行われるため、

・桜花賞の権利獲りで3着内狙い
・「1400mまでなら」という短距離馬
・完全に本番前のひと叩き
・「本番では足りないのでココが勝負」
・オーナーサイドの意向で使い分け

などなど、昔から様々な思惑を持った陣営が出走してくるレース。

しかも、2018年から前週チューリップ賞がG2へと格上げされ、桜花賞を本気で狙う有力馬は同じ舞台のそちらへ出走。

更には大手牧場の“使い分け”が当たり前となり、ローテーションは細分化され、本番に直結し辛いフィリーズRは手薄なメンバーになりやすくなっている。

わかりやすい実例を挙げるなら、クラシック戦線の中心となるノーザンF生産馬が10年以上勝利していない。つまり、有力馬を送り込んでいないということ。

その結果、現在3年連続10万馬券以上の決着が続き、波乱が大前提のレースとなっている。

確かに、各陣営の思惑は様々、実力が接近している馬が多く、非根幹距離で適性の差が出やすい1400mと、一般ファンやマスコミが攻略するには難しい条件が揃っている。

こういった情報力、分析力が大いに問われるレースでは、弊社シンクタンクの実力がますます発揮される。

馬主、騎手、厩舎、牧場、外厩、エージェントなどなど、トレセン内外から情報を入手できる業界最高峰の情報網、膨大なデータやレースを長時間かけて調べ上げる分析班を擁しているから、導き出す結論の精度も違うのだ。

フィリーズRは現在2年連続的中、今年は同じ舞台(阪神芝1400m)の重賞・阪急杯では馬連3090円、3連複1万0950円、3連単5万0380円的中させている。

今年も多くの方が頭を悩ますであろうフィリーズR。その助けとなるべく弊社が独自に入手した『本物の関係者情報』、さらにレース当日には馬券が簡単に絞れると好評の『馬券候補5頭』を併せて無料公開する。ぜひお見逃しなく。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

第56回 フィリーズR(G2)

情報的に注目馬や、
馬券になる確率が高そうな馬をマーク
注目すべき情報馬「5頭」を
無料で教えます

ココをクリック!

 

スポンサーリンク